sample05

サーバー型とASP(クラウド)型の違いと選び方

サーバー型WEB会議のメリット・デメリット

いざWEB会議システムを導入しようとなると、サーバー型とASP型(クラウド)、いずれかの選択が必要になります。

サーバー型は、専用のサーバーを自社で導入し、必要なソフトウェアをインストールするシステム形態です。そのため、導入時にサーバー購入などの初期費用がかかります。自社のサーバーですから、毎月のサービス使用料はかかりません。

専用のサーバーを使用してWEB会議を開催することになるため、混雑の状況に左右されることなくいつでも高品質な会議を行えるメリットがあります。

また、外部ネットワークからの影響を受ける心配が少ないため、セキュリティ面でも安心、安定性にも優れているのが魅力です。

ASP型WEB会議のメリット・デメリット

「ASP」とは「Application Service Provider」の略で、ASP型はメーカーやクラウド業者からサーバーを借りるあるいはサービスだけを借りるシステム形態となります。借りるわけですから、毎月サービス利用料を支払う必要があります。

また、複数の企業でサーバーを共有するため、サーバー型に比べると安定性が劣ることになります。サービス提供者のシステムに依存することになるので、セキュリティ対策がしっかりしている会社を選ぶことが重要となります。

メリットとしては、初期費用が安く済むため、気軽に始められることが挙げられます。また、WEBブラウザの動作するパソコンとインターネット回線があれば、いつでもすぐに利用できるという点も魅力です。

サーバー型? ASP型? WEB会議の選び方

メリット・デメリット

サーバー型とASP型には、それぞれにメリット・デメリットがあるので、一概にどちらが良いか、優れているかということはいえません。
用途や利用時のニーズによっても選び方は変わってくるのです。大切なのは、それぞれ何を第一に考えるか、という点でしょう。

コスト、セキュリティ、利便性、機能性といった4つの項目を柱にして、どちらのタイプがより自社に合っているか比較して選択することをお薦めします。

banner728×200

WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!