お電話で問合わせ
Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > 導入事例で学ぶWEB会議活用術 > 産業医面談などにもWeb会議
pixta_28180765_S

産業医面談などにもWeb会議

産休中や育休中の人ともコミュニケーションがとれます

妊娠・出産は病気ではありません。 ですが、産業医が産休中や育休中の人と面談することがあります。

休職状態になっているので、調子を見て復職の可否を決めるからです。 同様に、最近はうつ病にかかる人なども増えてきましたが、そういった方も休職していますので、 職場復帰には産業医との面談が必要です。

さまざまな理由で会社を休んでいても、会社とのつながりを残し、 コミュニケーションを取ることはとても大切なことです。 そんなとき、自宅と会社をつなぐWeb会議システムは非常に便利です。

子供が生まれたばかりでまだまだ外に長く外出できない社員のために、 会社といろいろな話し合いができます。

復職のタイミングを合わせることもできますし、電話より顔を見て話せたほうが、 お互いに復職のイメージがわきやすくて良いでしょう。

時短社員の在宅勤務にもWeb会議

他にも、子育て中の方で、時短勤務し、中には週に何度か、 在宅勤務を行うことを認める会社も増えてきました。

日本のワーキングマザーは、家事に育児に仕事にと非常に忙しく、 スーパーウーマンが多くて、生産性が非常に高いのが特徴です。

そんな彼女たちを貴重な戦力と位置づけ、 限られた時間を活かして効率よく働いてもらうためにも、Web会議は欠かせません。

いまは自宅にインターネット回線がない人はおらず、また、ビジネスに関わる人なら、 スマホにタブレット、自宅PCは必ず完備しているものだと思いますので、在宅ワークは非常に効率が良いのです。

産業医や職場の上司との面談にも、Web会議は大いに使えます。 インフラが整っており、通勤ラッシュを避けるためにも、在宅を推進している企業も増えてきました。

今後も、Web会議のニーズは増え続けるでしょう。まずは、会社に出勤しない人を増やすことこそ、 働き方改革ではないでしょうか。Web会議システムは、政府の方針にもマッチしているのです。 徹底比較!SkypeとFreshVoiceの違い 有料サービスには理由があります!WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに! [banner1]