Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > WEB会議のカメラ・マイクスピーカー > 高品質なビデオ会議、決め手は高画質・高音質だった!
pixta_29994330_M

高品質なビデオ会議、決め手は高画質・高音質だった!

テレビ会議システムとWeb会議システム

ビデオ会議は遠隔地までの移動の時間や手間を節約し、費用を削減してくれる便利なシステムです。品質の良いシステムを導入することで、大人数の会議にも対応できます。

ビデオ会議システムには、テレビ会議システムとWeb会議システムの2種類があります。基本的な仕組みは同じですが、テレビ会議では専用線・専用端末の設置が必要です。Web会議はネット環境とパソコンなどの端末・マイク・スピーカーがあれば可能です。マイクやスピーカーは端末に内蔵されているので、外付けする必要はありません。 テレビ会議の最も大きなメリットは、通信の高い安定性で、画質や音質が優れていることです。その為、ストレスを感じにくく長時間の会議でも疲れにくくなります。会議の途中で不都合が起きると困る、というような大切な取引先との会議などに適しています。システム導入後にかかる費用は、保守費用だけです。デメリットとしてはテレビ会議専用の部屋が必要になり、システムの導入に費用がかかることが挙げられます。 一定の期間が過ぎれば、システムの買い替えが必要になります。また、拠点に集まって会議をする為、スケジュールの調整もしなければなりません。テレビ会議システムは十分な設備投資が可能な会社向けです。 Web会議の最も大きなメリットは、手軽に利用できることです。参加者のスケジュール調整も不要です。専用のソフトも必要がなく、ITが苦手な参加者にも使いやすくなっています。資料の共有がしやすく、ビデオに撮っておけば、あとから議事録を作るのも容易です。 デメリットは、インターネットの接続環境の影響を受ける為、画質や音声が不安定になりがちであることと、利用料金を毎月払い続けるため、長期間の使用ではテレビ会議システムよりも割高になるケースが多いことです。どちらのシステムにもメリット・デメリットがあるので、会社の状況や目的に合わせて選ぶことが大切です。

Web会議システムを選ぶポイント

ビデオ会議で重要なのは、画像や音声が高品質であることです。その点では、テレビ会議が優れていますが、現在では高品質なWeb会議システムも多数存在します。画像・音声それぞれのチェックポイントをご紹介します。 画像品質に関して、まずは解像度があります。単位はピクセルで数値が大きいほどクリアな画像となります。

製品によって64×80~2048×1536まで選べます。次に、フレームレートです。1秒間に何回フレーム表示されるかを示しfpsと表示されます。数値が大きいほど画像が滑らかです。 画像の表示の仕方には、インターレース方式とプログレッシブ方式があり、プログレッシブ方式の方が高画質ですが、Web会議ではインターレース方式が一般的です。帯域は平均値としては解像度×フレームレートで表すことができます。以上の4つの水準が画像の品質を決定します。 音声の品質は、マイクが拾うノイズの制御ができているか。スピーカーから出ている音をマイクが拾わないようにするエコー制御ができているか。声が大きい時や小さい時に、自動的に出力制御ができているか。ミキシングで、重なった音がつぶれないように制御できているか。音声の遅延や途切れを防ぐ、ジッターバッファのサイズは十分か、を見る必要があります。 各製品のホームページでチェックできますが、もしも記載されていなければ、手間を惜しまず資料請求してみましょう。Web会議システムでも十分な高品質を得られることが分かるはずです。画質や音質が理由でWeb会議ではなくテレビ会議を検討している方も、Web会議システムを視野に入れてみてはいかがでしょうか? 参考:https://www.freshvoice.net/basic/compare_web_meeting/point4/  

高品質なビデオ会議システムはここが違う!

