pixta_42697384_M

Web会議システム価格比較3選

時間や場所を問わずに会議が行えるため、コストや手間を削減できると注目されているのがWeb会議です。
多くの企業が導入していますが、その中でも人気なのが無料で使用できるWeb会議システムです。
今回は無料で使用でき、画面共有もできるWeb会議システム3つご紹介します。


無料Web会議 DD(ディーディー)

d21658-11-816119-0 無料Web会議 DDは、ダウンロードやインストールなどの作業が不要で使えるWeb会議サービスです。
ユーザーは作成したURLを相手に伝えるだけで、使用開始できます。
登録やID交換、招待メールなどが不要なので、誰でも簡単に使えるのが特徴です。
またパソコンやスマートフォン、タブレットなどマルチデバイスで使用できます。


1回40分まで無料で使用できる

DDは、1回40分まで無料で使用可能です。無料使用でも、基本機能やスクリーンシェア、チャットなどを使用でき、最大6拠点まで繋ぐことができます。
月2,000円の有料版では利用時間や人数の制限なく使用でき、最大12拠点まで繋げることが可能です。
また「SNS・グループウェアなどのプラットフォーム機能を追加したい」、「機能をプラスして自社サービスとして打ち出したい」などのカスタマイズの相談にものってもらえます。

さまざまなビジネスシーンを想定

・少人数セミナー
無料版は6人、有料版は12人までの多拠点でのWeb会議ができるので、少人数でのセミナーに最適です。
セミナー相手にURLを伝えるだけなので、相手に登録やID交換をしてもらう必要はありません。
さらに資料共有ができるので、事前準備が不要です。

・インサイドセールス
取引相手にもURLを伝えるだけですぐに商品説明が可能です。
また画面共有ができるので資料も画面上で共有でき、相手に手間を取らせずにセールスできます。
電話と違い顔を見ながらセールス可能です。

・テレワーク
コワーキングスペースや在宅で仕事をしている人とも、DDなら手軽に繋がることができます。常時接続をすることで、会社にいるような感覚で仕事できます。

・採用面接
遠方にいてなかなか会社に来ることができない応募者でも、DDを使えば無料で面接可能です。
電話で行うことの多い一次面接ですが、DDを利用すれば顔を見ながら面接可能なので、判断の精度も上がります。
DDを利用して一次面接を行い、気になる人と二次面接などを行うなどの使い方も可能です。

「無料Web会議システム DD」
https://dd-talk.net/



BizMee β(ビズミーベータ)

スクリーンショット (23) 会議室にロックをかけることで入室を制限できます。
ホワイトボードや議事録を画面共有できるのでリアルな会議室を再現可能です。
基本料金や初期費用はかからず、既存のブラウザを使っていつでも、誰でもすぐに使用できます。

入室できる人数に制限はない

BizMeeでは、入室の際に人数制限を設けていません。ただし人数が多くなると接続しにくくなる可能性があるため、3~4人程度での使用が想定されています。


V-SESSION(ブイセッション)

スクリーンショット (25) V-SESSIONは、chromeやFirefoxブラウザからアクセスするだけで簡単にWeb会議やテレビ会議ができるサービスです。
パソコン、カメラ、マイクを用意するだけで、あとは無料で使用できます。
アプリやソフトウェアのインストールなどは不要です。
無料版でも画面共有、スケジュール管理、チャット、ファイル転送、ファイルビュー、ホワイトボード、ノートなどの会議に必要な機能が揃っています。
また有償版にすることで多人数会議や会議の録画、セキュリティ強化などを行えます。

さまざまな利用シーンを想定

・在宅勤務
在宅やテレワークなどの働き方を選択した方も、V-SESSIONを使えば顔を見ながら打ち合わせや会議などを行えます。

・緊急時の連絡
災害や交通機関のトラブルで出社できないなど、緊急時の利用にも便利です。

セキュリティ面でも安心

会議中の音声・映像・テキストデータなどは、P2P通信で実現されており、全て暗号化されています。
またこれらのデータはサーバーに保存されることはありません。
参加メンバーがオンラインの時のみ利用可能なので、ビジネスの利用でも安心です。
また有償プランを利用すればIPアクセス制御機能がついており、特定拠点のみからしかアクセスできないように設定可能です。
またファイル転送の制限やログの閲覧なども可能になります。


まとめ

Web会議は、いつでも、どこでも、誰でも使用できるのがメリットです。
通常の会議のように同じ場所に集まらなくても会議できるので、時間やコストの削減にも繋がります。
画面共有もできるので、リアル会議と変わらない感覚で使用できます。
登録やインストールが不要なものも多いので、さまざまなビジネスシーンで利用可能です。
無料で使用できるものも多いので、ぜひビジネスに役立ててみてはいかがでしょうか。