お電話で問合わせ
Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > WEB会議システムの選び方 > 「テレビ会議・Web会議をSaaSで」て何のこと?導入形態について詳しく解説します。
pixta_39955409_M

「テレビ会議・Web会議をSaaSで」て何のこと?導入形態について詳しく解説します。

クラウド型とオンプレミス型、どちらを選ぶ?

テレビ会議・Web会議の導入形態には基本的に2種類あります。1つがクラウド型で、もう1つがオンプレミス型です。 クラウド型というのは、サービスを提供しているベンダーが用意した外部サーバーに接続して、システムを利用する形です。一般的に、初期費用が比較的安く済みます。

また、サーバーのメンテンナスなどを行う必要もないため、システムにあまり詳しくない企業や予算が限られている企業にとっては、導入までのハードルが低いというメリットがあります。その一方では、サーバーを借りる形となるため、接続が安定しない可能性もあります。

また、クラウド型は初期費用こそ安いものの、従量課金制で使った分だけ支払う形が基本ですので、頻繁に使った場合にはかえって料金が高くなることもあります。 オンプレミス型は、サーバーを自社内に組み込んで使用するシステムです。外部に接続しないので、セキュリティ面での安心感があります。また、ある程度自社に合う形にカスタマイズして使うこともできるのがメリットです。

しかし、自社システムにサーバーを組み込む形は、クラウド型と比べて初期費用が高くなりがちです。また、システムに障害が発生した時に、すぐにベンダーに対応してもらえるかどうかという懸念材料がありますが、この点に関しては、サポート体制がしっかりしたベンダーを選ぶことで解決ができます。

SaaSって何のこと?

クラウド型のシステムを検討する際には、「SaaS」に対応しているかどうかも確認しておきましょう。 「SaaS」というのは「Software as a Service」の略で、「サース」と読みます。テレビ会議・Web会議システムのソフトウェアの中で、ユーザーが必要とする機能だけをインターネットを通じて提供するサービス型ソフトウェアの形態をとります。

通常のソフトウェアは、どのような場面やユーザーにも対応ができるように、さまざまな機能が組み込まれています。しかし、その機能を全て使うかというとそうではなく、ユーザーによっては全く使わない機能も出てくるでしょう。そうした場合に、全ての機能を含めた利用料金を支払うのはユーザーにとって無駄が生じてしまいますし、サーバーやネットワーク帯域なども余分に消費します。

SaaSは、ユーザーが自由にカスタマイズできないという従来のクラウド型システムの難点を、必要な機能だけを提供することで解決するものと言えます。

クラウドに関する用語について解説!

ITに関連する用語の中には、違いが分かりづらいものがあります。ここからはそのような言葉の意味についていくつか解説します。 まずは「クラウド」についておさらいです。クラウドはもともと、モヤモヤとした実態のないインターネットの世界を雲(クラウド)に例えて表現したものです。

現在ではインターネット経由で提供されるサービス全般のことをクラウドと呼ぶようになっています。従来からあるパッケージソフトとの違いで説明すると、パッケージソフトは最初にライセンス料を支払って自社サーバーへアプリケーションをインストールし、使用します。

クラウドは、ベンダーが管理・提供しているサービスにインターネットを通じてアクセスし、利用料を払って使用します。 次に「SaaS」です。SaaSは、提供されている内容によってクラウドを分類したうちの1つです。前項にも述べたように「Software as a Service」の略で、サービスを提供するソフトウェアを指します。

ちなみに、クラウドの他の分類には「IaaS」と「PaaS」があり、それぞれ、「開発を行うためのインフラ」と、「システム構築のための基盤」を提供しているクラウドを指します。 最後に「ASP」です。ASPは1998年頃から登場した、SaaSの前身とも言えるものです。

「Application Service Provider」の略で、アプリケーションサービス提供者を意味します。つまり、ASPとSaaSは同じものです。ASPは当時、高速インターネット環境の未整備やセキュリティへの不安などの理由から、普及することなく衰退していきました。しかし現在、それらを克服して注目を集めているのがSaaSということになります。