pixta_37394962_M

帯域とは?

「帯域」は昔からある言葉ですが、特にインターネットが普及するにつれて、意味が変わってきた言葉でもあります。
元々の意味と今の意味では、どのような違いがあるのでしょうか。

本来の「帯域」は無線用語だった?

帯域とは本来、ある広がりを持った範囲の事を意味します。
一般的には無線電波の世界で「周波数帯域幅」と言うように、周波数を占有する幅の意味で使われていました。
例えばこの周波数帯域幅でAMラジオとテレビを比較すると、AMラジオは15kHz、テレビは5.57MHz(5,570kHz)です。
つまり、帯域幅が広いほど多くの情報を転送することが可能であり、テレビは音声だけでなく映像のデータも転送する必要があるため、占有する周波数帯域が広くなっています。
いわゆる「帯域が広い」状態です。
この意味が、インターネットが普及してくると、「帯域」は「通信速度」の意味で使われるようになっていき、「帯域が広い」が「高速度」と言う意味になりました。
また単位も、周波数のHz(ヘルツ)から、ビットレートのbps(bit per second)へと変わっていきました。

具体的な回線を挙げて述べると、ISDN回線では64Kbitである一方、ADSLでは10Mbit(10,000kbit)以下なのでADSLのほうが帯域が広い、と言うように使われています。
この違いは転送できる情報量にあり、ブロードバンド(広帯域)であれば、ナローバンド(狭帯域)よりも多くの情報を転送できると言うことです。
狭い道(64Kbit)と広い道(10Mbit)では、通行できる車の限界量に差があるようなものと例えるとわかりやすいかもしれません。
要は、帯域(道)が広ければ広いほど多くの情報を転送(車が通行)することができると言うことです。


ネット社会における帯域とは?

80年代後半から90年代はインターネットがここまで普及しておらず、電話回線とモデムを使用した通信が存在していました。
いわゆるパソコン通信と言うものですが、主に使用していた帯域が2,400bpsと、今では考えられないほど狭い帯域でした。
のちに回線や通信技術の向上により帯域はどんどん拡大し、インターネットが浸透し始めたころに出てきた技術がADSLです。
従来の電話回線で使用していなかった周波数帯に着目し、送信と受信で別の周波数帯を使うことで通信速度を向上、いわば帯域を広く使うことができる技術です。
このような広帯域の回線が普及するにつれ、ネット社会では様々なデータの転送要望が出てきます。
パソコン通信の頃は数値や文字だけのテキストデータだったものが、音声や画像、動画までも転送する動きになることは、ある意味当然の流れではあります。

そして光回線が一般へ普及し、インターネット全盛期となりました。
爆発的に多くの利用者がインターネットへ接続し、音声、画像、動画を容易に閲覧できるようになる時代の到来です。
さらにスマートフォンの登場により、インターネットで使用する通信網帯域はひどく逼迫した状態となってしまいます。
広い道でも通行する車が膨大であれば渋滞するのと同じようなことです。
この帯域渋滞を克服するためにコーデックなどのデータ圧縮技術が飛躍的に向上してきたのですが、それでも余りにデータ量が膨大すぎると、帯域は混雑するばかりです。
それをできるだけ防ぐために、各回線業者は帯域制御および制限を行うことで、安定通信を保っています。
この流れは携帯電話会社では顕著であり、各利用者で契約内容によってパケット通信制限量を設けているのは、ご存じのとおりです。


Web会議における帯域確保の重要性

広帯域回線の普及により、動画などの巨大なデータを転送できるようになったことは先述の通りです。
このおかげでWeb会議の概念が生まれ、品質も飛躍的に向上しています。
今や支店間で特定の場所に集まり、一同を介して会議を行う時代ではありません。
しかし、Web会議はまさにリアルタイムで動画、音声を配信するため、相当な帯域幅を使用します。
Web会議システムを提供する各社は、様々な技術を使用してできるだけ動画や音声データを圧縮、縮小して転送できるようにはしています。
しかし、遅延などのない満足できるWeb会議を行うために十分な回線帯域を準備確保することは、非常に重要なことです。