Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > 導入事例で学ぶWEB会議活用術 > 介護は地域ぐるみで!地域包括ケアシステムでも欠かせないWeb会議
pixta_25541850_S

介護は地域ぐるみで!地域包括ケアシステムでも欠かせないWeb会議

介護は施設から地域で支える、に変わりつつあります

誰しもがいつか直面する介護。そんな介護ですが、2025年には団塊の世代が後期高齢者になって、高齢化社会もピークを迎えるとされています。そこで、これまでは自宅で介護していたものが、徐々に施設介護になり、それから施設では財政負担が高いとして、政府は地域包括ケアシステムを考案し、地域社会でお年寄りをケアしていくというプランを立てています。住み慣れた町で、医療と介護、生活支援や介護予防などを行っていくことにより、包括的に支援していきたい構えです。
そこで、医療、介護、住まい、生活支援、介護予防などのさまざまなサービスが密着して展開されますから、そこに関わる人の種類も多種多様になります。地域包括支援システムは、これまではせいぜい病院関係者と介護施設関係者だけだったのが、医師、看護師、薬剤師、歯科医、介護士、ケアマネージャー、ボランティア、NPOスタッフなどさまざまな人がトータルで関わっていくことになるのです。

さまざまな職種をつなぐ、Web会議システム

地域包括ケアシステムでは、さまざまなプロフェッショナル同士が関わることにより、包括的に高齢者をケアしていきます。そのため、横の連携がとても大切になってくるのです。そこで、Web会議です。Web会議システムを導入すれば、地域の中で、お年寄りのケアをしながら、横のつながりで包括的にケアしていくことが可能となります。
介護の世界は、まだまだ紙ベースで仕事が進められており、非効率です。そこにWeb会議などのICTを導入することにより、生産性の向上をはかることが可能となるのです。Web会議は、これからの高齢化社会で人手不足になるにつれて、欠かせないツールとなってくるのです。プロフェッショナルたちの横の連携をつなげるためにも、Web会議の導入は地域包括ケアシステムにとって、欠かせないものとなってくるでしょう。

徹底比較!SkypeとFreshVoiceの違い 有料サービスには理由があります!WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!