お電話で問合わせ
Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > 導入事例で学ぶWEB会議活用術 > ビデオ会議、高速通話に必要なものとは?
pixta_31672271_M

ビデオ会議、高速通話に必要なものとは?

ビデオ会議とネットワーク回線

ビデオ会議を行うには、ネットワーク回線のことをよく知っておく必要があります。 まず、ビデオ会議と似たような形式の一つで、Web会議というものを導入している企業も多いですよね。これは単純にインターネットを利用し、実際の会議のように意見を交えるというものです。では、ビデオ会議も同じかというと、少し違う部分があります。

ビデオ会議は、別名テレビ会議とも呼ばれます。テレビの液晶画面に表示されている映像は、テレビ局が発信しているものですよね。テレビ局に元の映像があり、それを電波を受信できる家庭へ向けて配信し、テレビを通じて映像を見ているのです。 ビデオ会議はWeb会議とは違い、各々が発信している自身の映像をお互いに確認し合いながら、実際の会議のように進行されます。

しかし、テレビ局が映像を配信する際、民間のネットワーク回線と同じもので配信を行おうとしても、スムーズに配信されることはないですよね。増強された専用の回線を利用し、遅延などが発生しないように配信しています。それと同じで、ビデオ会議を民間のネットワーク回線を利用して行うと、中々スムーズに進行することができません。

ですので、専用の回線を契約する必要などが出てきます。民間のサーバーを利用しないこの方式は、Point to Pointと呼ばれています。会議に参加する人数が増える分、人数に合わせた強度の回線を利用する必要(回線中継用の装置を購入するなど)があり、Web会議に比べると手間がかかる部分もあるでしょう。より高速な通信を希望するのであれば、それ相応の出費が生まれます。

また、Web会議のようにパソコンさえあれば参加できるというわけでもありません。ビデオ会議に必要な機材などは、パッケージ化されて販売されているケースが多いです。決して安い金額ではなく、維持費のことも考えれば高額な出費と言えます。ビデオ会議自体は便利なシステムですが、同時にネットワーク回線において様々な課題があることも知っておかなくてはなりません。

ビデオ会議で回線を圧迫するもの

ビデオ会議では回線が大事ですが、あまりよくない回線を使用した場合、回線がちょっとしたことで遅くなることがあります。例えば、誰かが激しく動いたときです。会議中に激しく動くというケースは考えづらいですが、少し座りなおすなどの動作であっても、回線によっては遅延が発生する原因にもなります。

人数が増えれば増えるほど回線の安定性が重要ですが、少人数であってもそれは変わりません。3人以上が会議に参加するようなら、回線を中継して安定度を上げるMCUなどを利用するのが良いでしょう。 しかし、たとえ優良な回線を使用したとしても遅延が発生する場合があります。

例えば、無線LANを利用している場合です。無線LANを利用していれば手軽にビデオ会議を行うことが可能ですが、実はどれほど安定性があっても、天候などの関係で回線速度が落ちる可能性があります。最近ではスマートフォンなどで街中に回線が飛び交っているため、外出しているメンバーがいれば動作が遅くなる可能性が高いでしょう。

また、ビデオ会議に使用する端末にも注意が必要です。複数人が会議に参加している場合、受信するデータはかなり容量の大きいデータになっていることがあります。受信している端末が低性能であれば、大きなデータを受信すると、端末自体の動作がかなり遅くなるのです。同時に、自身が発信する際にもトラブルが発生する可能性が生じます。大人数で会議を行う場合は、各々の端末を高性能なものにする必要があるでしょう。