pixta_27522531_M

IT重説が2017年10月から解禁!不動産賃貸の世界にどんな変化が?!

[it重説 10月]

IT重説が2017年10月から解禁!不動産賃貸の世界にどんな変化が?!

IT重説が2017年10月からスタートしました。 IT重説とは、不動産業における重要事項説明書の説明のことです。 本来なら対面での説明が法的に定められているのですが、IT化の波は不動産業界にも訪れ、2017年1月ごろまでテストが行われて上で、IT重説がスタートしました。

不動産取引のあるべき姿

不動産は、特に売買になると非常に大きなお金が動きます。 何より買う側は一生に一度のことですし、売る側もなんらかの事情があって家を手放す必要があるとのことで、慎重になります。 そこで今までは法律で対面での重要事項説明が重視され、重要事項説明書を手渡ししていたのですが、IT化が進み、2017年1月にかけてテストが行われました。 不動産売買、不動産法人取引、不動産個人賃貸などがWeb会議を通じて説明され、相手は電話やモニターを使ってお客様と会話することになったのです。

実はIT重説のテストはそれほど満足度が高かったわけではなく、やはりまだまだ不動産業界そのものにITに慣れた人が少ないというのが挙げられます。 しかし最近はフィンテック企業も増え、不動産業界も変わりつつあるのです。

IT重説は2017年10月スタート。まずは賃貸のみ

モニターの結果を受けて、最初に不動産売買は金額が大きいためはやりWeb会議は導入しづらく、対面のまま続行ということになりました。 そして同じく、法人賃貸取引も、もともとトラブルがあまり発生しづらい分野であるため、IT化を導入することとなりました。 よって、Web会議を利用してIT重説が行われます。

まずは個人と法人の不動産賃貸からスタートし、状況を見ながら慎重に解禁していく予定です。非常に望ましいことであり人手不足も解消されます。 フィンテックは確実に進んでおり、不動産テックと呼ばれています。大いに期待しましょう。

賃貸物件から始まるIT重説

IT重説は賃貸でスタート!その効果は?

IT重説、つまりITによる重要事項説明は、賃貸でスタートしています。 効果のほどはどの程度なのでしょうか。 不動産業界にもついに不動産テックの風が吹こうとしています。

IT重説は賃貸から始まる

2017年の1月にかけて、実はWeb会議を使った実証実験がスタートしていました。 それがIT重説です。 主に賃貸、法人売買、個人売買のジャンルで、本来ならば対面での説明が求められている重説に関して、Web会議を利用してのリモート説明が可能になったのです。 この実験を受けて、結局は不動産の法人と賃貸に関してはトラブルが少ないということで、まずは賃貸のジャンルから、IT重説がスタートしたのです。 IT重説の本格運用は賃貸から始まります。

重要事項説明は、重要事項説明書という書類を用いられ、不動産の契約において非常に重要です。不動産業者は賃貸や売買、そして管理などさまざまなマンションにまつわる業務を行いますが、日本全体に広がった人材不足もあって人手が足りていないのです。
そして同時に、Web会議を使ってリモートで重説を実施することは、不動産業者の負担を大幅に下げてくれる可能性があります。 お客様とアポを取って、来店を促し、そして書類を準備して説明、といったさまざまな仕事が、Web会議によるIT重説によって、軽減される可能性があるでしょう。

Web会議の可能性は不動産テックでも

いま、さまざまな業界にWeb会議が浸透し、テクノロジーの力でビジネスが変わろうとしています。 不動産業界も無関係ではいられません。 不動産テックによって、不動産業界も大きく変わるポテンシャルを秘めており、Web会議を使うことでリモートでの接客ができるようになります。 しかし、リモートだからこそ、顧客との信頼関係が重要で、顧客の心を掴んで、誠実に対応できるビジネスパーソンが有望とされることでしょう。

国土交通省がIT重説はリード

IT重説は国土交通省がリード。ホームページをチェックしよう

IT重説が2017年よりスタートしました。 もともと、2015年の時点で国土交通省がIT重説について検討会を開催し、同時に大規模な社会実験も行ってきたものです。

IT重説と国土交通省の関係

IT重説は、不動産において、宅建で「対面」と定められている重要事項説明を、ウェブを介してコンピュータ越しに説明できるものです。 これまでは規制があり、対面が必須だったため、これはある種の「規制緩和」と呼ぶことができるでしょう。

しかし、規制は何も、国が既得権益を守り一部の業者を保護するためのものだけではありません。重説がIT重説でなかったのは、それまでも事情があったのです。 とくに不動産関係は、契約者の個人にとってとても大切なものです。 家を失うことでホームレスになりますので、家の契約はなによりも重要なことです。 賃貸であっても売買であっても、家を大事に思うのはみな同じではないでしょうか。よって、厳密な運用が求められていたのです。

IT重説が解禁されつつある背景

IT重説が解禁されつつある背景としては、やはりテクノロジーの進化とスマホの浸透、そして人手不足といった複合的な事情がありそうです。 さらに、不動産というとても大きなお金が動くものなので、慎重に契約を進める必要があるでしょう。

Web会議でIT重説をスムーズに、空いた時間に行えることになっても、不動産をノールックで、つまり下見無しで買うことは考えられません。 よって、ある程度の信頼関係が構築されてから、IT重説に入るのがベストです。 ツールは使いようなので、最初の下見の時点で担当の不動産業者がお客様にしっかりと内覧をご案内して、なおかつ不安点を払拭し、いろいろと説明しておく必要があります。 そしてIT重説の段階になったら、契約書を交わすだけでいいレベルに持っていくのです。 国土交通省もそういった使用方法を求めているのでしょう。

banner728×200WEB会議にはこんなに危険があるのをご
存知ですか?不用意な選択は大変なことに!