9年連続国内シェアNo1 FreshVoice Asp

充実の機能と高い信頼性、優れたコストパフォーマンスで導入企業は4,000社以上!
当サイトでは、各社サービスを比較することで、FreshVoiceのメリットをはじめ、貴社にとって最適なWeb会議の選択、Web会議選びをサポート。

FreshVoiceはここが違う!Web会議システム徹底比較

9年連続トップシェアだから、サポートも価格も品質も安心!2005・2006・2007・2008・2009・2010・2011・2012・2013年度にて国内シェアNo1

※2013年ブロードバンドビジネス市場調査総覧『富士通キメラ総研』テレビ会議音オンプレミスタイプ

全国の中堅・ベンチャー企業を支えるWeb会議 導入実績4,000社以上!

FreshVoiceはここが違う!テレビ会議システム徹底比較!

FreshVoiceは、中小企業から大手、官公庁まで、日本の会議スタイルに最も適したテレビ会議システム

サービス名 FreshVoice ASP WebEX
Meeting Center
Lync online Lifesize Cloud
提供会社 エイネット シスコシステムズ マイクロソフト ロジクール
会議開催方法 電話帳から必要な全ての出席者に直接ダイヤル 開催者は、会議のURLを参加者にメールで通知。 開催者は、会議のURLを参加者にメールで通知。 必要な全ての出席者に直接ダイヤル
最低料金 20,000円/月から 159,900円/年から 1名 160円/月から
別途Office365が必要
7,500ドル/年から
デスクトップ共有 あり あり なし あり
ドキュメント共有 あり あり なし なし
ホワイトボード機能 あり あり なし なし
チャット機能 あり あり なし なし
ファイル転送 あり あり なし なし
録画・録音機能 あり(オプション) あり なし なし
その他 5ユーザー単位 25ユーザー単位 Office365のオプション機能 25ユーザー単位
総評 日本の会議文化・スタイルを十分に考慮して開発されているため、日本企業にとってもっとも自然な形で、テレビ会議を開催できる。
会議の招集は電話帳から参加メンバーを選択するだけ、最少わずか3クリックで完了するなど、会議の内容以外で参加者が煩わされることなく、会議に集中できる。
映像・音声のクオリティも専用機並だ。
アメリカの文化や、ワークスタイルを踏襲しており、考え方もシンプルで海外では利用している企業は多い。
ただ、日本のテレビ会議文化とは遠い隔たりがあり、ワークスタイルがアメリカ基準の企業であれば導入可能だろう。
機能は豊富だが、実際に使うには多大なクリックが必要だ。
開発元は、いまやSkypeの音声・映像技術を持っているわけだが、この製品はあくまでも別路線のOffice365のオプション機能として、Officeを中心としたコアワークを提案するためのものだろう。
そのため、長年Skypeが磨いてきたAVコミュニケーションのノウハウを存分に活用しているというイメージはない。
決まった時間に会議室に集まるいわゆるミートミーではなく、コールエスカレーションという機能で、まるで電話をかけて会議参加者を集めるような感覚で会議を行う。
しかしこれはオフィスの隅にあるミーティングスペースでちょっと打ち合わせというイメージで、大事な会議は会議室でという日本の文化とは相容れない。やはりフランクなアメリカ文化だ。
※各製品の最低価格帯の仕様比較です。

Fresh Voiceで、もっとスリムな経営を。

たとえば、年間の旅費・交通費が1/3削減。1000万円超コストダウンへ!

中堅・ベンチャー企業に朗報です!
14日間お試し体験はこちら(無料) Fresh Voice ASPの資料ダウンロードはこちら(無料) お電話でもお気軽にお問い合わせください

Web会議のよくある失敗事例 フリーズする 音が遅れる 操作が難しい 画質が荒い 費用が高額 接続が不安定

フレッシュボイスASPが、選ばれるポイントは?

圧倒的な高画質と高音質の会議! となりにいるような臨場感
ブルーレイ並みの高画質!表情まで読み取れる!

