pixta_38855237_M

始まったばかりのIT重説。IT重説のメリットはなに?

始まったばかりのIT重説。IT重説のメリットはなに?

IT重説が始まりました。 不動産業において、遠隔で重要事項説明を行うことができるのでIT重説。 2017年10月にスタートしたばかりですが、そのメリットは何でしょうか。

IT重説のメリットは時間と距離の節約

不動産は大きなお金が動くため、トラブルが起こるときはとても大きな問題になってしまいます。しかしIT化の波は避けられません。 対面でなくとも、ICTを利用してWeb会議によって重要事項説明ができれば大きく生産性の向上に役立ちます。 いまはわざわざ不動産会社に顧客が立ち寄って契約していましたが、IT重説によってWeb会議でも可能になります。 すなわち、たとえば北海道の高校生が東京の大学に進学することになって不動産を探すときに、IT重説で説明を受ければ、交通費や時間をロスすることがなくなるのです。

受験戦争が激しいので、今は子供の受験中に親が上京して不動産賃貸を探し、仮契約して合格後に本契約、落ちれば契約キャンセル、ということも起こっています。 子供の数が減り、子供が大切にされるようになったのです。 一方で不動産業者の社員の数も減っています。サブプライム問題で不動産会社でリストラが起き、その後一気に団塊の世代が大量退職して求人が多くなり、不動産業界のみならず日本中で人材不足に陥ったのです。 よって、不動産業界にも人が足りていません。 そんな中、Web会議を使ってIT重説ができれば大きなメリットになるでしょう。

Web会議で録画することができる

重説で怖いのが、言った言わないの話です。 対面取引になるため証拠が残らないのです。 しかしIT重説ならWeb会議を利用して会話するため、Web会議システムがすべてを録画してくれています。これで言った言わないの証拠になりますし、トラブルを未然に防ぐことができるというメリットがあるのです。よって、導入して見る価値は十分にあります。

banner728×200WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!