pixta_44126989_M

サイドビジネスで消耗したくないなら、Web会議を積極利用しよう

サイドビジネスで消耗したくないなら、Web会議を積極利用しよう

今の世の中、収入を一本に頼るのはとても危険ですよね。 大企業といってもいつ倒産するかわからず、そして大企業ほど変化に弱くてなかなか人材としてマーケットで評価されづらいという側面があります。 そんなときに副業解禁の流れが来ているため、キャリア構築の一環としてサイドビジネスを検討している人もいるのではないでしょうか。

サイドビジネスと本業でマルチキャリアの構築

サイドビジネスを考える時、本業と関連が深い仕事をしてしまうと、競合してしまうため禁止、と言うケースがあります。 しかし、デザイン会社で働いてる人が、あまった時間にランディングページの作成をクラウドソーシングなどで受注し、新しいスキルを開拓することはとても良いことです。 会社員とフリーランス。働き方の問題としてよく対立項にあげられる2者ですが、マルチキャリアが最強なのではないでしょうか。

マルチキャリアを構築すれば、本業にもいい影響がでる可能性がありますし、サイドビジネスで副収入にもなります。 トータルで収入をアップさせることができるので、働き方改革で残業抑制になっていることで収入が減っている人にもおすすめです。 そもそもクリエイティブ職はこうしたサイドビジネスと相性がよく、自分のスキルで独立に近いキャリアを構築できます。 もしもフリーランスか自営業に失敗したら、また会社員に戻ればいいだけですし、何も怖いことはありません。 それより怖いことは、その会社でしか通用しないスキルのみを身につけて、中高年になってしまうことです。 終身雇用制度がいまだ残っており解雇規制が強いとはいえ、倒産してしまえばいくところはなくなります。 そんなとき、マーケットで通用するスキルを身につけているのは非常に強いのです。

Web会議でサイドビジネスしよう

サイドビジネスというと一時は怪しい情報商材や「LINEで月100万円」みたいな広告もでていますが、まっとうな仕事もたくさんあります。 そして平日忙しいので、仕事が終わってからや土日にWeb会議で打ち合わせしましょう。

サイドビジネス

まっとうなサイドビジネスにはWeb会議が欠かせない

会社員や自営業の合間にサイドビジネスを行う人が増えてきました。 いまや収入も不安定な時代で、なおかつ雇用もどうなるかわからない。 働き方改革で残業も減っている、そうしたことから給与が減少しています。

給与が減りつつある時代のカラクリ

平均所得が460万円前後と、昔に比べて給与が減っています。 私たちの稼ぎは確実に減少しているのです。 しかし、よく考えてみましょう。 これは、昔はほとんどいなかった非正規雇用の人が増えたことと関連しています。非正規が多くなったため、平均給与が下がったのです。 また、パート・アルバイトの人が増え、労働人口全体が増加しています。 中でも多いのが、定年退職した人が低賃金でアルバイトするケースで、年金や貯蓄に加えて少しで良いので現金収入がほしい、という思いから、高齢者が非正規雇用の市場に出ているのです。

そのため、見かけ上の賃金はかなり下がります。 しかし、今や空前の人手不足の時代です。 選ばなくとも、選んでも、正規雇用の仕事はあります。 また自営業やフリーランスにもチャンスが多い時代でしょう。

サイドビジネスで幅広く展開!

そんな時代の中で、サイドビジネスも伸びています。 しかし本業がある中でサイドビジネスをしようと思ったら、出張や打ち合わせなどで飛び回る余裕はありません。いかに効率よく稼ぐかが大切になります。 そのため、Web会議が必要になってきます。 まともなサイドビジネスなら、日本中、世界中を相手にビジネスすることができるでしょう。

打ち合わせにいっている暇がないため、本業の途中で、仕事の終わりに、休日に、Web会議で時間を合わせてミーティングすることができます。 インターネットを使って自由に稼ぎましょう! しかも、今は仕事があふれている時代なので、まっとうなサイドビジネスでも十分稼げます。 仕事が思いつかない場合は、まずクラウドソーシングで1,000円のタスクからはじめてみてはいかがでしょうか。

banner728×200WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!

エクセル比較表ダウンロード

【Web会議システム比較表】 エクセルの比較表だから今すぐ使えます
テレビ会議・Web会議システムの新規導入、リプレイス検討に役立つWeb会議システムを比較したエクセル比較表をダウンロードできます。部署内での共有でも役立ちます。

関連コンテンツ