Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > Web会議とは? > Web会議とは? 効率重視の欧米企業でも顔が見えるWeb会議の効果は絶大
Businesswoman reporting to sales in a seminar against side view portrait of a male artist using computer

Web会議とは? 効率重視の欧米企業でも顔が見えるWeb会議の効果は絶大

Web会議とは? 効率重視の欧米企業でも顔が見えるWeb会議の効果は絶大

あくまで一般論ではありますが、日本企業が和を重視し上司の合意形成を大切にするのに対して、欧米企業は論理を重んじ、部下であっても自己主張していくものとされます。 では、欧米企業ではリモート会議でどんどん物事が決まり、合理性重視で顔を見なくても物事が進んでいくのでしょうか。

電話よりはるかに愛されるWeb会議

欧米企業では効率を重んじるため電話で十分な事情をわざわざあって話す必要はないと考える傾向があるのは事実です。 しかし、かといってコミュニケーションがおろそかになっているとか、私的な会話をして親睦をはからないのかというとそうでもないのです。 むしろ外資系のほうが実力主義かつボスの意向で給与や雇用継続が左右されるため、より密接なコミュニケーションを好む傾向があります。

そんな中、電話会議よりも愛されているのがWeb会議です。 Web会議なら、遠く離れたブランチのスタッフとでも、顔を見ながらコミュニケーションを取ることができるのです。 そして次に実際に対面したとき、「ああ!いつものあの人!」となって、より親しみを感じることができるようになるのです。 これはWeb会議の大きな効果です。 効率重視の欧米企業であっても、いや、だからこそ、顔を見てコミュニケーションを取ることが重要となるのです。

日本人同士ほどノンバーバルなコミュニケーションはありませんが、それでも顔を見ながら会話ができるWeb会議の効果はとても大きなものです。 欧米諸国はいくら国同士が近いとはいえ、あまり用もないのに無駄な出張をしませんので、Web会議を通じて親睦を深めることができるのはとても重要です。 欧米諸国でもWeb会議は積極的に使われており、顔を見ることでより仕事のパートナーと深いコミュニケーションを取ることができるようになるのです。効果は絶大なので、電話よりもはるかに優れています。

ヨーロッパ出張web会議

ヨーロッパに出張、多いですか!?

ヨーロッパと日本は、9時間程度時差があり距離も離れており、ビジネスで行き来するのはとても大変なものです。時差がかなりあるので体への負担が高く、移動距離も大変長いのでとても疲れてしまいます。肝心の会議の前に、非常に疲れてしまうのです。

ですが、ヨーロッパ、とくにドイツは景気がよく、空前のGDP成長率を遂げています。とくにドイツは、日本と違ってだいぶ前に、ジョブディスクリプション制度を導入し、雇用の流動性を高めました。
そして、その結果、GDPが大幅に上昇したのです。もちろん、雇用の流動性が高まるということは、マイナス面もあります。失業者が増え、社会保障費が増大するリスクがあるのです。ですが、長時間労働がなく、有給休暇の取得率が高く、休みの日も長いドイツは、日本の「働き方改革」が真似をすべきところでしょう。驚くべき労働生産性です。
ですが、ドイツとビジネスをするにあたって、営業マンや従業員の肉体的・身体的な負担はとても大きなものだといえるでしょう。

Web会議なら、ドイツともつなげられる!

日本とドイツは7時間離れています。時差が7時間もあるのです。
物理的に出張に行ってしまうと、睡眠時間等を削って7時間の時差を合わせなければなりませんが、そうでないなら、Web会議ですませてしまいませんか。

Web会議なら、たとえば東京が18時のときにドイツは11時。まだまだ会議に間に合います。
時間差を合わせて、Web会議で打ち合わせしてしまいましょう!
それならば、すぐに会議を行うことができます。
距離が離れていても、時間に差があっても、できてしまうのがWeb会議のすごいところです。
ぜひともWeb会議を日本とドイツ、ヨーロッパ諸国の支店やクライアントで導入して、会議を行ってみてください。ちゃんと顔を見ながら話すことができますので、非常におすすめの仕事術となります。

banner728×200WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!