WEB会議・テレビ会議HOME > 提案します!Web会議入門 > 導入事例で学ぶWEB会議活用術 > 年間1,000万円!?事例から見るコスト削減効果とは
sample06

年間1,000万円!?事例から見るコスト削減効果とは

WEB会議導入によるコスト削減効果

複数の拠点を持つ企業の場合、1つの場所に集まって会議を実施すると、移動の交通費・宿泊費・人件費など、たくさんの費用がかかります。
だからこそ、移動の必要がないWEB会議を導入することは、コスト削減に直結し、企業にとって大きなメリットとなるのです。
では、いったいどれくらいのコストを削減できるのでしょうか?事例を絡めながら、ご紹介したいと思います。

出張費を考えるだけでも、大きくコストを削減

東京で会議を開催する場合を例に挙げ、その会議をWEB会議に変えることで、どれくらいコスト削減ができるか見ていきましょう。

大阪から東京まで1人の社員が出張する場合、交通費(新幹線利用)は往復で約3万円。さらに、宿泊が必要な場合、1泊約1万円として計算すると、出張費用は約4万円になります。大阪から出張する社員が2人であれば、1回の出張で8万円の費用がかかることになるのです。

また、名古屋から東京まで出張する場合の交通費(新幹線利用)は、往復で1人約2万円となり、宿泊費約1万円と合わせて3万円。2人であれば6万円になります。

大阪2名と名古屋2名、両方の出張費を合計すると、1回で14万円にもなってしまいます。出張する人数や拠点が増えれば増えるほど、出張費はさらに膨らんでいきます。

もし、この会議を3カ月に1度開催しているとしたら、1回14万円×年間4回=1年で56万円もの出張費用がかかっていることになります。
WEB会議を導入すれば、これらの出張費用のかなりの部分を削減できるのではないでしょうか。

「株式会社第四銀行」様では、約670~1,000万円もコスト削減!

弊社の製品「Fresh Voice」を実際に導入されている「株式会社第四銀行」様のコスト削減例をご紹介します。

導入前は、会議のための移動に、年間で旅費・交通費が2,000~3,000万円もかかっていたそうですが、導入後半年の実績から、そのうち3分の1程度が削減できる見込みとのことです。3分の1程度ということは、約670~1,000万円ということになり、大幅なコスト削減が可能になっているといえるでしょう。

会議を行う頻度や、それをWEB会議へ変える回数によってもコスト削減額は変化します。
そのため、WEB会議の導入を検討される際には、実際に1年間でどれだけの回数、会議が行われているのか、またその会議に関する旅費・交通費がいくらかかっているのかを明確にすることが必要です。

その上で、1年間に開催する会議のうちどれくらいの割合をテレビ会議に移行できるか考えると、削減できるコスト額も見えてくるでしょう。

banner728×200

WEB会議・テレビ会議システム入門 We-Meet