pixta_33928884_M

ポート番号とは?

ネット時代を勝ち抜くためには、サーバーやアプリケーションについての理解も必要不可欠です。
IPアドレスの基本ともいわれるポート番号も把握しなければなりません。
詳細について見てみましょう。



ネットワーク環境にとって必要不可欠な存在

ポート番号についてご存知の方も多いのではないでしょうか。
ポート番号とはいってみれば、ネットワーク全体を建物に例えていうなら、その部屋番号ということができます。
ポート番号については、ネットワーク環境を使いこなす上では、とても重要な要素であり、通信をするために必要不可欠であるため、的確な判断のもとで扱われなければなりません。
万一、間違った使い方をしてしまえば、たちまちネットワーク環境に不具合や不備が生じることにもなってしまいます。
基本的に不必要なポートは開放状態にしておくべきではないといえるでしょう。

ポート番号と一口にいっても、時代の変化とともに進化をし続けています。
ネットワークサービスが普及して間もない頃と比較した場合には、格段に進化を遂げてきました。
具体的なポート番号について興味関心があるという人もいるかもしれません。
例えば、TCP 22 : SSHやUDP 123 : NTPなどを挙げることができます。
特定のIPアドレスで公開されているサーバー上にも、ポート番号を多く見つけることが可能です。
それぞれのプロトコルに合わせての対応が必要なことはいうまでもありませんが、一般的にはHTTPというプロトコルが使用されることになります。


変化を見せるポート番号の管理

ポートは0から65535まで存在していますが、その中でも0から1023までが「ウェルノウンポート番号」といわれます。
この番号については、IANAと呼ばれる特定の団体によって管理されており、ユーザーやクライアントが勝手に変更したり加工したりすることはできません。
この点については、以前から変更がないといえるでしょう。
現在でも頻繫に使用されるポート番号であり、世界中で使われているようなサービスでも、この番号に該当するものが多くあります。
このようにポート番号は、ある意味では厳密に使われているのも特徴的な点といえるのではないでしょうか。

ちなみに1024~49151もIANAで管理しており、一般のユーザーやクライアントによる影響を受けることがないようにされています。
このポート番号では、決まったアプリケーションなどの使用時に使われるのが一般的であり、新たなアプリケーションの導入を希望する場合には、IANAの審査を受けて通過することが必要です。
このような取り組みにより、ポート番号がより身近に感じられるようになったということができます。
一定の規則やルールを踏襲しながらも、トレンドや流行りを取り入れることも重要であり、それが更なる進化につながっていくと思います。
現に49152以降のポート番号は、常に開放されており、誰でも自由に使うことが可能です。


課題をクリアすることが重要

次から次へと新しい取り組みが見られるネットワーク環境ですが、ポート番号を取り巻く環境についても決して例外ではありません。
従前と比較した場合に処理能力が圧倒的に優れているコンピューターシステムにより、アプリケーションやサーバー内におけるポートの開放が自然に行われてしまうケースも少なくありません。
万一、意図せずポートが開放されてしまえば、情報を乗っ取られてしまうことにもなりかねませんので注意が必要です。
利便性が向上したことによる皮肉な結果ともいえるのではないでしょうか。

情報漏えいや第三者による乗っ取りを防ぐための対処法や取り組みも既に始まっており、着実に成果をあげています。
「現時点でどのポートが開いているか」などの状況をタイムリーにチェックできるサーバーの開発も急ピッチで進んできました。
スタートしてから驚異的なスピード感を持って進化を遂げてきたポート番号ですが、新たな課題や懸念事項をクリアすることが求められるのも当然だと思います。
エンジニアやプログラマーたちの模索が続きます。