Web会議フレッシュボイスTOP > Web会議入門 > Web会議システムを徹底比較 > 働き方改革を実現する! ブラウザタイプのWeb会議システム5選
pixta_16545380_M

働き方改革を実現する! ブラウザタイプのWeb会議システム5選

2019年4月1日から日本では「働き方改革」がスタートしました。
こうしたなか注目されるのが遠隔地から会議や打ち合わせに参加できるWeb会議システムです。
その中でもブラウザにプラグインやネイティブアプリを追加せずともリアルタイムコミュニュケーションがとれる「WebRTC」という技術が注目されています。
そこで今回はWebRTCを用いたブラウザタイプのWeb会議システム5選を紹介します。


わずか2分でWeb会議に参加できる無料Web会議システム DD(ディーディー)

わずか2分でWeb会議に参加できる無料Web会議システムです。

DDのホームページ上で専用のURLを入力するだけでオンライン上にWeb会議室が作成でき、参加者も専用URLをクリックするだけでWeb会議に出席できます。
手間のかかるダウンロードやインストール、利用者IDを入力する必要もなく誰もが簡単に利用できるのが特徴です。

パソコン、タブレット、スマートフォンなどのデバイスが利用でき、無料版では1回当たり40分間最大6名まで、有料版(2000円/月)で時間無制限最大12名まで利用できます。
画面共有機能が付いているので会議中に資料を参加者全員で共有することも可能。

Web会議をはじめオンラインを使ったインサイドセールス、採用面接、少人数セミナーとさまざまなシーンで活用できるWeb会議システムです。

Web会議システム DD(ディーディー)
https://dd-talk.net/



海外とのWeb会議でも安定した接続が可能 Appear.in

パソコンで利用するならアプリのインストールもアカウント作成も不要なWeb会議システムです。
ホームページからオリジナルのURLを取得して会議の参加者にURLを送ればWeb会議を簡単に開始できます。

無料版で最大4名、有料版(9.99ドル/月)で最大12名までが利用可能で、画面共有機能も付いているのでさまざまシーンで利用することが可能。
ノルウェイの電話会社Telenorが開発したシステムは安定した音声と画像でWeb会議を行うことができ、海外とのウェブ会議にもおすすめです。

なおAppear.inのホームページは日本語版がなく、Google Chrome、 Firefox、 Opera、 Vivaldiで利用できInternetExplorerには対応していないので注意が必要です。


会議室のリアル感を実感できるWeb会議システム BizMee

アプリのダウンロードやインストールなどが不要で、招待URLをクリックするだけで簡単に会議に参加できる無料Web会議システムです。

高品質な通話ができホワイトボード機能を使えばブラウザ上のホワイトボードに図や文字を使って会議を進行することも可能です。
会議室にいるかのようなリアル感を実感することができます。

なお入室できる人数に制限はありませんが、人数が増えすぎると接続しにくくなることもあり、参加者が3人から4人までのWeb会議に適したシステムといえます。


100人まで参加可能なWeb会議アプリ ZOOM

ZOOMは世界中の企業で利用されているWeb会議アプリです。
独自の技術で安定した通信を実現しており、世界各地を結んだWeb会議でもストレスなく会話ができるのが特徴です。

ZOOMを利用するには会議の主催者はアプリのダウンロードやアカウント設定が必要で参加者もアプリのダウンロードが必要になります。
無料版でも画面共有やホワイトボード機能を利用することができますが、3人以上参加すると時間制限があります。
有料版になるとさまざまな機能を利用することができ、最大100人まで参加が可能なので、中小企業から大企業におすすめのWeb会議アプリといえます。


国内シェア12年連続No.1のWeb会議システム V-CUBEミーティング

5000社以上の企業に利用されている国内最大のテレワーク会社V-CUBEのWeb会議システムです。
パソコンやスマホなどで利用でき高画質・高音質、安定した接続性は世界最高レベルといわれ、国内シェアは12年連続でNo.1を誇っています。

最大50人までがWeb会議に参加でき、ブラウザ上でデータや資料を見ながら会議を進めることもできます。
リアルタイム翻訳機能も付いているので外国人が参加する会議にも安心して望めます。

利用の仕方はPCはブラウザで、スマホなどはアプリをダウンロードして利用します。
有料ではありますが、これからのビジネスを勝ち抜くためには必須のWeb会議システムともいえるでしょう。


Web会議システムをこれからのビジネスに活用しましょう

Web会議システムは働き方の多様性を実現したり、日本にいながらも世界の人々とフェイス・トゥ・フェイスで会議ができたり、無駄なコストをカットできたりとさまざまなメリットがあります。

自分や会社に適したWeb会議システムを見つけ、これからのビジネスに上手に活用してください。