国際標準コーデック規格H.264/SVCに準拠

CD並みのクリアな音質!遅延によるストレスもない!

距離感を忘れるくらいのWeb会議が実現!

導入も操作も運用もカンタン!クラウド時代のWeb会議サービス
  • 導入がカンタン!

    クラウド(ASPタイプ)だから、
    サーバーが不要!

  • 操作がカンタン!

    マニュアルいらずの操作性!
    クリックひとつで
    Web会議に参加!

  • 接続がカンタン!

    インターネット環境さえあれば、
    即利用可能!

どこにいても安定動作が実現!ストレスフリーで使えるWeb会議
フレッシュボイスの安心サポート!導入から運用まで万全
導入はスタート、実際に活用して効果を得るまで徹底サポートします!

ITやPCの操作に不慣れでもご安心ください。イメージ通りのWeb会議実現に向けてご提案させて頂きます。

  • 訪問テスト

    導入前に、本番環境に合わせて、訪問お試し

  • 接続サポート

    インストールから、国内・海外拠点と接続まで
    しっかりサポートいたします。サービス開始までの不安を解消いたします。

  • 遠隔レッスン

    遠隔での無料レッスンを行います。
    管理者向けのプライベートレッスンがご好評です。

月額3,000円(1拠点)から利用できる!
14日間お試し体験はこちら(無料) Fresh Voice ASPの資料ダウンロードはこちら(無料) お電話でもお気軽にお問い合わせください

会議に必要な機能をすべて搭載!“普段と変わらない会議をWebで行えます。”

他にも多彩な機能を備えているのが、Fresh Voiceです!

会議以外にも幅広い用途に対応できるWebコミュニケーションツールです!

社外の取引先との打ち合わせ

インターネット環境があれば、即つながる。
取引先ともシェアすることで、いつでも、好きなときに、打ち合わせが実施可能。

日時を気にせず、重要な打ち合わせができる!

大規模な研修会でも

50人規模の各種研修会にも使える!ドキュメント共有で資料を画面に表示させ、
受講者が質問をする双方向での研修が可能。

遠隔授業も自在に

1対1の個人授業から、数百人を収容する教室での授業まで対応。周辺機器の選定には、担当営業が現地訪問し、使用場所に合わせた音響設備を提供可能。

出張先からもカンタン接続

PCベース・インストールフリーのため、出かけ先のノートPCからでも簡単参加。ソフト内部の独自の音声処理技術で、出かけ先の簡易な設備でも音声トラブルを最大限解消。

危機管理に効くWebツール

危機管理本部として、大会議室にFreshVoiceを常設し日ごろから誰でも即座に使える環境を整備。東日本大震災の際には、被災状況の収集し、機能を発揮。

14日間お試し体験はこちら(無料) Fresh Voice ASPの資料ダウンロードはこちら(無料) お電話でもお気軽にお問い合わせください
さらにクオリティやセキュリティを追求するならFreshVoiceサーバー導入タイプもおすすめ

官公庁・金融機関・大手企業の厳しい品質基準に応えるHD画質・SD画質のハイブリッド版

わずか3クリックで会議の開催が可能。クリアな音声とドキュメントやデスクトップ共有などの多彩な機能を備えた、国内シェアNo.1のテレビ会議システムです。フルHD画質のテレビ会議とSD画質テレビ会議を1つのアプリケーションで運用可能な、先進のテレビ会議システム。HD画質時は専用機に負けない圧倒的な高画質を実現しています。
専用機のおそよ10分の1の費用で、同等以上のクオリティを実現!!

Fresh Voiceの導入事例 官公庁や金融・教育機関などセキュリティ重視の企業様も続々と導入。4,000社を超える導入実績を突破しています。

  • 約130拠点にFresh Voiceを一斉導入。集合研修の旅費交通費を約3分の1に軽減!

