pixta_42697384_M

テレワークにも使えるテレビ会議システムのミーティング

テレビ会議のシステムは、在宅ワークの普及にも

現在、政府主導でテレワークの推進が行われています。 自宅で子育てや家事、介護などを担当することができ、それと同時に満員電車から開放されますので、テレワークの推進は政府にとっても労働者にとってもありがたいものです。

出社しないスタイルで仕事することによって、会社づとめの場合は、会議の問題が出てきます。テレワークで仕事している場合、会議はどのように進めればよいのでしょうか。そこでテレビ会議です。テレビ会議を使うことによって、テレワーク中の方でも、オフィスに在籍している方と同じように会議に参加することができるようになります。

必要なのはカメラとマイクだけ!

テレビ会議に必要なのは、カメラとマイクだけです。あとはイヤフォンもしくはスピーカーも必要ですが、ノートパソコンの場合は付属で音が出るようになっているケースが多いです。カメラも、ノートパソコンの場合は初めから付属しているケースが増えてきました。あとはマイクだけです。

スピーカーやカメラと同様、ノートパソコンに付属のものを使ってもいいのですが、ノイズを拾うケースが多いので、別に用意したいところです。自費で購入してもいいですし、備品として会社が支給しても良いでしょう。ヘッドセットなら、スピーカーの用も成すので手軽です。どちらにせよ、最小限の設備投資でテレワーク中の方でもテレビ会議に参加することができるようになります。

業務効率改善!テレワーク&テレビ会議のメリット

出社しないことによって、通勤時間などが節約できます。また、会議の場所をとる手間とコストを削減できます。オフィスにいる人も、在宅で働いている人も、等しく会議に参加できるので、皆で仕事を共有することができるようになります。

テレビ会議をうまく使えば、在宅で働いていることのデメリットを最小限にしながら、テレワークで働いている人のリソースもうまく会社に組み込むことができます。テレワークを行っている人にとって、テレビ会議の導入はなにより欠かせないものなのです。遠隔地でも、会議に参加することができて、自宅でもオフィスに居ながらと同様のパフォーマンスをあげることができるようになります。

徹底比較!SkypeとFreshVoiceの違い 有料サービスには理由があります! WEB会議にはこんなに危険があるのをご存知ですか?不用意な選択は大変なことに!

エクセル比較表ダウンロード

【Web会議システム比較表】 エクセルの比較表だから今すぐ使えます
テレビ会議・Web会議システムの新規導入、リプレイス検討に役立つWeb会議システムを比較したエクセル比較表をダウンロードできます。部署内での共有でも役立ちます。

関連コンテンツ