「誰でも」 「いつでも」 「どこでも」:テレビ会議(TV会議)・WEB会議(ウェブ会議)システム「Fresh Voice(フレッシュボイス)」

テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムのエイネット テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムFRESH VOICE
資料請求・お問合せ

> 開発へのこだわり

コンセプト

CONCEPT

フレッシュボイスのメリット

FreshVoiceには他のテレビ会議/Web会議システムには
ない多くのメリットがあります。

その中でも代表的なものをご紹介します。

導入しやすさ

FreshVoiceには数々の特徴がありますが、
導入のしやすさという意味で強調したいのは

FreshVoiceがクライアントソフト利用型の製品である点です。

Web会議システムにはブラウザ型とクライアントソフト型の製品があります。

ブラウザはどんなパソコンにも入っているソフトですので、それを利用することは、一見簡単なように思えます。

しかし実はブラウザは少々厄介です。それはシステムの利用にアドオンやプラグインのインストール、そのためのセキュリティレベルの変更などが必要になるケースがあるからです。そのためシステム担当者に作業負担が集中、結果的に利用開始までひどく時間がかかってしまうこともあります。

また、システム管理者が複数のブラウザで製品の動作検証をすみずみまで行うのには大変な手間がかかります。しかもそのブラウザは頻繁にアップデートされるのです。以前、Flashplayerの脆弱性が広く話題になったことがありましたが、

ブラウザ利用型のシステムはつねにそういうリスクを抱えています。

その点FreshVoiceはクライアントソフト型。
ユーザーをリスクから守りながら、

快適なWeb会議を提供してきました。

もちろん、エイネットでは、インストール等に関して遠隔講習などの万全なサポート体制を敷いています。
しかし実際は導入時のサポートはほとんど利用されることがありません。

なぜなら、
非常に簡単なためお客様だけで
全部できてしまいますので。

導入しやすさ

使おうとするたびに管理者を探したり、
マニュアルを調べなければ使えないようでは、Web会議が根付くことはありません。

これは導入のしやすさにも関わってくる重要なポイントです。

FreshVoiceはこの操作性に徹底的にこだわって開発されました。

目指したのは、マニュアル不要の直感的な操作を可能にするインターフェイスです。

たとえば会議を開くまでのクリック数。わずか3クリックで会議が開催可能。召集される側ならクリックは不要です。

そのほかにも使いやすさを追求してたどり着いた日本語表記の大きめボタン。タッチパネルでの操作を考え、あえてプルダウンメニューの採用は避けました。

誤操作による会議中断を防ぐため、あらゆる機能がひとつのウィンドウで完結する仕様になっています。

そのため、初めて使うユーザー
からも、操作について

ほとんど質問をうける
ことはありません。

映像・音声の品質

テレビ会議、Web会議を重要なコミュニケーションの手段として
選ぶのなら、映像のクオリティは重要です。

画質が上がることでどんなメリットがあるでしょうか?

テレビ会議

映像のクオリティが高ければ、細かな表情から言葉には表れない感情の機微を捉えることができます。あまり積極的に発言しない参加者に対しても、表情から様々な意見を拾い上げるきっかけが作れます。

また、特に高画質が要求されるのが会議室でのテレビ会議です。会議室だと、画角の広いカメラで大人数を画面内に収めなければいけません。

ここで画質が低ければ、一人一人の表情を読み取ることは不可能になります。大きな会議室での会議では、画面越しに参加者の表情を読み取れるかどうかが、重要なポイントになります。

また、音声がクリアに聞き取れることは会議の基本です。有効なノイズやエコーの防止機能等が搭載されていて、クリアな音質・音声が実現できているかどうかは快適な会議の開催ににとって無視できない部分です。

FresghVoiceの映像品質のポイント

(1)解像度
最高画質では、フルHD(1920X1080)での会議が可能です。
(2)インターレース/プログレッシブ
ノンインターレース、60フレームのプログレッシブスキャンが可能です。
(3)コーデック
H.264SVCを採用。ブルーレイディスクと同等の画質を実現しています。

音声品質のポイント

(1)ノイズ制御・エコー制御
スピーカーから出る音をマイクで拾ってしまうのがエコーやハウリングの原因。ノイズ制御・エコー制御機能によって、それを防ぎながら、参加者の発言は拾うことができます。
(2)出力調整
音声の入力レベルが小さければ出力を大きめに、入力レベルが大きければ小さめに、と安定した音声を届けます。
(3)ミキシング
会議では発言が重なってしまうケースはどうしてもあるもの。多拠点接続の際にはサーバーでミキシング処理を施し、音声がつぶれるのを防ぎます。

