pixta_25035269_M

ウェビナーシステムとは

今では時間や場所を問わず、どこでも視聴できるような動画配信ツールが数多くあります。動画は娯楽的な要素が強い印象があるかもしれませんが、あらゆるビジネスシーンにおいても動画配信が活用されている傾向が強まっていると言えます。

その中でも近年ではウェビナーシステムを利用した動画配信が企業の間で増加しています。そこで今回はウェビナーシステムの概要やウェビナーの開催手順などを紹介します。


ウェビナーシステムを利用すれば時間や場所を選ばずセミナーが開催できる

ウェビナーは、ウェブとセミナーが組み合わさった事でできた言葉で、インターネットを利用してセミナーの動画を配信する事を指します。一般的なセミナーとは異なり、時間や場所に縛られる事なくいつでも実施できるため、企業の研修や製品紹介、会議など様々なシーンで利用されています。

ウェビナーシステムによる配信方法は大きく分けて2種類あり、ひとつが録画配信です。これは事前に録画しておいた動画を配信するものです。何回でも見直す事ができ、24時間いつでも視聴できるのがメリットです。

もうひとつはリアルタイム配信で、これはチャットを利用する事で、遠くの参加者ともコミュニケーションを取る事が容易にできます。


ウェビナーを開催するまでの流れ

ウェビナーを開催するには、まず明確な目的や内容を決める事から始めるのが大切と言えます。例えば自社の知名度を上げて顧客リストを作成する事も目的としている場合と、自社の商品を購入してもらう事を目的としている場合とでは、ウェビナーの内容は異なってきます。

何を目的にウェビナーを開催し、どのような人をターゲットに絞るのか、1回あたりどのくらいの人数で開催するのかなど、ある程度の道筋を立てておくと良いでしょう。道筋が立てられていればウェビナー開催までの準備がスムーズに進みやすくなります。

開催までの道筋を立てた次は、使用するウェビナーシステムを決めます。ウェビナーシステムには様々な種類がありますが、選ぶ際に必ずチェックしておくべき条件が、参加可能なユーザー数です。もし確認しないまま決めてしまうと、当初予定していたよりも多くの配信時間を確保しなければならない可能性があるからです。

ウェビナーシステムの中には、動画配信だけでなく、チャットによってユーザーとコミュニケーションをしたり、アンケートができる機能などが付いています。ユーザーの声を聞いたり分析をしたいという場合には、これらの機能が備わっているウェビナーシステムを選択するのが良いでしょう。

配信するためのウェビナーシステムが決まったら、それを利用したいユーザーを集めます。一般のユーザーを集める場合は、自社のWEBサイトやSNSなどあらゆる媒体を活用してウェビナー開催の告知を行います。

告知の際は、そのウェビナーを見る事でユーザーにどのようなメリットがあるのかを明確にして伝えるようにしましょう。そうしないと様々な媒体でむやみに告知しても多くの参加者が集まるのは難しくなると言えます。

一方、ウェビナーシステムを使って配信させるためには、インターネットが利用できる環境が整備されている必要があります。インターネット接続をする場合は有線LANを利用するのが賢明なのかもしれません。

無線LANでもウェビナー開催は可能ですが、接続が途中で切れる事で配信が不安定になる可能性があるのでその点は注意が必要です。また基本的な事ですが、配信する前は正常に映像が配信されているか、声はきちんと聞こえているかは必ず確認して配信するようにしましょう。

準備が全て整ったらウェビナー開催となり配信です。録画映像を配信する場合は、映像を繋げたり加工したりするなどしてテロップを入れるなど、ユーザーが見て分かりやすい動画を作る事が大切です。

またリアルタイム配信によるウェビナーを開催する場合は、ウェビナーシステムに精通している人を決めておきましょう。システムに詳しい人がいれば機器のトラブルやチャットによる質問などにも不安なく対応できます。

ウェビナーシステムは時間や場所を気にする事なく開催できるのが最大のメリットです。そのため、ウェビナーシステムは企業にとっては、今や必要不可欠なものになっていると言えます。

またインターネットができる環境があれば誰でもウェビナーシステムを使ってセミナーが開催できる点も魅力です。これからウェビナーによるセミナー開催を検討している企業の方はこれを契機にウェビナーシステムを導入してみてはいかがでしょうか。