お電話で問合わせ
Web会議フレッシュボイスTOP > 提案します!Web会議入門 > Web会議とは? > 海外進出では欠かせない!テレビ会議やweb会議の果たす役割
International Communication Connection Networking Website Concept

海外進出では欠かせない!テレビ会議やweb会議の果たす役割

現代ビジネスにおいて重要度は増すばかり!

テレビ会議を取り入れたいと考える企業経営者や担当者は増加傾向にあります。背景には、ネットワーク環境の飛躍的な進歩があるといえるでしょう。また、グローバル社会の台頭により、海外の拠点やオフィスとのスピード感を持った対応も必要性が高まっていることも要因といえるのではないでしょうか。

工場の移転や海外取引先の発掘など海外に打って出ることが求められる現代では、ビジネス展開を進める上でも海外企業とのやり取りが円滑にできるようなオフィス環境の整備も欠かすことができません。高品質なテレビ会議やweb会議の重要性が高まっていることにも納得がいくところです。

朝一番でアメリカ支社との打ち合わせを行い昼間には中国工場に連絡、そして夕方以降はヨーロッパにある取引先と交渉するなどの世界を相手に仕事をしなければならない人は増えています。

しかしながら、そのやりとりが電話やメールだけによるものであれば、決してスムーズなものとはいえません。電話音声やメールだけのやりとりでは、一方通行という形になってしまいがちです。そんなリスクをなくすためにも、テレビ会議やweb会議が広く導入されるようになったのです。

それぞれのネットワークを駆使して最適な環境を実現

海外とのコミュニケーションツールとして広く普及してきたテレビ会議やweb会議ですが、一体どのような方法が良いのかと疑問に思う人もいるのではないでしょうか。ニーズの拡大傾向もあり、多くの会社がサービス提供をしていますので、その特徴や特性を見極めた上での導入をすることが必要です。ここでは、主な3つの方法について見てみましょう。

コスト重視で選択する際には、インターネットをネットワークとしたweb会議がお勧めです。このweb会議のメリットについては、費用を大幅に抑制できるということに加えて、インターネット環境さえ整っていれば、どこでも使えるという点も挙げられます。品質が安定しないというデメリットもありますが、許容範囲内という見方をする人が大勢を占めています。

とにかくハイクオリティなテレビ会議を希望する人には、専用ネットワークを駆使するタイプがお勧めです。なんといっても専用ネットワークを使うため、安定したネット環境のもとで、会議をすることができます。通信トラブルも少なく、大切な場面でのイライラ感を覚えることもありません。

加えて、端末の使い方も容易なため、ストレスを感じることもないといえそうです。一方、デメリットについては、コストが高くついてしまうことや、国によっては、導入そのものに時間がかかるという場合もあり得ます。

web会議とテレビ会議の両方をミックスさせるという方法もあります。こちらの方法を導入するには、インターネットと専用ネットワークの両方の環境を用意する必要がありますが、それぞれの良いところを取り入れることができるのが、極めて優位な点といえるのではないでしょうか。参加人数やロケーションによって使い分けることができるため、より効果的です。

まとめ

テレビ会議やweb会議を導入する企業が増えていますが、その大前提として個人情報や機密情報の保護があることもいうまでもありません。高品質なサービスを提供する企業であればあるほど、危機管理やセキュリティ対策にも神経を大きく注いでいます。

FreshVoiceが多くの企業や官公庁などに積極的に取り入れられているのも、製品自体の良質さもさることながら、情報を取り扱うユーザーにとっての安心感や信頼性の大きさに起因しているといえるでしょう。

ますますニーズが拡大することになるweb会議システムを牽引することが期待されます。白熱するテレビ会議をより良い環境で行いたい人や企業、自治体などにとって、FreshVoiceの提供するサービスはなくてはならないといえます。