お電話で問合わせ
Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > 導入事例で学ぶWEB会議活用術 > メンタルヘルスケアは企業の重要課題!自宅療養中の社員ともWeb会議でコミュニケーション
うつ病に悩む

メンタルヘルスケアは企業の重要課題!自宅療養中の社員ともWeb会議でコミュニケーション

メンタルヘルスに悩んでいる人も多い昨今

うつや統合失調症など、働きながらメンタルの不調を訴える人が多い昨今ですが、企業も対策に乗り出しています。そこで、企業はメンタルヘルスの相談室や産業医などをもうけて、従業員のうつ病対策に乗り出しています。そうしたとき、うつ病などで休職して、自宅で療養中の社員と、バックオフィス部門や所属長がどのようにコミュニケーションを取れば良いのでしょうか?そんなときは、Web会議システムが最適です。簡単にインストールできますので、従業員の自宅のパソコンにWeb会議システムをインストールしてもらい、会社とつないで、面談を行うのです。定期的に面談を行えば、いま、うつで苦しんでいる従業員が復帰の過程でどの程度の状態なのか、あとどのぐらい休めば職場復帰できるのか、考えることができます。

うつからの復帰は、会社と本人と産業医と一体になって

うつから職場に復帰するのは、並大抵のことではありません。ですが、会社と本人と産業医とが一体になって連携し、コミュニケーションを取っていくことで、復帰の手がかりになります。うつの人は、自宅から一歩も出ることができない、ということも起こりえますので、Web会議で在宅にいながらにして、復職面談ができるのは大きなメリットとなるでしょう。

電話より取りやすいコミュニケーション

Web会議なら、顔を見ながらコミュニケーションを取ることができますので、顔色を見ながら、復職についての相談や、具合の良し悪しについてチェックしていくことが可能となります。うつ病で休職する人が当たり前の昨今ですが、出来る限り現場に復帰してもらいたいものです。Web会議を使って在宅から職場の上司や産業医とコミュニケーションが取れれば、休職中も安心して休むことができますし、会社の側も、休職中の社員を気遣うことが可能となり、より復帰に近づきます。

徹底比較!SkypeとFreshVoiceの違い 有料サービスには理由があります!WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!