お電話で問合わせ
Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > WEB会議システムの選び方 > ネット会議、音声の途切れや遅れはなぜ起きる?自分でトラブルを解消したい!
pixta_35478870_S

ネット会議、音声の途切れや遅れはなぜ起きる?自分でトラブルを解消したい!

ネット会議中に起きやすい音声トラブルの事例と解決方法

一口にネット会議での音声トラブルといってもいくつかの種類があって、その中でも比較的多いとされる物の一つが音が出なかったり届かないという事例です。こちらは最初から音が出ない場合もあれば途中で突然聞こえなくなるといったケースもあります。 このトラブルの解決方法にはいくつかの考えられる方法がありますが、まず基本となるのがボリュームコントロールの確認です。

パソコンやタブレットを含めた大半の通信機器にはボリュームコントロールと同時にミュートボタンが備え付けられています。家庭用のテレビと同様にミュートの状態では当然音声は全く出ないので相手の声を聞くことはできません。途中から聞こえなくなるといったケースでは、会議中の操作で誤ってミュートボタンを押してしまっているなどがあります。

そのため、音声が聞こえなくなったらまずはこの確認が基本です。 そのほかにも、コネクターとの接続の不安定さや音声デバイスの認識不可という原因も考えられます。接続部分のトラブルは電子機器ではよくあるミスです。自分ではしっかりと行なっているつもりも正しく接続がされていないこともあるので、再度チェックをしてみることで解決する場合もあります。

ネット会議の音声トラブルで声のボリュームと同様に多い事例がエコーやハウリングです。ハウリングとはスピーカーなどから発せられる電子信号で「キーン」「ブーン」など日常的にスピーカーを使っている人であれば一度は耳にした経験があるかもしれません。このトラブルはスピーカーから発せられる音声をマイクが拾ってしまうのが主な原因とされています。

問題を解決するにはまずどの位置でハウリングが発生しているかについて調べることが大切です。最も簡単な方法は、会議で使用している全てのパソコンの音声をミュートの状態にして一つひとつ解除していくやり方になります。一台ごとにハウリングの有無を確認していけば確実に原因となる場所の特定が可能です。

無事に発見できたら次にマイクとスピーカーの両方の音声の調整を行ないます。使用しているパソコンによって若干場所は異なりますが、たいていの機器はコンピューターやスピーカーのアイコンをクリックすれば調整画面が開けるのでそれほど難しい作業ではありません。そして忘れてはいけないのが双方の位置関係です。前述したようにハウリングはスピーカーの音をマイクが拾ってしまうのがトラブルの原因なので距離を離すなどの対処も必要になります。

そのほかの意外な解決方法が場所そのものを変えてみるという手段です。普段当たり前のように使っていてもスピーカーやマイクには利用に適した場所と不向きな場所があることを知らない人は少なくありません。実際に何らかの理由でいつもと違う場所で会議を行なったがためにハウリングが発生したという事例もあります。壁に使われている材質なども影響を及ぼすことがあるため、もし場所を変えて会議をするのであればこれらの点に注意が必要です。

個人の力で解決が難しいと感じた時は専門家のサポートも検討が必要

会議中に起こる考えられる音声トラブルはいくつかありますが、ちょっとした設定や操作のミスが原因の場合が多く、再度の確認や調整のやり直しで解決するケースは少なくありません。しかし、中にはこれらの対応では解決できないこともあって、そういった時は専門家によるサポートを検討する必要があります。

そのため、ネット会議に使うシステムを選ぶ時はサポート体制の充実も比較検討の重要なポイントです。数あるシステムの中でも高い信頼と実績で人気となっているのがFreshVoiceになります。こちらはハウリングの解決に役立つエコーキャンセラーを始め、便利な機能と共に安心のサポートを受けられるのが魅力です。これから利用を検討している人はhttps://www.freshvoice.net/のホームページで詳しく確認ができます。