Business man calling by cell phone on the beach

離島・奄美大島でもWeb会議があれば働ける

奄美大島でフリーランスの移住促進!

奄美大島では、「フリーランスが最も働きやすい島化計画」と銘打って、 人口増加に取り組んでいます。
豊かな自然とICTを活用して、都会で疲れた人たちに移住してもらい、
奄美大島を活性化していきたいという考えです。

最近では、地方移住がブームです。地方には住宅もあまっており、 格安で住むことができます。
食べ物もおいしく、お酒なども地酒がありますし、地元の人が作った野菜をもらうこともできるので、
あまり食費がかかりません。

生活費そのものがあまりかからないので、地方に移住することは経済的な面でメリットがあります。

奄美大島に移住して、仕事はどうするの?

しかし、仕事はどうすればいいのでしょうか。
奄美大島では、クラウドソーシングサイトの「ランサーズ」と連携して、
オンラインでもできる仕事をしてもらって、東京の時給にて奄美大島で働く、ということを実現したい考えです。

以前は、ランサーズにはキュレーションの案件が数多くあり、仕事が豊富だったので、Webライターを育成して、月15万程度稼げるライターをたくさん生み出し、移住してもらいたいと計画していたようです。

ですが、キュレーションは2016年末に発生したDeNAのWelq問題で破綻し、
案件そのものが激減してしまいました。

ランサーズ公式が出している仕事そのものがなくなってしまったので、
今後は自分で仕事を取らなければなりません。

しかし、いまはアフィリエイターが記事を依頼するためにランサーズを使うなどしているため、
充分な発注量が供給されています。
アフィリエイターは文字単価1円で依頼することも多く、受注できれば生活はなりたちます。
そこで、打ち合わせなどが発生します。
奄美大島と東京をWeb会議でつなげば、東京で打ち合わせするよりも効率よく、
充実したミーティングが実現できます。

実際に会わなくとも、Web会議があれば、奄美大島と東京で、話し合うことができるのです。

徹底比較!SkypeとFreshVoiceの違い 有料サービスには理由があります!WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!