お電話で問合わせ
Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > 導入事例で学ぶWEB会議活用術 > テレワークの失敗事例から学ぶ
在宅ワーク

テレワークの失敗事例から学ぶ

テレワークの失敗事例から学ぶ

テレワークはとても画期的な仕事スタイルの変革です。 特に、長時間通勤と満員電車が当たり前になっていた日本においては、こうしたテレワークや在宅勤務の導入は、社会を大きく変えてくれる可能性があります。 そんなテレワークを無事に成功させるために、失敗例を学ぶことも重要ではないでしょうか。 過去のテレワークにおける失敗事例を学んで、今後に活かしましょう。

アメリカIBMではテレワークを禁止

なんとアメリカのIBMでは、過去の数十年の間に渡ってテレワークが使われてきました。 インターネットの歴史とともに、アメリカIBMではいち早くテレワークが導入されていたのです。 しかし、アメリカIBMはそれを廃止してしまいました。 それどころか、「在宅勤務をやめてオフィス出社するか、退社するか」を選ぶよう社員に通告したのです。これは生産性が下がっていることと、何か経営陣に思うところがあったのかもしれません。 よって、数千人がこの対象となり、退職かオフィス出社をするか選ぶことになりました。

一体感不足

やはりリモートワークに慣れてしまうと、雇用契約だけが正社員で実質はフリーランスのようになってしまうのかもしれません。 一体感に欠け、コミュニケーションがとれずチームワークがうまく働かないなどの不足面が目立ってくるようになったのです。 IBMは大きな会社ですから、受ける案件の規模も大きくなります。

よって、いくらフリーランス的な働き方になったといっても、プロジェクトの規模が大きいのでチームワークは非常に大切なのです。 リモートワークでWeb会議を上手に使えば、そうした面はクリアしていけるはずなのですが、どうしてもアメリカIBMはそちらをまず禁止する方向に走ったようです。 これは時代に逆行しているといえますが、それでもトップの判断なので何かしら効果は上がるものと見ることができます。

banner728×200WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!