お電話で問合わせ
Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > 導入事例で学ぶWEB会議活用術 > 公立大学の共同教育プログラムにも!Web会議を利用して優秀な学生を養成
Speaker giving presentation in lecture hall at university. Participants listening to lecture and making notes.

公立大学の共同教育プログラムにも!Web会議を利用して優秀な学生を養成

大阪府での共同教育プログラム

大阪府では、国立・公立の大学が集まって、共同教育プログラムを行っています。
相互に単位を交換しあうなど、連携が盛んです。

そこで、特に大学院のプログラムで、遠隔教育が積極的に行われています。
大阪府立大学では、現代システム科学、工学、生命環境科学、地域保健学などの領域を研究しています。

専門知識を深めながらも、国際社会に貢献していける人材を輩出しています。

大学同士で連携するだけでなく、産業界とも連携し、イノベーションを生み出す人材育成を行っています。
ですが、実際のところ、大学院の博士課程を卒業したドクターは、企業への就職状況がいまいち良くなく、オーバードクター問題となっています。

大阪府立大学ではそうした問題を解消するために、イノベーション創出型研究者養成講座をもうけて、企業で現在働いているOBなどを招き、優秀な人達に講義を行ってもらっています。

その際に活躍するのが、Web会議です。公立大学間で展開されているプログラムなので、従来ならば学生は他の大学まで通う必要がありました。

キャンパス間を移動するのは、学生にとっても負担がかかりますし、授業のペースによっては、また自分のキャンパスまで戻る必要がありました。

ですが、Web会議で遠隔授業を行うことにより、移動の時間と手間を省いて、より効率の良い学びを修めることができるようになります。

他大学との接続は難しい

学内のネットワークだけで良ければ、非常に簡単なネットワークで完結するのですが、他大学と連携して、学外のネットワークと接続するのは大変です。性能が重視されます。

大阪府立大学では、有料のWeb会議システムを導入し、ネットワークの問題をクリアしました。

やはり製品版の方が安定していて、映像もキレイで、授業の情報伝達を妨げません。学習をより効果的にするためにも、品質の高いWeb会議システムは欠かせないのです。

徹底比較!SkypeとFreshVoiceの違い 有料サービスには理由があります!WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!