お電話で問合わせ
Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > 導入事例で学ぶWEB会議活用術 > 働き方改革の時代、店長会議はWeb会議がベスト!
店長Web会議

働き方改革の時代、店長会議はWeb会議がベスト!

[店長会議 Web会議]

働き方改革の時代、店長会議はWeb会議がベスト!

飲食店や量販店、フランチャイズなどでは、店長会議というものがあります。 店長同士で成果を発表しあい、同時に店の問題点などもシェアして、解決法を探っていくため、店長会議は非常に重要です。 しかし、店というものは本来非常に忙しく、同時に営業時間も長いものです。 よって、店の〆をして、さらにはバイトや社員の話を聞いて、同時に売上を集計したりしていたら、店長会議にわざわざ参加するころにはクタクタになってしまいます。

店長は非常に負担がかかる

飲食店、量販店、フランチャイズ。こうしたお店と呼ばれる業務形態は、店長に莫大な負担がかかっています。いまのところ、人力でどうにかしているのが現状なのです。 社会には飲食のブラックさが知れ渡り、バイトや社員が集まらない傾向にあります。 よって店舗はたいへんな人手不足となり、またまた店長に負担がかかってしまうのです。 正月三が日は休むというお店がでてきたり、深夜の営業を取りやめたり。いろいろ経営陣も工夫はしていますが、それでも日本全体がとてつもない人手不足の中、店には人が集まらず、店長ばかりががんばるということになっているのです。

Web会議で少しでも負担を楽に

そんなとき、店内の会議は対面で行うとしても、離れた店舗の店長会議はリモートで十分です。 店長クラスになるとコミュニケーション力もしっかりした人ばかりなので、Web会議システムを操作して、遠隔地の店長とも話すことができます。 いままでは、エリア内の店長としか会えなかったものが、これなら北海道と九州の店長が同時に話すことができるなど、会議の幅が広がります。 Web会議の導入は、店長の負担を非常に楽にしてくれます。 負担が楽になれば、より店舗の改善に対してのアイデアもでてくるでしょうし、生産性の向上にもつながります。Web会議の導入は必須です。

店長会議は過労の原因にも

また、店長会議をリモートで行わなくてはならない明確な理由もあります。それは、店長会議そのものが大変な時間的校則を招き、非常に負担がかかるものであるということです。ただでさえしんどい店舗運営の上に、サービス業です。心理的・肉体的負担は大きく、プライベートを犠牲にして仕事しなければなりません。 よって、店長会議をリモートで行って、負担を減らす必要があるのです。店長同士のコミュニケーションは非常に大切ですから、会議を完全に廃止するのはよくありません。しかし、実際に直接あって、さらには全国から本社に集合して店長会議を行うメリットはほとんどないに等しいのです。

なかには、「店長会議は出張扱いなので、息抜きになる」という社長や本部の方もいることでしょう。しかし、確かにお店を離れて新幹線や飛行機に乗り、本社に来るのはリフレッシュにもなるでしょう。ただ、その間のお店は誰が管理するのでしょうか。バイトリーダーに任せたら任せたで、それはまた管理コストや拘束が発生してしまうのです。 店長会議を直接行うことは、過労の原因につながります。今や過労死なんか起こしてしまったら、遺族に申し訳ないどころか、企業が社会的に死んでしまいます。過労死を引き起こせば、社会的信頼が大きく毀損され、従業員を大切にしない会社というレッテルを貼られてしまうのです。

店長に楽になってもらう他の施策

店長会議をWeb会議でリモートにする他にも、やれることはあります。それは、思い切って真夜中の営業を取りやめたり、営業時間を短くしたり、元旦の営業を中止したりするのです。大大的にリリースすれば、それはそれで宣伝になりますし、今や従業員を大切にする企業というイメージがつけば集客にも役立ちます。 そうやって、形から入ることで、従業員を大切にする会社というものができあがっていくのではないでしょうか。サービスも向上しますし、そうすれば客単価だって上げることは不可能ではありません。店長の肉体的負担、時間的拘束を軽減するだけでも、企業の質が上がるのです。 こうして、いろいろな施策を考えることこそ、働き方改革の真髄でもあります。ぜひ優良企業への第一歩として、Web会議と営業時間短縮の施策を入れてみてください。