Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > WEB会議システムを徹底比較 > テレビ会議より断然安い?ウェブ会議の平均的な価格を紹介
pixta_40395237_M

テレビ会議より断然安い?ウェブ会議の平均的な価格を紹介

ウェブ会議ってどんなツール?

ウェブ会議は遠隔地間をインターネットを使って結び、リアルタイムで映像や音声をやり取りするツールになります。会議は複数の人を同一の場所に集め、議題を設定して、お互いに話し合う場です。ウェブ会議はその場を人の移動を伴わずに提供できる点で便利なツールと認識されています。ウェブ会議では個々人がどこにいるかに関わりなく会議を開くことが可能です。 国内国外に関係なくです。

また、人の移動が伴わないため、人の移動にかかるコストも節約できます。移動するための交通費だけはなく、移動時間も削減可能です。さらに、人と人とのコミュニケーションでは言語以外のコミュニケーションも重要な要素になります。同じ遠隔地間でのコミュニケーションツールである電話やメールでは、言語以外の情報を伝えることは難しいものです。

その点映像や音声をやりとりできるウェブ会議は、お互いの表情や声のトーンなど、電話やメールでは得られない情報を発信・受信しながら話し合うことができます。通常の会議と遜色ない話し合いが可能です。またファイルやデスクトップ画面の共有、チャット機能などが搭載されていることも特徴として挙げられます。

ウェブ会議とテレビ会議の違いは?

ウェブ会議とテレビ会議はどちらも遠隔地間を結んで会議するためのツールですが、まず使用する機器が違います。テレビ会議では通常、特定の部屋にカメラなどの専用設備を設置し、専用回線で運用します。専用回線や専用機器を設置しているため、安定した映像や音声で会議を進行することができます。

一方、ウェブ会議では通常専用の機器を必要とせず、個人のパソコンやタブレット、スマートフォンなどの情報端末さえあれば運用可能です。また通信は専用の回線ではなく、インターネットを通じて行うため、インターネットがつながる環境であればどこからでも会議に参加できます。自分のデスクからでも、出張先からでも、自宅に居ながらでもです。

テレビ会議では、結局従来の会議と同様に同じ場所に集まってグループ間での遠隔会議となり、個々人のデスクから会議に参加することはできません。インターネットを使用しているという点で音声や映像の品質が、専用回線を使うテレビ電話より劣るのではないかと心配な人もいるかもしれません。

しかし国内においては高速インターネット通信環境が整い、情報端末も進化していることから、ウェブ会議でも十分な品質を確保しながら映像や音声の通信が可能となっています。そしてテレビ会議にはない機能もウェブ会議にはあります。ファイルやパソコン画面の共有機能などが挙げられます。ほとんどの職種でパソコンが導入されている中で、自分のパソコン画面を直接見てもらったり、または遠隔地にいる同僚に操作してもらいながら会議できれば、より効率的で密度の濃い会議や打ち合わせが可能です。

ウェブ会議の平均なコストは?

ウェブ会議はテレビ会議と比べて運用コストが安くなります。まずウェブ会議では個々人の普段使っているパソコンやタブレットなどを使用するため、テレビ会議のような専用機器を改めて準備する必要がありません。また、デスクに居ながらにして個人が会議に参加できるため、テレビ会議で必要な常設場所を確保することも不要です。専用回線を用意するコストもかかりません。

普段使っている機器や設備だけで運用できる点でウェブ会議はコスト面でテレビ会議より有利です。それでは具体的にどの程度のコストがかかるのでしょうか。ウェブ会議を運用する際にかかる費用は、月額利用料と初期費用とに分けられます。初期費用が高ければ月額費用が高い傾向にあります。

ウェブ会議サービスを提供する3社をピックアップし、契約クライアント数を5クライアントとした場合の費用を紹介します。初期費用は21,479円から45,000円までの幅があります。また月額利用料は、定額プランで44,900円から52,890円の間です。以上からweb会議を導入した際の初年度と次年度以降の平均費用を計算すると、初年度の費用は約79,800円、次年度以降は約47,600円となります。

コストも導入も手軽で便利なウェブ会議!

ウェブ会議は人が移動する必要がなく、個人がどこにいようと、インターネットに接続できればすぐに会議が開けるため大変便利なツールです。映像と音声のやりとりができることから、通常の会議と同じ臨場感で話し合いができます。ウェブ会議を導入する際には専用機器を特別準備する必要もなく手軽に導入が可能です。

また、テレビ会議に比べて運用費用が安価で、便利な機能も搭載されています。これまで会議を開くのにスケジュール調整に悩まされているなどがあれば、コストも導入も手軽にできるウェブ会議の導入を一度検討してみてはいかかでしょうか。

評判の良いWeb会議システムには理由がある!

評判のいいweb会議システム評判

Web会議の効果とコスト

パソコンとインターネット接続環境が整っていれば利用できるのがWeb会議です。テレビ会議と違うのは、より少ない人数、そして1対複数人で行う会議に向いている点です。出張せずともミーティングが出来る事から費用削減。そして、時間と場所を選ぶ必要も無く、移動時間が無くなるので、業務効率が改善し労働生産性の向上につながります。

Web会議システムには、有料版と無料版があります。無料版は、機能が少なく音声が切れるなど、ビジネスシーンには向いていないのですが、専用アプリを使えばビデオチャットという方法で海外の取引先ともコミュニケーションが可能です。

一方、有料版は操作を簡単に始められるシステムが多く、また便利な機能が付いていて運営会社からのサポートも受けられる事が特徴です。無料版であればコストはゼロですが、業務を円滑に進める事と情報漏れのリスクを考えて、有料版を利用する企業が多いです。

