pixta_38379860_M

Web会議に最適なカメラ3選

昨今では、インターネットを通じて会議を行うWeb会議が一般的になりつつあります。
オフィスのデスクや出張先からWeb会議に参加する機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。

そして、Web会議に参加するにあたってぜひ用意したい周辺機器がカメラです。
パソコンに内蔵されているカメラを使用することもできますが、外付けのカメラがあれば映像がよりクリアになるため、効率的で生産性の高いWeb会議につながるといえるでしょう。
そこで、ここではWeb会議に最適なパソコン用カメラを3つご紹介します。
使いやすい高性能なカメラを探しているという方は、ぜひ参考にしてください。


HD WEBCAM C615N【ロジクール】

c615-portable-hd-webcam-refresh ロジクールはコンピュータ周辺機器をはじめとしたデジタルデバイスの開発を行っている企業であり、Web会議で使えるパソコン用カメラにも多くのラインナップがあります。
そして、その中でもとくにおすすめしたいのが「HD WEBCAM C615N」です。

HD WEBCAM C615Nの大きな特徴の1つが、優れた高速オートフォーカス機能です。
ユーザーが物やドキュメントを画面に映した場合でも、常にクリアな映像をキープできます。
スムーズに情報共有ができるため、相手にとってストレスになりにくいといえるでしょう。

また、内蔵されているノイズリダクションマイクによってクリアな音声を実現しました。
ノイズの多い騒がしい場所からWeb会議に参加しなければいけない場合でも、自分の声をクリアに相手に伝えることができます。
そのため、聞き取りにくさによって相手が話の内容を誤解してしまう心配がありません。

さらに、HD WEBCAM C615Nは折り畳めるポータブルデザインのためかさばらず、いつでもバッグに入れて簡単に持ち歩くことができます。
出張先や営業先からWeb会議に参加することが多いという方にとっては、とくに重宝するといえるのではないでしょうか。


BSWHD06MBK【バッファロー】

スクリーンショット (29) バッファローは愛知県に本社を置くパソコン周辺機器メーカーで、パソコン用メモリやストレジ、ネットワーク、マウス、キーボードなど、幅広い製品を販売しています。
そして、そんなバッファローのパソコン用カメラでWeb会議に適しているといえるのは「BSWHD06MBK」です。

BSWHD06MBKは、USBコネクターをパソコンにつなぐだけでドライバーが自動インストールされます。
そのため、手間のかかるインストール作業をしなくてもすぐに使うことができます。
デジタルデバイスがあまり得意ではないという方でもスムーズに使用できるため、安心だといえるでしょう。

また、3Wayスタンドのため用途に合わせてカメラの設置方法を選べます。
ノートパソコンに設置できるのはもちろんのこと、液晶ディスプレイや机の上などの平面に設置することも可能です。
シチュエーションに応じた設置方法を考えてみてはいかがでしょうか。

そして、カメラに内蔵されているマイクは音を広く拾うことができます。
さらにアスペクト比が16:9なので、ワイドディスプレイに映し出すときに便利です。
複数人で同じ場所からWeb会議に参加するときに、とくに役立つカメラだといえるでしょう。


SRG-120 DU【ソニー】

スクリーンショット (27)

大会議室やホールなどで利用する場合に最適なのはPTZ(パン・チルト・ズーム)カメラの「SRG-120 DU」です。

USB3.0ビデオ出力のフルHD旋回型カメラで、パソコンと接続して高画質なWEBカメラとして使用可能です。1080/59.94p出力にも対応しており、動きのある被写体も滑らかに撮影できるほか、パン・チルト時の映像の流れも抑えることができます。

また、広角71度のワイド画角を実現した光学12倍ズームレンズを搭載しています。広い範囲を撮影することができ、狭いスペースでの撮影にも適しています。

付属の赤外線リモコンでカメラの向き・ズームなどができるので、会議中も簡単にカメラを操作できます。


まとめ

パソコンに内蔵されているカメラはあまり性能が良くないため、Web会議で不都合が起きることが少なくありません。
臨場感に乏しく相手の表情もよく見えないため、コミュニケーションにも影響が出やすいといえるでしょう。

その点、多くの機能と高い性能を併せ持つ外付けのカメラがあれば、Web会議がより有意義なものになります。
Web会議に参加する機会が多いという方は、ぜひカメラの購入を検討してみてはいかがでしょうか。