お電話で問合わせ
Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > 導入事例で学ぶWEB会議活用術 > 国連大学の共同研究でも使われるWeb会議
pixta_12565686_S

国連大学の共同研究でも使われるWeb会議

国際機関でも使われているWeb会議

国連大学といえば、教育機関であると同時に、研究機関でもあります。そこでは、各国の研究者が集まって、会議を日々行っています。国連のシンクタンクとして、地球規模の問題解決を目指していきたい組織です。その国連でも、人材育成や知識の発展のために、Web会議が使われています。

国連大学の国際ネットワーク

国連大学は、世界の15カ国にネットワークを持っています。各地に研究機関を備え、それぞれ違ったテーマを研究しながらも、共同の課題解決に向かっています。とくに、アジア地域の連携が深く、インド、インドネシア、マレーシアなどのアジアでも特に秀でた大学と連携し、研究を続けています。アジア地域であれば、日本に本部があっても時差が少なく、研究時間を合わせることができるようになります。

こうして、現在のところ、とくに気候変動などの分野に関して、アジアで連携し、協力して課題を解決していく仕組みが整いつつあります。

そんな中で、Web会議です。アジアの各国の大学にWeb会議をセットアップし、インターネットを経由して、進捗報告やお互いの研究結果などの発表を行うことができます。

Web会議があって、開催国がアジアに限られていれば、時差などで体に負担をかけることなしに、研究に支障をきたさない範囲内で、より高度な成果報告ができるようになります。

現場の強い要望で有料バージョンに切り替え

国連大学では、もともとは事務方がWeb会議システムの選定を行っていました。ですが、画質面や音声面で、無料バージョンだといまいち性能がよくないことから、国際連携も踏まえて、現場の強い要望で、有料バージョン導入に踏み切ったという経緯があります。このように、大学の研究機関で国をまたいで行われる会議の現場でも、Web会議システムはよく使われているのです。有料製品は、品質もよく、音声なども安定していて、信頼感があります。

徹底比較!SkypeとFreshVoiceの違い 有料サービスには理由があります! WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!