sample07

ワークスタイル革新へ!在宅勤務の推進にWEB会議を

テレワーキング環境を実現するWEB会議システム

企業や団体では、インターネットを活用して、オフィス以外の場所で仕事する在宅勤務のスタイルが注目されています。
在宅勤務はスタッフの移動時間や交通費が大幅に節約でき、また社外スタッフやパート・アルバイトといった人材の活用にも貢献します。「仕事はしたいが家庭の事情や自宅と会社とが遠距離で出社が困難」という人でも業務に支障をきたすことなく働くことができます。

しかし、効果的な在宅勤務のためには、スタッフ同士が綿密なコミュニケーションをとり、情報や目的意識を共有して責任感やモチベーションなどを高める支援システムが不可欠です。

綿密なコミュニケーションにはSNSやSkypeでは機能不足

従来の在宅勤務はライティングやデザインなどスタッフ1人ひとりが単独でこなす仕事に適したスタイルでした。しかし複数のスタッフが協力して進行する種類の業務では、打ち合わせなどのためにたびたびスタッフが直接顔合わせをする必要がありました。

SNSやSkypeを使ってインターネット上でコミュニケーションをとる方法もありますが、これらも連絡手段の1つに過ぎず、「一緒に仕事を進める」には十分な機能を提供できません。

BCP(事業継続計画)にも役立つWEB会議

このようなバーチャルオフィスの構築はBCP(事業継続計画)にも非常に役立ちます。災害やトラブルにより交通網が分断されたり、何らかの理由でオフィスに出勤することが困難になった場合でも、WEB会議システムが稼働していればそれぞれのスタッフが別の場所に居ながらスムーズに連絡を取り合い、組織の情報網や指示系統機能を維持できます。

万が一の災害の際にも、互いの安否確認をして速やかに復旧作業にとりかかることができ、必要最小限の業務を継続できます。このようなBCP対策を実現するためにもWEB会議はぜひ導入しておくべきではないでしょうか。

banner728×200