お電話で問合わせ
Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > Web会議とは? > 無駄を省いて合理的に!オーダーメイドなWeb会議システムSaaSとは?
pixta_21302765_M

無駄を省いて合理的に!オーダーメイドなWeb会議システムSaaSとは?

サースってどんなサービス?Web会議システムのSaaSとは

SaaSとは「Software as a Service」の略で、ソフトウェアの機能の中でユーザーが必要とするものだけを提供することを指します。サービス型ソフトウェアとも呼ばれていて、必要な機能をインターネットを通じて提供する形態が一般的です。 SaaSではないタイプのソフトウェアの場合、どんな場面でも対応できるよう様々な機能が組み込まれています。

しかし、機能が多ければ多いほど便利というわけではなく、ユーザーによっては使わない機能も出てきてしまいますよね? そうなると、使わない機能も含めて利用料金を払うことになりますし、余計な機能のためにサーバーやネットワーク帯域のリソースを消費してしまいます。

そういった無駄を省き、ユーザーに合わせてオーダーメイドなWeb会議システムを提供するために取り上げられたのがSaaSです。SaaSなら、欲しい機能だけを取り揃えた理想的なWeb会議システムを実現できます。

便利なものは利用したいけれどコストは少しでも下げたい、無駄なリソースを消費しない軽快で融通の利くWeb会議システムを導入したいという方は、SaaS型かどうかも視野に入れて選んでみてください。

おすすめのSaaS型Web会議システム3選

一つ目のおすすめSaaS型Web会議システムは、エイネット株式会社の「フレッシュボイス」です。多拠点Web会議システムで、セキュリティの高さと最大200拠点を同時に接続できるのが魅力です。品質はオンプレミス型並みの高画質に高音質を誇り、無料トライアルも用意されています。純国産で数多くの実績があり、誰でも簡単に3クリックでWeb会議を始められるため、初めてでも安心して導入できるでしょう。

二つ目のおすすめは、ブラザーグループの「OmniJoin」です。デスクトップ画面からofficeドキュメントなど、あらゆる資料を参加者間で共有できます。双方向での同時編集も可能で、アカウントを持たない相手もメールで招待すれば参加できるのが特徴です。導入コスト0円を謳っており、PCだけでなくスマホでも参加、開催できるので今ある端末を最大限に活用できるでしょう。

三つ目のおすすめは、ジャパンメディアシステム株式会社の「LiveOn」です。独自の技術により音声遅延や音切れを極力抑え、クリアな音声となめらかな映像でストレスフリーなWeb会議を実現しています。英語や中国語にも対応しているので、海外拠点からも安心して使えるのが魅力です。

直感的に操作できるインターフェースにこだわっており、画面の表示形式や配置を好みで変更できるため、パソコンなどに不慣れな方でも快適に操作できるでしょう。

まとめ

便利なWeb会議システムも、使わない機能がたくさんあるとわずらわしいですよね。使う機能だけが入っている方が欲しい機能がすぐに見つけられて扱いやすいでしょう。

SaaSに対応したWeb会議システムなら、オーダーメイドのように必要な機能だけを選んで利用できます。余計な機能がつかないから使いやすく、コスト面でも抑えることが可能です。

サーバーやネットワーク帯域のリソースが不安な場合でも、これなら柔軟に対応できるでしょう。 これからWeb会議システムの導入を考えている方や、他のWeb会議システムを使っているけどSaaSには対応していないという方は、ぜひSaaS対応のWeb会議システムの導入を検討してみてください。SaaSに対応したweb会議システムは数多く出ているので、それぞれの特徴をよく見て希望に沿ったものを選びましょう。