Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > Web会議の選び方 > 下着・靴下などの衣料メーカーの内部でも!リプレースにWeb会議
pixta_27979653_M

下着・靴下などの衣料メーカーの内部でも!リプレースにWeb会議

衣料メーカーの内部でも、Web会議が使われています

下着や靴下などの若者向けウェアを扱う衣料メーカーでも、内部でWeb会議が使われています。
下着や靴下などの若者向けウェアは、若者の感性を取り込まなくてはなりません。

そのため、若者に集まってもらって、座談会などを開いて、その様子をWeb会議で開発部がチェックするというような使い方も可能です。座談会は、モニターになってくれる若者に集まってもらい、今どのような下着や靴下、パジャマなどを求めているのかを話し合ってもらいます。
そこに大人が入ると、萎縮してしまったり、話の本音が聞けなくなってしまったりするので、
Web会議にて遠隔地で確認するのです。

座談会の様子は、広角カメラと集音マイクを使って

座談会ですから、Web会議は会議室全体を写すことができる必要があります。また、マイクなども集音マイクで、話し声が詳細に聞こえるものでなくてはいけません。若者がアイデアをどんどん出してくれますので、それを開発部の人がひろって、商品開発に活かします。
広角カメラと集音マイクで、座談会の様子をモニターし、また開発部での会議に使います。 場合によっては、良いアイデアが出た場合などは、上層部に録画した
Web会議の内容を見てもらっても良いでしょう。

その他、社内の打ち合わせにも

若者向けインナーを取り扱っている会社は、感性豊かな街である渋谷や原宿に支店を構えていることが多いです。
ですが、本社は丸の内など、オフィス街にあることもあります。その場合、社内の打ち合わせにもWeb会議は使えます。 都内とはいえ、移動は時間も手間もかかりますので、Web会議を使って、無駄な時間をカットするのです。

従来もWeb会議は衣料メーカーなどで使われていましたが、リプレースによってより性能の高い、Web会議に置き換えられました。

有料版ですが、従業員の満足度は上々で、座談会だけでなくさまざまな用途で使われています。

徹底比較!SkypeとFreshVoiceの違い 有料サービスには理由があります!WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!