    導入の目的 移動コストの削減
    130拠点からの社員を集める移動にかかるコストと時間を削減することが目的。地域のお客様と一層の信頼関係を築くには、「人財力」が欠かせない。そのためにさまざまな研修を行ってきたが、130以上の拠点から社員を集めるための移動コストと時間は非常に大きなものだった。
    導入の決め手 「簡単操作」と「多拠点接続」
    「簡単に扱える」「多拠点で同時接続できる」ことが決め手に。投資が少なく、簡便に導入できるシステムはないかと複数社のシステムを検証していたところ、Fresh Voiceが最も使い勝手がよく、さらにカスタマイズすれば130を超える拠点でも使えるようにできることや初期投資額が抑えられることが決め手になった。

    導入後の成果

    「導入後半年の実績を見ると、移動にかかっていた年間の旅費・交通費2,000~3,000万円のうち、3分の1ぐらい削減できると思います。それ以上に効果があったのは、移動時間が無くなったことで業務の効率化も図れた点で、人財育成や営業力の強化につながると期待しています」

    総合企画部 調査役
    渡邉 哲也 氏

  • 災害対策のツールとしてテレビ会議システムを刷新!決め手は、操作性と安価な費用。

    導入の目的 保守費用の高額さを解消
    ハードウェアタイプの従来のシステムは、海外製で保守費用はマイク交換などが非常に高額だった。また、持ち運んでセットするのも操作も大変。1年の3分の1以上が降雪積雪期間となる同市では、テレビ会議による情報共有が欠かせない。危機管理対策としても、早急に入れ替える必要性があった。
    導入の決め手 「導入・保守費用」と「操作性」
    導入の基準は、「導入・保守費用が安価」「拠点数が容易に増やせる」「操作性のよさ」の3点。最終的にFresh Voiceが候補に残った。また、会議資料が共有できる機能もあり、災害時に地図情報などの共有も容易。それでいて、危機管理のときだけでなく、普段の会議でも気軽に使えるシステムであることも決め手になった。

    導入後の成果

    Fresh Voiceの活用が始まって約1カ月。従来「抱えていた問題はすべて解消された」と佐野氏は言う。年間の運用コストは約100万円下がった。しかも従来にはなかった「使い勝手のよさ」により、どんどん活用の幅が広がりつつあるという。

    総務部 総務課 情報システム係
    副参事 係長事務取扱
    佐野 誠市 氏

  • 個人流出リスク対策で、サーバー型を選択。100拠点同時接続も可能なFresh Voiceを導入。

    導入の目的 情報漏洩リスク回避とコスト削減
    お客様第一主義を掲げるアフラック様。大前提としてお客様の情報が漏洩するリスクは排除したいということ。また、全国に支社が70拠点以上ある会議のための出張が多いという問題を抱えてきた。本業に費やす時間を増やすため、テレビ会議を導入してはというトップからの指示があり、導入を進めることになった。
    導入の決め手 全条件を満たしたのはFresh Voiceだけ
    7社の製品の中から、Fresh Voiceを選択したのは次の4つのポイントをすべて満たしていたからだ。第一はマニュアルいらずの直感的な操作性。第二にクリック一つでテレビ会議に参加できるようにすること。第三は5拠点20カ所の会議など、100台のPCが同時に接続できる構成が取れること。そして最後は、ツールの将来性である(iPadやAndroidへの対応)。

    導入後の成果

    「Fresh Voiceを利用した会議であれば、出張する必要がなくなるため、何かトラブルがあってもすぐに管理職が判断できます。お客様第一という精神を大事にしている当社にとっ て、この点が改善されたのは大きいですね」(箕輪氏)

    アメリカンファミリー生命保険会社
    IT戦略プロジェクト推進部
    IT戦略プロジェクト推進課
    副長 箕輪 明純 氏

価格・その他のお問い合わせはこちら Fresh Voiceの資料ダウンロードはこちら(無料) お電話でもお気軽にお問い合わせください