通信の安定性

インターネット回線のスピードには理論値と実効値で大きな開きがある場合があります。

また、トラフィック量は時期や時間帯によって変動し、ずっと当たり前のように使えていたサービスが突如不調に、ということも珍しくありません。

これはインターネット回線を利用する誰もが経験することです。

また、海外との間で企業活動をしていれば、インフラ基盤の脆弱なエリアとの通信が必要になるケースも出てきます。

これらネットワーク側の問題に対して、
Web会議システムがどこまで対処できるか、
通信の安定性を保つための仕組みをどれだけシステムに備えているか、

それがWeb会議の優劣を決めるポイントです。

映像面での対策

(1)H.264/SVCの採用
映像データを符号化・復号化するこのコーデックには、ネットワーク環境が悪化しても通信を維持するための工夫があります。それは、二つのチャンネルを併用するデータ送信方式。動画の再生に必要な最低限のデータを送信する高信頼チャンネルと、画質向上のためのデータを送信する低信頼チャンネルを備えており、ネットワーク環境が悪化しても高信頼チャンネルからの送信は維持され、映像を途切れさせません。
(2)解像度調整
解像度を調整することで、利用している回線に最適な帯域を利用することができます。
(3)fps調整
突然の通信速度の低下に対応するには、データ量そのものを減らす手もあります。解像度とfpsの調整がその役割を果たします。

音声面での対策

可変ジッターバッファ制御
ジッターバッファは音声データを一時的に保存し、再生を滑らかにするための機能です。自動的に回線状態を判断し、悪化した場合には保存するデータ量を増やして音声の途絶を防ぎます。
Web会議システムで使われる通信プロトコルTCPには、通信途上で遅れ、破棄されたパケットを並べ替え、再送信する仕組みが備わっています。ですがそれだけでは不十分。回線品質に不安がある場合にそこをいかに補えるかが重要なポイントです。
FreshVoiceはこれまで挙げてきたような機能をすべて備えています。

同時接続可能拠点数

Web会議システムの導入メリットとして真っ先に
挙げられるのが出張費や交通費の削減です。

そしてそのメリットは参加人数、拠点数、移動距離が増えるにつれて大きくなっていきます。

ですから、より多くの拠点をつなげるWeb会議システムにはそれだけ大きなコスト削減能力があるということになります。

日本全国、世界各地の拠点を結んでの会議や講義、またPCやタブレット、スマートフォンで大勢の個人が参加する会議を開催するためには、そのWeb会議システムがどれだけの拠点を同時に接続できるかがポイントになってきます。

FreshVoiceは多拠点接続に対しMUCというシステムを採用しています。MCUはMultipoint Control Unitの略で、多地点接続装置などと訳されます。複数の拠点間で会議を行う際に、端末間での映像・音声データの通信を中継する役割をもっています。かつてはこの役割を担う専用のハードウェアが必要でしたが、FreshVoiceはそれをソフトウェア化することでハードウェアを不要にしました。

FreshVoiceは50拠点の同時接続が可能です。
それ以上の拠点を同時につなぎたい
というご要望に対しても、
MCUを増やすことで対応することができます。

セキュリティ

エイネットでは、256bitの暗号化や、会議の招集にメールを利用しないことによる
メールアドレスの流出防止など、様々なセキュリティ対策を講じています。

その中でもFreshVoiceならでは
のもっとも強力なセキュリティ対策が、
「サーバーに一切のデータを残さない」というのものです。

サーバーにデータを残さない

FreshVoiceは会議内容はもちろん、会議で利用した共有データ等を一切サーバーに残しません。これは単に一度記録して後で消しているというものではなく、データは会議参加者間で直接やり取りされるため、サーバーはデータが通過するのみで、一切書き込まれることがない設計になっています。

そのため、万が一サーバーに侵入されることがあったとしても、ユーザーのデータが盗まれる心配がありません。

もともとデータがないわけですから、これはどんなセキュリティ対策より強力なFreshVoiceならではのメリットです。

0120-275-319
無料お見積りはこちら
資料請求はこちら

メールマガジン

テレビ会議成功のヒントをお届けします!

Fresh Voiceコンセプト
製品紹介
導入事例
テレビ会議トピックス
WEB会議入門
  • WEB会議入門TOP
  • WEB会議とは
  • WEB会議システムの比較・違い
  • WEB会議システム選びのポイント
  • WEB会議システムの導入事例
  • お問い合わせ
    よくある質問
    言語
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • その他
    関連サイト
    anet
    〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F TEL. 03-3862-5402

    Copyright (C) Anet, Inc. All Rights Reserved.