pixta_38836508_M

プロキシ―サーバーとは?

企業の多くがインターネットを利用して情報のやり取りを行っていますが、重大な情報を扱う場合はセキュリティ状態を万全にする必要があります。そのために必要なのが、プロキシ―サーバーです。

プロキシ―サーバーの役割

プロキシ―サーバーと聞いてピンと来ない人もいるかもしれませんが、今では多くの企業で導入されています。企業として様々な情報を取得、発信していくためにもインターネットの存在は必要不可欠です。

インターネットにアクセスするためには社内LANが使用されていますが、そのまま使用してしまうと外部から簡単にアクセスされてしまいます。セキュリティ強化のため、多くの場合ファイアーウォールというものが導入されています。

これは外部からのアクセスやウイルスなどをほぼ完璧にブロックする壁の役割を果たすのですが、逆に壁の内側、つまり社内LANから外部へアクセスした場合も同様にブロックしてしまうのです。とても不便になっているので、ここでプロキシ―サーバーを利用します。

プロキシーには代理という意味があり、その名の通り社内LANからのアクセスをプロキシ―サーバーが代理で行い、インターネットからの返信もプロキシ―サーバーが行います。ファイアーウォールで情報の漏洩などを防ぎながら、外部から情報を取得、発信することが可能になるのです。


プロキシ―サーバーの仕組みについて

プロキシ―サーバーとは社内LANが外部とやり取りする際に機能するものですが、「ファイアーウォールでアクセスが防がれることはないのか?」と疑問に思う方がいるかもしれません。

確かに通常はファイアーウォールがあるとインターネットにアクセスできませんが、この場合インターネットにアクセスするのではなくプロキシ―サーバーにアクセスしていることになります。そのため、ファイアーウォールによってアクセスが制限されることはないのです。

しかしプロキシ―サーバーにアクセスする際は特にトラブルは起こりませんが、プロキシ―サーバーをファイアーウォールの内側に置いてしまうと、インターネットからの返信がファイアーウォールによってブロックされてしまいます。

つまりWEBへのアクセスには成功するものの、結局インターネットから返信された情報が確認できない状態になるわけです。これでは意味がないので、ファイアーウォールの外側にプロキシ―サーバーを設置する必要があります。

プロキシ―サーバーを経由することで、社内LANからインターネットにアクセスするときと同様にファイアーウォールにブロックされることなく、インターネットから発信された情報を社内LANで取得できます。


プロキシ―サーバーの機能

プロキシ―サーバーは情報のやり取りを経由するだけではなく、様々な機能も備えています。機能の内の一つに、キャッシュ機能というものが存在します。ブラウザにもある機能で、WEBサイトを閲覧した際、読み込んだ情報の一部を一時的に保存する機能です。

同じようなWEBサイトに再度アクセスした際、情報をダウンロードせずキャッシュにある情報から表示するので、素早く処理されるようになります。プロキシ―サーバーの場合はストレージでキャッシュを管理するので、ブラウザよりも膨大な容量を保存することが可能です。

キャッシュ機能だけでなく、プロキシ―サーバーにはフィルタリング機能も備わっています。社内LANを通じてやり取りされる情報はファイアーウォールが管理しますが、プロキシ―サーバーを導入するとファイアーウォールだけではブロックしきれないウイルスなどが壁の内側に侵入する可能性が出てきます。

フィルタリング機能を利用することで、プロキシ―サーバーから危険なURLへのアクセスを制限したり、外部のインターネットから受信したデータが安全なものかチェックしたりと様々な危険から機密情報などを守ることが可能です。


まとめ

現在は安全な情報だけでなく、危険性のある情報もインターネット上に多数存在しています。プロキシ―サーバーを導入することで、機密情報や個人情報などの漏洩を防ぎながら、インターネットを利用したビジネスを展開できるようになるのです。