pixta_17457491_M

オンラインセミナーとは

インターネット社会となった現代では、ビジネスシーンにおいてもweb上での取り組みが不可欠と言っても過言ではなくなりました。効率的に仕事を進めるためのツールとして、オンラインセミナーを導入している企業も少なくありません。今回はオンラインセミナーについてそのメリットや注意点、有効な活用方法などをご紹介します。


オンラインセミナーのメリットや注意点

オンラインセミナーとはインターネット上の配信や動画を通じて会議・講義を行うシステムの事であり、多くの専門サービスが展開されています。

従来、会議や講義を開催するには会場の予約から設営・撤去など多くの手間と人件費が必要でした。しかしオンラインセミナーの場合は自社の小さな会議室からでも配信可能であり、配布用の資料はデータだけ用意すれば良いので印刷する必要がありません。

また、場所を選ばず広域なエリアに向けて配信出来るという点も大きなメリットです。主催者としては効率良く参加者を集められますし、参加者としても自分の自宅から手軽にセミナーを視聴する事が出来ます。

オンラインセミナーには「ライブ型」と「オンデマンド型」の2種類があるので、それぞれの特徴をしっかり把握しておきましょう。

ライブ型はリアルタイムの配信を通してセミナーや会議を開催するタイプもので、参加者の意見や質問を受け付けながら臨機応変な対応が可能というメリットがあります。配信の度に手間やコストが必要になる点には注意しておきましょう。

オンデマンド型は前もって講義を動画として撮影しておき、参加者の都合が良いタイミングで視聴してもらうタイプのものです。

ライブ型ではどうしても日程が合わない参加者でも、後日ゆっくりセミナーを受講出来るという点が大きな特徴と言えます。ある程度主催者側でセミナーを完結させる必要があるので、事前に資料や教材を入念に準備しておく事が重要です。


オンラインセミナーの有効活用法

オンラインセミナーはその特性をよく理解して使いこなす事で、より効率的にビジネスを進められるツールです。

例えば多くの都道府県に支店や支社を持つ企業であれば、オンラインセミナーを利用する事で効率的に社員教育や研修を行えるでしょう。従来の社員研修のように出張費用や異動時間をかける必要がないので、会社の経費と参加者の労力を軽減する事が可能です。

また、サービスを提供している顧客のアフターフォローとしても、オンラインセミナーは持ち味を発揮します。説明会や新製品の案内をオンラインセミナーで発信する事で、新しい情報や重要な説明をいち早く顧客に届けながらコンスタントにコミュニケーションを図れるでしょう。

就活生に対して自社の取り組みを配信する事で、自社のリアルな雰囲気を体感してもらうという使い方も有効です。


システムを選ぶ際のポイント

オンラインセミナーに対応した配信サービスを選ぶ際には、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

まずは自社が行いたいオンラインセミナーに必要な機能がその配信サービスに備わっているかどうかを確認しておきましょう。機能の多さだけではなく、配信画面のインターフェースや対応しているカスタマイズ機能など使いやすさを重要視する事が大切です。

加えて、オンラインセミナーではPC周辺のややデリケートな環境設定や操作が求められる場面もあるので、カスタマーサポートが充実している配信サービスを選ぶと安心と言えるでしょう。

オンラインセミナーは自社と顧客、自社と全国各地の従業員を結びつけるための強力なツールです。目まぐるしく移り変わる現代ビジネスのトレンドについていくためには、インターネットを有効活用して経費・時間・労力を上手に使う事が求められています。

オンラインセミナーの導入には大掛かりな機材の設置や高度な技術は必要ありません。これを機に、自社の情報発信力をオンラインセミナーで底上げしてみてはいかがでしょうか。