ビデオ会議は、システムの品質によって成果が左右されるところがあります。 せっかく、コストを削減してさらには生産性も高めようと思ってビデオ会議を導入したのに、映像や音声の品質が悪く、使い物にならない、なんてことも起こります。 高品質なビデオ会議システムは、どんな特徴があるのでしょうか。

映像の品質は回線の太さに依存する

あまり知られていないことですが、ビデオ会議の映像品質は、回線の太さや安定性に依存しています。 その証拠に、回線が安定していない中国とのビデオ会議の場合は、こちらの映像の品質まで乱れがちです。 よって、映像の品質を高めようと思ったら、まずは回線が安定しなければならないのです。 とはいえ、回線が安定するということはその国のインフラ力にも依存するため、とても難しいことですよね。 そんなときは、映像よりも音声で話すようにしてください。 どうしても相手の回線が不安定で映像をが乱れるのであれば、映像はあくまで共通理解の参考として、音声を重視するという方法があります。

音声の品質はマイクの位置にも比例する

その音声は、マイクの位置にも関係しています。 マイクが口元から2センチ程度離れているか確認してください。 あまりに近すぎても、口のペチャクチャという音を拾ってしまいますし、また鼻息などが紛れ込むことがあります。 そうなっては会議に集中できませんよね。 こうした自分でできるチェックポイントも重視しながらビデオ会議を進めていく必要があります。

高品質なビデオ会議はまず音声から

そしてそうした自分なりの使い方の工夫の他に、根本的に高品質なビデオ会議を使うという方法が考えられます。 音声にアドバンテージを持つシステムを使えば、会議の満足度は高くなります。よって、まずは音声を重視すると良いでしょう。音声に優れた製品としては、フレッシュボイスがあります。こちらおすすめです。 banner728×200WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!

エクセル比較表ダウンロード

【Web会議システム比較表】 エクセルの比較表だから今すぐ使えます
テレビ会議・Web会議システムの新規導入、リプレイス検討に役立つWeb会議システムを比較したエクセル比較表をダウンロードできます。部署内での共有でも役立ちます。

関連コンテンツ

  • Web会議を横展開!タブレットやスマートフォンでもWeb会議

    Web会議に参加できるのは、パソコンからだけではありません。タブレットやスマートフォンからでも、Web会議に参加できるのです。これが可能なのであれば、出先に行っている重要な役割を持っているスタッフに、臨時で出先から10分だけWeb会議に参加してもらうなどの会議運営が可能となります。

  • Web会議とは? オンラインセミナーでも大活躍!

    Web会議を活用してオンラインセミナーを開催すれば、日本全国の人を対象にセミナーが開催出来るため、非常に強い集客力があり、オンラインセミナーで主催するセミナーは増加しています。

  • Web会議システム、あなたへのおすすめは無料なのか有料なのか。比較して徹底解説!

    インターネットで複数の拠点を接続するWeb会議システムには、無料版が存在します。有料版と比較し、どのようなシーンで使用できるか、おすすめポイントを紹介します。

  • テレワークの求人状況は?在宅で正社員雇用はありえる?

    テレワークを利用すれば、在宅や出先でも働くことができます。 世の中、正社員としてバリバリ働きたいという人ばかりではなく、在宅でしか仕事ができないけれど、スキルややる気をこのままにしたくないという人も大勢います。ではテレワークの求人状況はどのようなものなのでしょうか。

  • スタバにMacbookで仕事のノマドワーカー!Web会議ならMacも対応

    ノマドワーカーという言葉をご存知ですか?ノートパソコンなどの端末を使い、カフェやコワーキングスペースなどを利用して仕事をする人たちの事です。そんなノマドワーカーの方に非常に利用されているツールがWeb会議システムです。Web会議システムがあれば、場所を問わず打ち合わせに参加できる為、欠かせないツールなのです!

  • 下着・靴下などの衣料メーカーの内部でも!リプレースにWeb会議

    下着や靴下などの若者向けウェアを扱う衣料メーカーでも、内部でWeb会議が使われています。下着や靴下などの若者向けウェアは、若者の感性を取り込まなくてはなりません。そのため、若者に集まってもらい、座談会を開いて、様子をWeb会議で開発部がチェックするというような使い方ができます。