Group of business people meeting in a meeting room, sharing their ideas, Multi ethnic

PC会議で外付けマイクがおすすめされるワケ

PC会議で音声のトラブルはつき物!

PC会議を行う場合に非常に大切な要素となるのが、会議参加者あるいは発表者が発する音声の明瞭度です。しかし、実際のPC会議では音声に関するトラブルはつき物です。ベストな状態の音声を確保するには、外付けマイクの使用がおすすめです。

外付けマイクがおすすめな理由は?

通常、人間の脳には優れたノイズキャンセリング機能が本来備わっていて、耳から多少のノイズが入ってきたとしても大切な音声のみを抽出して聞くことが可能です。

しかし、パソコンのマイクには音が全部同じように取り込まれるので、脳のように再現してはくれません。そのため、PC会議では外付けマイクのように適切な機材を使用しないと、聞き取りづらい音声になり、トラブルが発生します。

PC会議に外付けマイクの使用をおすすめする理由は、いくつか存在します。その一つが、PC会議における集音の問題です。パソコンに備わっているマイクの入力端子は、「一応付いている」という程度の場合が多く、周囲から余計な音が混入して会話の中身を聞き取りづらくなるなど、高音質な音声の取り込みには向いていません。

特に多くの参加者がいる会議では、集音能力に優れた外付けマイクでないと音声を拾い切れない場合が多々あります。それに加えて、広い範囲から集音しようすると背景ノイズがその分強調されてしまったり、音がこもって会話の明瞭度が下がる場合も。

外付けマイクなら集音範囲が広いタイプが多いので、多人数で行う会議にも適しています。 また、ノイズ自体は、会議資料を参加者がめくるなど、マイクが周囲の雑音を拾ってしまうことで発生します。パソコン本体のマイクを使うと、ノイズを抑制する機能が決して十分とは言えないため、「ノイズキャンセラー」機能が付いた外付けマイクの方が好ましいと言えます。

ノイズキャンセラー機能は、背景ノイズを適切に取り除く技術のことです。ノイズキャンセラー機能を搭載した外付けマイクを使えば、パソコンのファンが回る音など余計なノイズも気にならなくなります。

そして、ノイズキャンセラー機能と並んで重視したいのが「エコーキャンセラー」機能です。エコーを簡単に説明すると、いわゆる「反響」を示す言葉で、人間が発する言葉の一部が反響して戻ってくる現象です。

会議室で手を強く叩いた際に、手を叩いた音が余韻となって会議室に広がる場合がありますが、この現象もエコーの一例です。 ヘッドセットを利用して1対1でやり取りを行う際には、音声が外部に漏れる心配がないためエコーが起きる心配は殆どありませんが、問題になるのは会議室に複数の参加者がいて、スピーカーを使う場合です。

マイクが発話者の音声に加えてスピーカーから出る相手の音声も拾ってしまうと、エコーが起きてしまうからです。場合によっては、自分が発した音声がとめどなく反響し、会議室内に響き続けてハウリングの状況に陥ることも。

エコーあるいはハウリングが起きる最も大きな原因としては、スピーカーとマイクの位置を近づけすぎて、スピーカーから出た音声をマイクが拾うケースです。しかし、実際はマイクとスピーカーを完璧に離すことは容易ではありません。

この状況を解消するためにも、エコーキャンセラー機能が必要になります。エコーキャンセラーは、PC会議で起きる音声エコーを排除し、エコーおよび音切れがない双方向の会話を実現する機能です。
このように、PC会議における音声トラブルを防ぐには、今回紹介した音声機能を搭載した外付けマイクを利用することが大切なポイントです。