WEB会議・テレビ会議HOME > 提案します!Web会議入門 > 導入事例で学ぶWEB会議活用術 > 知的財産の打ち合わせにも!特許法人でのWeb会議
Copyright Design License Patent Trademark Value Concept

知的財産の打ち合わせにも!特許法人でのWeb会議

特許法人でもWeb会議が使われています

知的財産を取り扱う、特許法人でもWeb会議が使われています。
特許庁に対する事務手続きや、訴訟などを取り扱っています。

非常に機密性の高い業務であり、セキュリティが命です。
Web会議のシステムは、IDとパスワードを厳密に管理することによって、
会議の内容を第三者から秘密に行うことができます。

クライアントの事務所と、特許事務所をインターネット回線でつないで、Web会議を行います。
特許事務所では、以前からWeb会議が導入されているケースがあります。

特許には最先端のテクノロジーが使われているケースが多く、
弁理士先生には最先端のトレンドに強い人が非常に多いため、Web会議などの導入にも積極的なのです。

通信ネットワークや品質面において、さまざまなトラブルが発生した古いシステムを思い切って
最新のWeb会議に交換された特許法人様もおられます。

やはり最先端のWeb会議システムは、ネットワークの状態やコンピューターの性能を最大限引き出し、
より高いパフォーマンスを可能とします。

映像が見えることで情報が広がった

中には、以前音声のみのコミュニケーションを取っていた特許法人が、
Web会議システムを導入することによって、伝えられる情報が格段に広がったと喜ばれているケースもあります。

ノンバーバルコミュニケーションも伝わるので、高性能のWeb会議は、
言葉だけでなく、空気感や考えている内容や、身振り手振りまで伝わります。
情報量が増えるので、濃いコミュニケーションが可能となるのです。

また、ヨーロッパや米国などとのコミュニケーションとしても使われるようになり、
ビジネスの可能性を広げてくれます。
特許法人には欠かせないコミュニケーションのインフラストラクチャーとして、
Web会議は大きく活躍しています。

クライアントとの会議や、弁理士同士の話し合いにも使われるので、仕事になくてはならないツールとなります。

徹底比較!SkypeとFreshVoiceの違い 有料サービスには理由があります!WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!

WEB会議・テレビ会議システム入門 We-Meet