お電話で問合わせ
Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > 導入事例で学ぶWEB会議活用術 > Web会議で海外とのコミュニケーションを活性化!
Top view photo of creative business people. Business people shaking hands while meeting

Web会議で海外とのコミュニケーションを活性化!

海外拠点とWeb会議をするためには

Web会議を進めるうえで、必要となるものはそれほど多くはありません。パソコンやスマートフォン・タブレットといったインターネット回線を活用できるものと、カメラやマイクそして、適切な運用がなされるWeb会議システムのサービスがあれば簡単にWeb会議を導入することができます。

しかし、これは最低限のサービスの活用の場合であり、よりセキュリティ上での安全や安定した会議を進めるためには、Web会議システムを吟味しなければなりません。とくに海外拠点とのWeb会議を進めるうえでは、注意すべき点がいくつかあります。 海外拠点とWeb会議を行うために、Web会議システムを選ぶべきポイントはいくつかあり、そのひとつが回線の安定性です。円滑なコミュニケーションをするためには回線の安定性が重要です。

しかし、海外ではインターネット環境の違いから通信が安定しないこともあります。回線が安定しなければ音声や画像が途切れてしまい、非常にストレスのたまる会議となってしまいます。また、海外での導入実績が豊富であったり、サポート体制が充実していることも重要なポイントのひとつです。海外拠点とのWeb会議を進めるうえでは、もちろんさまざまな国の言語が活用されることが予想されます。多言語に対応されていなければ、双方で円滑なWeb会議を進めることができません。海外でも広く展開しているWeb会議システムを導入することでこの問題は解決されることが多いです。

また、万が一トラブルが起きたときに速やかに解決できるようなサポート体制が無ければなりません。とくに海外とのWeb会議を進めるうえで問題となるものが時差であり、サポート体制が対応される曜日や時刻が限られていれば、非常に困ることになります。いつでもサポート体制が整っていることは非常に重要なポイントです。

さらに、導入コストの負担が低く、最適なサポートを提案してくれることもポイントです。出張費用の削減などコストの削減のためにWeb会議を導入するのに、プランによって却ってコストがかかっては本末転倒となります。そのうえ海外とのWeb会議を進めるうえでどのようなサービスがあれば最適なのかはわからないという人も多いです。それらをカバーするために、安さばかりではなく海外とのWeb会議実績や経験が豊富なエキスパートによる適切なアドバイスのもとプランが選ぶことができるという提案力も重要です。

これらの海外拠点とのWeb会議を行う上で重要となるWeb会議システムの選び方のポイントから、良いとされるWeb会議としてFreshvoiceがよく選ばれています。Freshvoiceとは、圧倒的なコストパフォーマンスから2005年より急激に人気を集めているWeb会議システムです。簡単な操作によって誰でもWeb会議をすることが特徴となっています。Freshvoiceは、公官庁や文教関係といった厳しい品質が求められている場所においても広く利用されているWeb会議システムであり、全国でおよそ4000社以上に活用されています。

さらに海外でのWeb会議システム活用にも力を入れており、様々なサービスが充実しています。基本的なWeb会議システムからはじまり、発言者の混乱を防ぐマイクコントロールシステムやマーカー機能などもあります。

また、海外拠点とのWeb会議システムを安定して行うための回線設備の充実にも力を入れているほか、言葉の壁を解決するために通訳をオンライン上で経験者を雇うことによって、時間の無駄を排除しながらスムーズに行うことができるようにしています。単なるシステムだけではなく通訳のプロなどといった様々な人々の力とサポート体制によりスムーズな会議をすることが可能です。Freshvoiceでは、サーバにアクセスすることができれば、どこからでも会議が可能で、日本語版のほかに英語版もあるといったことから、海外拠点とのWeb会議で活用されています。