pixta_31459670_M

遠隔会議のメリットは3つ!業務に取り入れると役に立つ!

場所を選ばないで会議ができる

遠隔会議を業務に取り入れると、場所を選ばないで会議ができるというメリットがあります。遠隔会議に必要な環境が整っている場所であれば、どこでも会議をすることができるのです。場所を問わないで会議が開催できるので、会議で決めたい案件が出てきたときなどには緊急で招集することも可能になっています。支社から本社に人を集めて会議をするとなると、支社の人の負担は大きくなるでしょう。しかし、遠隔会議ができるのであればこの負担は軽減できます。場所がどんなに遠くても遠隔会議には関係ないからです。他には会社に出社していない社員との会議を持つ場合にも役に立ちます。自宅勤務を推奨している会社などは、自宅勤務者の仕事の仕方を統一するために苦労することがあります。それを遠隔会議の導入で、解消することができるのです。同じ方向へ向かって仕事をするために、仕事の仕方を遠隔会議で確認します。自宅勤務をしているとどのように仕事をするか迷うこともあるでしょう。迷ったときには会議でどうするかを相談して、解消していきます。自宅勤務者同士で遠隔会議をしてもいいですし、会社を含めて遠隔会議を開いてもいいです。遠隔会議でなければこのような自宅勤務者との会議は難しいかもしれません。

移動の時間・費用を削減できる

会議を開くためには、人を集めることが必要になります。人が集まるためには電車移動の時間や費用などが必ずかかるのです。移動する時間は遠ければ遠いほど、多くかかってしまうでしょう。その時間は営業や他の仕事に割り当てられる時間ですので、会社の利益には直接つながらない時間になってしまいます。そのような時間を減らすのが遠隔会議です。遠隔会議をする環境を整えてしまえば、このような時間が無くなります。また、会議に参加する人数が多ければ多いほど、宿泊費や交通費などは膨れ上がっていくのです。会議の費用を算出している会社は少ないかもしれませんが、算出してみると金額の多さに驚くかもしれません。遠隔会議を導入するとこの費用がほとんどかからなくなるのです。遠隔会議の費用と会議に人を集める時に掛かる費用を比べてみると、実際にかかる費用が分かります。時間と費用の経費削減という面で、遠隔会議はメリットがあるでしょう。

遠距離でも気軽にコミュニケーションを取れる

遠距離にいる相手との意思の疎通は難しいかもしれません。頻繁に会わない人とは、コミュニケーションが取りにくくなってしまうからです。遠隔会議のメリットは遠距離でも何度も会議ができるため、気軽にコミュニケーションを取れるようになるということが挙げられるでしょう。気軽に会議をしていると、アイディアも出やすくなりますし、いい雰囲気の会議ができます。緊張した会議では出ないような案が出るかもしれません。プロジェクトを進めるうえで会議は必要ですし、プロジェクトを滞りなく進めるためにはチームワークが必要になります。このチームワークは遠距離にいると生まれにくいものです。遠隔会議を上手に活用することができれば、遠隔会議を通してチームワークを作ることができます。会議の始めや終わりに会議内容とは関係のない世間話を入れてみると、コミュニケーションが円滑になることが多いです。遠距離であっても、コミュニケーションさえ取れれば仕事をしやすい関係を築くことができます。そうなるように遠隔会議をするときには、仕事と離れた会話の時間を作るように心がけるといいでしょう。結束力が固くなり、チームとしてのいい仕事ができるようになるかもしれません。

エクセル比較表ダウンロード

【Web会議システム比較表】 エクセルの比較表だから今すぐ使えます
テレビ会議・Web会議システムの新規導入、リプレイス検討に役立つWeb会議システムを比較したエクセル比較表をダウンロードできます。部署内での共有でも役立ちます。

関連コンテンツ

閉じるアイコン
徹底比較!SkypeとFresh Voiceの違い