pixta_43031934_M

無料Web会議システムといえばDD!

URLを伝えるだけでつながる!

d21658-11-816119-0 DDはこちら>>>
Web会議システム「DD」は、オンラインでのリアルタイムなやり取りが必要となるさまざまなシーンで無料でも活用できるツールです。

会議開催の準備に必要なのは、参加メンバーにその会議のために作成した専用URLを伝えるだけです。これまでの一般的なツールのように、参加してほしい相手に活用するアプリを知らせたり、事前にダウンロードやインストールをお願いしたりする必要がありません。 URLを受け取った相手は、そのURLをクリックするだけ、もしくはWEBブラウザ(Chrome)に入力するだけで会議に参加することができます。

相手に負担をかけることなくWeb会議システムを使ったやり取りができます。招待する側、される側の双方の手間が省けます。はじめての人でも簡単に使い始められるため、ツールの使い方から説明するという煩わしさからも解放されます。


ログインとかID入力とか一切不要な自由ツール

Web会議システム「DD」は、1対1のやり取りだけでなく、多拠点にまたがる複数メンバーでも同時活用できるのが魅力です。無料版でも6名まで同時接続が可能ですし、有料版では最大12名までが参加できるようになっています。

もちろん、招待する相手に費用が発生することはありません。ログインもする必要がないため、登録などの手続きも不要です。新たなメールアドレスの準備や個人情報の入力が不要になることで、相手に使用上の負荷や抵抗を感じさせることなくスムーズに参加を促すことができるでしょう。

利用者IDが不要な点も大変便利なポイントです。複数メンバーが参加する会議やセミナーを開催したり、不特定多数の相手とWeb面接を頻繁に行ったりする場合にも、その事前準備で面倒なID交換をする必要もなくなります。

「DD」は、パソコン(Windows、Mac)、スマートフォン(iOS、Android)、タブレットなどマルチデバイスに対応しています。ほとんどの参加者が何らかの端末を所有していますから、自分の持っている端末でいつでもどこでも参加できる使い勝手の良さもあります。


画面共有機能があるからほとんどのWeb会議に対応できる

Web会議システム「DD」には、無料版でもスクリーンシェア(画面共有)機能がついています。資料の共有が可能になることで、さらに業務上での活用シーンが広がります。社内での企画会議、報告会議での資料提示はもちろん、研修やセミナーなどでも準備した資料を受講者に見せながら説明することができます。

在宅勤務などのリモートワークをしている社員と画面共有をすれば、同じオフィスで一緒に仕事をしているような感覚で業務を進められるでしょう。バラバラの階にいる多部署メンバーで行う会議も、わざわざ一つの会議室に移動して集まる必要がありません。それぞれのメンバーは自分のオフィスやデスクで必要な資料を共有しながらの話し合いが可能です。Web会議ですから、会議室の予約や事前準備の手間も省けます。

会議ごとに専用URLを作成できるため、社外の人とも双方のプライバシーや情報セキュリティを保持しつつやり取りできます。たとえば、採用活動での遠方の応募者や候補者との面接も、お互いの時間的制約も低くなりますし、コスト負担なしで行えます。企業説明や契約・業務内容の確認のために資料が提示できます。相手のメモ取りの負担も軽減できますし、言葉だけのやり取りより理解を深めてもらえるでしょう。

また、インサイドセールスなどで顧客に対して商品説明をする際にも役立ちます。とくにデザインや設計など、クライアントに実際に見てもらうことが不可欠な職種にも有効です。訪問のための時間も省けるため、顧客満足だけでなく納品までの時間効率も上がるはずです。