pixta_21129343_M

テレワークの失敗事例から学ぶ

テレワークの失敗事例から学ぶ

テレワークはとても画期的な仕事スタイルの変革です。 特に、長時間通勤と満員電車が当たり前になっていた日本においては、こうしたテレワークや在宅勤務の導入は、社会を大きく変えてくれる可能性があります。 そんなテレワークを無事に成功させるために、失敗例を学ぶことも重要ではないでしょうか。 過去のテレワークにおける失敗事例を学んで、今後に活かしましょう。

アメリカIBMではテレワークを禁止

なんとアメリカのIBMでは、過去の数十年の間に渡ってテレワークが使われてきました。 インターネットの歴史とともに、アメリカIBMではいち早くテレワークが導入されていたのです。 しかし、アメリカIBMはそれを廃止してしまいました。 それどころか、「在宅勤務をやめてオフィス出社するか、退社するか」を選ぶよう社員に通告したのです。これは生産性が下がっていることと、何か経営陣に思うところがあったのかもしれません。 よって、数千人がこの対象となり、退職かオフィス出社をするか選ぶことになりました。

一体感不足

やはりリモートワークに慣れてしまうと、雇用契約だけが正社員で実質はフリーランスのようになってしまうのかもしれません。 一体感に欠け、コミュニケーションがとれずチームワークがうまく働かないなどの不足面が目立ってくるようになったのです。 IBMは大きな会社ですから、受ける案件の規模も大きくなります。

よって、いくらフリーランス的な働き方になったといっても、プロジェクトの規模が大きいのでチームワークは非常に大切なのです。 リモートワークでWeb会議を上手に使えば、そうした面はクリアしていけるはずなのですが、どうしてもアメリカIBMはそちらをまず禁止する方向に走ったようです。 これは時代に逆行しているといえますが、それでもトップの判断なので何かしら効果は上がるものと見ることができます。

 

テレワークの失敗事例から学ぶ・その2

  テレワークの失敗例を引き続きみていきましょう。 テレワークを導入する企業はあれど、なかなか廃止する企業はありません。 特に日本においては、「働き方改革」がトレンドになっているため、この時代に乗っかろうとしてテレワークを導入する企業は多くあります。 2017年には日立や富士通なども本社社員にテレワークを実施しました。

アメリカヤフーでは1/4が在宅勤務

検索ポータルサイトのアメリカヤフーでは、全従業員のうち25%にあたるメンバーが、在宅勤務を選択していました。 ヤフーは創業期も今も、トップクラスの技術力を持つ企業です。 それはつまり、働いている従業員が優秀であることを意味します。 ヤフーは優秀な社員を多く抱えており、なおかつテック企業であるということで、在宅勤務は早くから導入してきていました。 しかし、2013年に早くも在宅勤務を禁止してしまったのです。これによって、社員はオフィス出社が義務となり、めんどうな通勤という業務ができるようになってしまいました。 通勤時間は仕事時間に含まれないため、朝早く家を出て出社しなければなりません。 アメリカの通勤事情はほとんどが車ですが、それでも早朝の出勤は大変めんどうに感じる社員が多かったのではないでしょうか。 在宅勤務にそれまで慣れていたのでしたら余計です。

理由はやはりチームワークの欠如

米IBMと同様、米ヤフーの場合も、チームワークが欠けるというのが原因にありそうです。 それにくわえて、オフィスの削減コストや、駐車場の削減コストなどが思ったよりも進まなかった、というのもありそうです。 このように、これは米国での事例ですが、若干の廃止事例はあります。 他にも小さな会社でしたら、やはり在宅勤務はやめようという考えになる組織もあるのかもしれません。 こうした点を踏まえて、やはりリモートワークの課題は、チームワークにありそうです。

テレワークの課題とは?何がテレワーク推進を阻んでいる?

  働き方改革が宣言されて2年が経過しようとしています。 そもそも、在外日本人を中心に、日本の働き方に課題があることは常々指摘されてきました。 2010年ごろから2016年にかけて、生産性の本が何冊か上梓され、日本の課題が働き方や生産性であることがクローズアップされてきたのです。 そんな環境のなか、テレワークが進みつつあります。では、そのテレワークが抱える課題とはなんでしょうか。  

会社のマネジメント層がそもそも出社が好きという課題

いつの時代も20代は非常に思考が柔軟です。テレワークにもすぐに対応できることでしょう。 しかしそもそも、会社のマネジメントについている層、つまりミドル層がそれほどテレワークが好きではないという問題点があります。 今のミドル層はマネジメント経験こそ豊富ですが、郊外に家を購入し、朝はやく起きて会社に通うことを良しとする世代です。 そんな彼ら・彼女らにとって、会社がテレワークを導入したからといって、すぐに対応できるものではないというのが現状でしょう。 日頃から他部署の人や部下のデスクにいってコミュニケーションを取り、日々の業務を推進する躍動力にしているマネジメント層は、今の若い現場の人たちが仕事だけしてあとはさっさと帰りたいと思っていることなど、思いもよらないのです。 そんなマネジメント層に、まずはテレワークを推進しなければならないことは確かでしょう。

セルフコントロールが困難という課題

会社に行くのであれば、男性ならヒゲをそりスーツを着て、女性ならメイクをして緊張感をもってでかけることができます。 また同時に、顔をあわせて話すことで、緊張感も生まれ、「仕事をするぞ!」という気持ちにもなることでしょう。 しかし自宅でテレワークしたらひとりです。むしろ家族が邪魔してくる可能性もあります。 そんなとき、セルフ・コントロールやモチベーションが非常に大切になってくるのです。

テレワークでサボる?テレワークの課題

2018年も働き方改革が進むものと見られています。 そこで2018年に有望なのが、テレワークです。 いまも、流行に敏感で会社制度が柔軟なベンチャー企業や中小企業を中心に、週に一度のテレワークが導入されているケースも多いでしょう。 しかしテレワークのデメリットは何でしょうか。テレワークのデメリットをみていきましょう。

2018年もテレワークの年、しかしデメリットは?

Web会議を使ったテレワークは非常に便利です。 在宅でしか仕事ができないのに優秀な社員がいると思いますが、子持ちのママさんを中心としたそれらの人材のスキルをフル活用することができます。 しかし、デメリットは確実に存在します。 それは、いくらでも怠けることができてしまうということです。 監視の目が届かない。そのため、わざとでなくとも気が緩んでしまうことは往々にしてあることです。 これでは、会社もリモートワークをしている本人も、どちらにもデメリットがあり、はじめから会社で働いたほうがよかった、ということになりかねません。

ひとつ間違うと監視ツールになる

さらにテレワークのデメリットとして、監視ツールを入れてしまうようになることです。 たとえばパナソニックは、Web会議のカメラを使ってテレワーク中の人の顔色からストレスを判断するというツールを開発すると発表しました。しかしそれでは、社員を徹底的にITで監視し、ロボットのように働かせることになってしまいます。 もっともっと、テレワークとは本来、自由な働き方、そして生産性を高める働き方のはずです。それが監視ツールを使用するようになってしまうと、それ自体が会社にとっても社員にとってもデメリットとなるでしょう。 こうしたことは意外な盲点ですが、気が付かれていません。しかし、テレワークのデメリットとして確実に考えておかなければならないことです。 banner728×200WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!

エクセル比較表ダウンロード

【Web会議システム比較表】 エクセルの比較表だから今すぐ使えます
テレビ会議・Web会議システムの新規導入、リプレイス検討に役立つWeb会議システムを比較したエクセル比較表をダウンロードできます。部署内での共有でも役立ちます。

関連コンテンツ