Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > Web会議とは? > テレワークの求人状況は?在宅で正社員雇用はありえる?
pixta_37353239_M

テレワークの求人状況は?在宅で正社員雇用はありえる?

テレワークの求人状況は?在宅で正社員雇用はありえる?

テレワークを利用すれば、在宅や出先でも働くことができます。 世の中、正社員としてバリバリ働きたいという人ばかりではなく、在宅でしか仕事ができないけれど、スキルややる気をこのままにしたくないという人も大勢います。 ではテレワークの求人状況はどのようなものなのでしょうか。

テレワークの求人状況は、正社員がやはり多い

求人サイトなどをみてみると、最近は在宅勤務可能、という案件も増えてきました。 しかし、基本的に正社員の案件がほとんどなのですが、実際のところ正社員でテレワークを実施しようとするのに、新しい従業員を雇うのは非常に困難です。

なぜならまだ会社と従業員の信頼関係が出来上がっていないタイミングで、在宅ワーク化することは、モチベーションをロストするというリスクがあるからです。 そうなると本人にとってもよくないですし、会社にとっても損失につながります。

求人の形態としては正社員がメインになります。 これが時給制の非正規社員だと、休んでいる時間にも給与が発生してしまうため、あまりよくありません。

増えるフリーランスの求人

そこで、テレワークの求人は必然的に業務委託やフリーランスの形式が多くなります。 フリーランスなら、モチベーションは「やったらやっただけ稼げる」というものになり、仕事をするインセンティブが金銭的に働いて、やりやすくなります。 そして会社もそこまでガチガチに管理しなくとも、自発的に仕事をしてくれるフリーランスをテレワークで雇う、という形はベストなのではないでしょうか。

昔はコストカットのために使われていた業務委託ですが、双方にメリットがあり、テレワークの発展とともに、またフリーランス人口も増えてきました。 今後は1000万人以上の人が、テレワークで働くことが見通されています。 そうなれば、流動化も進むのではないでしょうか。フリーランスの求人は確実に増えています。

ワークスタイル変革

テレワーキング環境を実現するWeb会議システム

企業や団体では、インターネットを活用して、オフィス以外の場所で仕事する在宅勤務のスタイルが注目されています。
在宅勤務はスタッフの移動時間や交通費が大幅に節約でき、また社外スタッフやパート・アルバイトといった人材の活用にも貢献します。「仕事はしたいが家庭の事情や自宅と会社とが遠距離で出社が困難」という人でも業務に支障をきたすことなく働くことができます。>

しかし、効果的な在宅勤務のためには、スタッフ同士が綿密なコミュニケーションをとり、情報や目的意識を共有して責任感やモチベーションなどを高める支援システムが不可欠です。

綿密なコミュニケーションにはSNSやSkypeでは機能不足

従来の在宅勤務はライティングやデザインなどスタッフ1人ひとりが単独でこなす仕事に適したスタイルでした。しかし複数のスタッフが協力して進行する種類の業務では、打ち合わせなどのためにたびたびスタッフが直接顔合わせをする必要がありました。

SNSやSkypeを使ってインターネット上でコミュニケーションをとる方法もありますが、これらも連絡手段の1つに過ぎず、「一緒に仕事を進める」には十分な機能を提供できません。

BCP(事業継続計画)にも役立つWeb会議

このようなバーチャルオフィスの構築はBCP(事業継続計画)にも非常に役立ちます。災害やトラブルにより交通網が分断されたり、何らかの理由でオフィスに出勤することが困難になった場合でも、Web会議システムが稼働していればそれぞれのスタッフが別の場所に居ながらスムーズに連絡を取り合い、組織の情報網や指示系統機能を維持できます。

万が一の災害の際にも、互いの安否確認をして速やかに復旧作業にとりかかることができ、必要最小限の業務を継続できます。このようなBCP対策を実現するためにもWeb会議はぜひ導入しておくべきではないでしょうか。

banner728×200WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!

エクセル比較表ダウンロード

【Web会議システム比較表】 エクセルの比較表だから今すぐ使えます
テレビ会議・Web会議システムの新規導入、リプレイス検討に役立つWeb会議システムを比較したエクセル比較表をダウンロードできます。部署内での共有でも役立ちます。

関連コンテンツ