Web会議を無料で出来るアプリ

無料で出来るWeb会議には、アプリルーム名を決めるだけで、8人までが参加可能なappear.inがあります。また、小規模なオフィスで利用されているのがGoogle hangoutで10人まで参加が可能です。その他にもZoomは指定のURLを共有して最大50人まで使用可能。これらのアプリは、画面を共有して気軽に意思疎通を図るのに適しています。

人気のWeb会議システム

世界で一番利用されているWeb会議システムがWebExで、高画質のビデオを30フレームに分割する事が可能です。ホワイトボード機能を使えば、意見の集約にも役立ち、遠隔地から会議に参加しているメンバーもその場に居るような一体感が持てます、SSL暗号化が施されていてセキュリティーも保たれますし、サポート体制も充実。初期費用は、21,479円からです。

また、Ready Castは、WebExに拡張機能を追加したバージョンです。解像度が更に高くなっているので、臨場感の高い通話が可能になり、コミュニケーションがより活発になる効果があります。画面上のレイアウトを柔軟に変更できる12言語対応のインターフェースを使用しているので、共有する資料がとても見やすい等使用感が向上しています。

高品質な音声は、テレビ会議レベルです。初期費用はゼロですし、使用分だけを支払う従量課金制。セキュリティーはWebEx同様にSSL暗号化です。

その他にも、V-cubeは国内シェア第1のWeb会議システムです。評判が良い理由は、パソコンにビルトインされているFlash Playerを利用しているため、ソフトの購入が必要ない事です。文字のチャット機能が付いているので、簡単な会話ならSNS感覚で利用できます。

初期費用は45,000円で、映像を撮るためのウェブカメラと音声を拾うマイクが必要なため、その分も初期費用ですが利用人数は無制限です。

テレワークを導入すれば、ペーバーレスになるので、オフィスコストを削減できます。そして、従業員の離職があった場合、人員補充の採用・教育コスト等も減らせるので、経営効率化の改善に役立ち事から、労働生産性を上げられます。

また、会議を効果的にできるWeb会議システムを利用すれば、双方向のやり取りが瞬時に行えますし、情報も参加者全員で共有が可能です。電話とメールだけでは分からない相手の表情や感情も高画質画面で見られるので、良質なコミュニケーションが保たれます。

評判のWeb会議システムを運営している会社は無料トライアルを提供していますので、まずは試してみると、その有効性と利便性を理解できるでしょう。

テレビ会議システム導入コスト

テレビ会議導入!その前に使い始める時にかかる費用

テレビ会議、Web会議の利用は、基本的には初期費用とサーバー開設用といった費用が最初にかかり、それから月額利用料が発生していきます。 製品の値段やメーカーが設定している金額によって大きく異なるので、コストを重視して選ぶ際には慎重に選ぶのがポイントです。
コストを最重要視するのも良いですが、参加できる最大接続数や、最大接続時間、購入後のサポートの内容などについても確認をして、比較をしながら検討をするのがお勧めです。
費用対効果はどうか、目的に合致しているサービスかどうかを第一に踏まえて検討をするのがベストかと思われます。

「サーバー導入型」にかかる費用

実際に、弊社のサーバー型のテレビ会議・Web会議システムFresh Voiceの導入費用をご紹介いたします。 サーバー型であるため、月額使用料の支払いがない代わりに、設置するサーバーを買い取っていただく必要があります。 したがって、初期費用としてある程度の額が必要になってきてしまいます。
そこで、Fresh Voiceにはサーバー型でも初期費用を抑えられるよう、分割で支払うレンタル方式もご用意いたしました。 レンタル方式だと後述するASP方式とほぼ変わらない月額使用料で、テレビ会議・Web会議システムをご利用いただけます。
具体的な費用は、買取プランが160万円(V5 10ID)から、レンタルプランが初期費用20万円で、月額料金が6万円(V5 10ID)となっています。
また、買い取りプラン、レンタルプラン共に、導入後はサーバーの専任の管理者が必要になり、システムのバージョンアップの際にはサーバーのソフトウェアを更新したりといった維持作業の必要が出てきます。 もちろん、こういった維持作業の代行サービスもご用意いたしておりますので、社内での管理が難しいという場合でも安心してご利用いただけます。

「ASP型」にかかる費用

ASP型のFresh Voiceは非常に低コストで導入出来る点が一番のメリットであるサービスです。 インターネット接続が済んだパソコンへソフトをインストールするだけで、簡単にテレビ会議・Web会議が導入できます。
ご利用には月ごとの月額利用料をお支払いいただくため、サーバー型よりも初期費用がぐっと抑えられます。 当然、サーバーのような高価な機材、システムを購入する必要は無く、パソコン、タブレット、スマートフォンといったインターネット接続が済んだ機器があれば、ほぼ全てのオフィスでテレビ会議・Web会議が問題なく導入できます。
ご利用には月ごとの月額利用料をお支払いいただくため、サーバー型よりも初期費用がぐっと抑えられます。 当然、サーバーのような高価な機材、システムを購入する必要は無く、パソコン、タブレット、スマートフォンといったインターネット接続が済んだ機器があれば、ほぼ全てのオフィスでテレビ会議・Web会議が問題なく導入できます。
ASP型の具体的な金額は初期費用が4万円、月額利用料が2万円 (V5 5ID)からとなっています。 システムのバージョンアップなどは自動で行われるため、維持作業、費用は一切かかりません。

コストパフォーマンスに優れたテレビ会議システムはこちら

注:V-cubeの記載に一部訂正がありました。

banner728×200Web会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!