お電話で問合わせ
Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > 導入事例で学ぶWEB会議活用術 > ネット会議の5つメリットとは?会議で出来なかった事が可能に!
Business man making a presentation in front of whiteboard. Business executive delivering a presentation to his colleagues during meeting or in-house business training.

ネット会議の5つメリットとは?会議で出来なかった事が可能に!

それぞれの会議のメリットとデメリット

従来の会議のメリットには、以下の点が挙げられています。

・非言語情報を使ったやり取りができる。
・情報化が早くできる。
・結束を固めることができる。
・場の空気を読みながら柔軟に会議の進行ができる。
・緊張感を持って会議に参加できる。

非言語情報を使ったやり取りは、通常の会議でしか見られない特徴のひとつです。ちょっとした仕草や相手の表情などその場にいなければ見えない情報は意外と重要な場合も多く、全員の反応を見ながら会議を進められるという点ではメリットだとされています。

また従来の会議のデメリットとして、以下の点が指摘されているようです。

・指定された場所に移動しなければいけない。
・交通費などのコストがかかる。
・スケジュール調整をして時間を空けなければいけない。
・会議中は自分の仕事ができない。
・会場のセッティングが必要。

特にデメリットとして大きいのは時間を拘束されてしまう点やコストであり、自分の仕事に支障が出てしまうところを問題視する人も多いです。 ではネット会議のメリットはどのようなものがあるのかというと、以下の点が挙げられます。

・インターネット環境が整っていればどこからでも会議に参加できる。
・移動する手間がなく、個々のコストの負担が少ない。
・会場を準備しなくていいのでセッティングの手間がない。
・資料や画像を共有できる。
・ほかの作業をしながらでも会議に参加できる。

またデメリットには以下の点が挙げられているので、メリット以外にも目を向ける必要があります。

・インターネット環境によっては接続が不安定になる。
・音声が途切れたり聞こえにくいなどのトラブルが起きる可能性がある。
・接続や音声トラブルが起きると会議の継続が難しい。
・事前にネット会議のシステムを導入しなければいけない。
・雰囲気や個々の様子を読み取りにくいので、会議の進行が難しい。

このように、インターネット環境を利用しているからこその不具合が起きる場合もあります。このためネット会議をする場合は、事前に環境のいい場所かどうか確認しておく必要があります。

会議のデメリットをネット会議で解消しよう

通常の会議にもデメリットばかりではなくメリットはありますが、費用や時間の負担は決して軽いものではありません。このような通常の会議で起きてくるデメリットはネット会議を導入することによってほとんど解消することが可能です。

また会議そのものを円滑に進めることができるツールとしても注目が集まっていますし、従来の会議では実現が難しかったペーパーレス化が可能である点も話題を集めています。 このためなかなか会議の実用性や必要性が実感できない場合には、ネット会議を導入してみるのがおすすめです。