お電話で問合わせ
Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > WEB会議システムの選び方 > どうやって選ぶ?失敗しないWeb会議システムの選び方
pixta_12611288_S

どうやって選ぶ?失敗しないWeb会議システムの選び方

多拠点でWeb会議をするならフレッシュボイスを選ぼう

Web会議システムで重要なのは、一度に何拠点でWeb会議をするのかということです。複数の拠点でWeb会議をする予定があるなら、多拠点Web会議に強いものを選びましょう。 多拠点に対応したWeb会議システムには「フレッシュボイス」があります。
https://www.freshvoice.net/

本店と支店間、海外拠点など50拠点までに対応しているweb会議システムで、専用機を使わないので新しく拠点を追加しようという時にも安く簡単に増設できます。パソコンなどすでにお持ちの端末を活用し、低コストで導入・運用が可能です。 専用機じゃないと画質や音質に問題があるのでは、と心配になるかもしれませんが、その辺も抜かりないのでご安心ください。

フレッシュボイスでは専用機以上のクオリティを実現し、画質はブルーレイ並み、音質はCD並みと高画質・高音質となっています。拠点が4千km離れた場所にあっても、まるでその場で会議しているような感覚でのWeb会議が可能です。

さらに、使い方も電話のように簡単で、マニュアルがなくても誰でも3クリックでWeb会議を始められます。強制呼び出しができるので参加するだけならクリックすら必要なく、パソコンなどの扱いに慣れていない人でも難なく参加できるでしょう。

1対1でWeb会議をするならSkypeで気軽に始めよう

Web会議をする相手はいつでも一人という場合は、手軽に始められるSkypeも使えます。 Skypeはインターネットを介して電話やビデオ通話、チャットを行えるソフトウェアです。インターネット環境があれば、どんなに離れた場所にいる相手とでも会話できます。その上、何分話していても無料なので、プライベートはもちろんビジネスシーンで活用する人も増えてきました。

1対1で決まった相手とWeb会議をする場合、両方のパソコンまたはスマートフォンなどに無料のソフトウェアをインストールするだけで使えます。パソコンの場合はヘッドセットも用意してください。

有料にはなりますがSkypeで固定電話や携帯電話に電話をかけることも可能です。相手がskypeのアカウントを持っていない場合でも、低コストで通話ができます。こういった手軽さが人気で、通信費削減にもなるためビジネスシーンでも有効活用しようという動きがあるんですね。

ですが、ビジネスで使うなら品質はWeb会議専用のシステムには及ばないということを覚えておいてください。音質や音切れが起こる可能性があること、情報共有機能がないこと、セキュリティ対策が万全とは言えないことなど留意が必要です。

また、skypeは参加人数が増えるほど音が途切れたり音質が悪くなったりする傾向にあるので、途中で拠点を追加する可能性があるなら最初から多拠点web会議システムを導入すると良いでしょう。

まとめ

たくさんあるWeb会議システムも、複数の拠点で利用したいのか1対1で利用したいのかがハッキリしていれば、一気に選択肢を絞れます。どれを選んでいいのか悩んでいるなら、まずはどういった用途で利用するつもりなのか考えてみてください。 多拠点でWeb会議をする予定があるなら多拠点Web会議に対応した「フレッシュボイス」を、1対1でのWeb会議しかしないなら無料で手軽に利用できるskypeが良いでしょう。

ただし、skypeは品質の問題があったり、参加人数が増えると音質が悪くなることもあるので多拠点でのWeb会議にはあまり向いていません。 それぞれの特徴や向き不向きをしっかり把握して、Web会議システム選びで失敗しないようにしましょう。