━…━…━…━…━━…━…━…━…━━…━…━…━…━━…━…━…━…━━…━

┌──┐彡     【テレビ会議 Fresh Voice 通信】 2008.11.18
│\/│      
└──┘      ____________________________  
                  
http://www.freshvoice.net/index_2.html            《発行者:エイネット株式会社》
━…━…━…━…━━…━…━…━…━━…━…━…━…━━…━…━…━…━━…━

 【テレビ会議 Fresh Voice 通信】をお読み下さいましてありがとうございます。


 ◆今月のコンテンツ◆

 【1】コラム 〜"こんにゃく"と"しらたき"に文化論を適用してみる〜 
        (代表取締役 西畑博功)

 【2】導入前によくあるご質問

 【3】社員紹介  〜営業部・S課長編〜

 【4】編集後記 

        ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 当メールは、今までに弊社へコンタクトいただいた限られた方へお送りしております。

=============================================================================                      

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 【1】コラム 〜"こんにゃく"と"しらたき"に文化論を適用してみる〜 
                           (代表取締役 西畑博功)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 先日の出張時の機内で、普段読まない週刊誌を読んでると「こんにゃく」と「しら
 たき」の話題が書いてあった。
 材料は同じ蒟蒻芋なのに細く糸こんにゃくにして束ねると立派な「しらたき」にな
 る。おでんでも「こんにゃく」と「しらたき」は別物になっており、それぞれ立派
 な市民権を獲得し、別物としてオーダーされる。

 更に、筆者の方は「しらたき」の結び目について深い思い入れがあり、結んだ束縛
 感が口に頬張り前歯で噛みしめる時に「ぷちぷち」と開放される時、たまらず「ご
 苦労様」と今まで束縛に耐えてきたしらたきさんに言ってしまうらしい。
 思わず共感の持てる話に、機内であるにも関わらず吹きだしてしまった。

 確かにその通りである。特に、味というより歯応えで食べている食品にはこんな話
 は、結構あるのではないだろうか。

 さて、話題を仕事の話へと戻すと。
 日本語の「会議」と「打ち合わせ」において、それぞれの状況が異なる事は想像も
 容易い。 英語の表現でいえば「meeting」となり、最近我々の間ではconferenceと
 呼ばれるようになってきた。「assembly」となると集会や集合を現すようだ。
 それぞれ会議の人数や雰囲気が異なり、発言方法や主導権が異なることが、呼び名
 の使い分けの要素となっている気がする。

 
 気候風土の変化に富み、四季があり食べ物がおいしいこの国は、言葉も素晴らしい
 と感じます。
 その日本でパッケージソフトが育たない訳がない、しかもコミュニケーションツー
 ルにおいて、と私は確信しております。

 是非、会議システムが新しい言葉が生まれる起源となるといいですね。

 :会議システムで繋がったら皆さん第一声はなんとおっしゃられます?
 :私がお客様先で聞くNO.1は、やはり「もしもし?」です。
 :別に電話じゃないんだから他の言葉ができても良いのに、といつも思います。

 使えば使うだけ新しい言葉が誕生する、そこには様々な想い入れが込められている。
 それがコミュニケーションなんでしょう。

 例えば毎朝、ハンバーガーを朝食に出されたとしたらどうでしょう?
 確かに空腹が満たされるという事で機能は満足しますが、とても耐えられたもので
 はないです。恐らく会議にも機能以外の感性に訴える部分が往々にしてあり、それ
 は国柄や文化に大きく左右されるものと思います。
 Web会議市場は淘汰の時期に入っており海外製品が撤退を決めて今年も数多くの製品
 が無くなっております。

 そんな中、先日発刊されたキメラ富士総研の「2008年コミュニケーション関連マーケ
 ティング調査総覧上巻」で、弊社の会議システムが、4年連続でNo.1を頂いたことは
 大変恵まれたことであり光栄な事なんだとつくづく感じました。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 【2】導入前によくあるご質問
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■  
 
 このコーナーでは、システムの導入をご検討のお客様からよく寄せられるご質問と
 回答をご掲載してまいります。

 【質問1】会議室同士での会議を実施できますか?
 →周辺機器の選択によって、「個人用」、「会議室用」に変更する事が可能です。
  例えば、会議室から複数人が同時に参加するためには、リモコン操作が可能なカ
  メラや集音マイク、スピーカー等が必要になります。
  参加人数や会議室の大きさにより、推奨機器が異なりますので、弊社営業担当か
  ら御提案させて頂きます。

 【質問2】FreshVoiceを使うパソコンの必要スペックは?
 →OS:Windows2000、XP、Vista
  CPU:Pentium4 2GHz以上
  メモリ:512MB以上
  HDD:50MB以上

 【質問3】何拠点まで接続可能ですか?
 →同時接続50まで可能です。

 【質問4】回線帯域はどのくらい必要ですか?
 →同時接続数で変わりますが、1端末あたり、およそ500kbps程度のデータ量となります。
  サーバ設置拠点は、全てのデータが集まりますので、500kbps×拠点数分となります。
  尚、FreshVoiceは画質調整が可能ですので、画質を落とすことで1端末あたり200kbps
  程度までデータ量を減らすことが可能です。

 【質問5】FreshVoiceが他社より優れている点は?
 →遅延無く自然な会話が可能な音声と誰でも簡単に使える操作性です。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 【3】社員紹介  〜営業部・S課長編〜
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 

 エイネットを知っていただくためのこのコーナー。
 今回は、社員紹介です。

 4回目となる今回は、営業部のS課長の紹介です!

 S課長は、もともとはネットワークエンジニアとしてエイネットで活躍しておりました。
 新卒でエイネットに入社してから、ネットワーク一筋、5年。
 ずっとエンジニア街道を進んでいくんだろうと思っていましたが、入社6年目に、突然
 営業部へ異動。それも本人の希望と言うではありませんか! 本当にびっくりしました。
 というのも、おとなしくてシャイな感じで、押しの弱そうな感じがしていたからです。

 しかし、ふたを開けてみると、あれよあれよと大型受注を決めていきました。

 テレビ会議システムの販売には、商品知識はもちろんのこと、ネットワークの知識も
 ある程度は必要になります。 このあたりが、営業が一番苦しむあたりかもしれません。
 しかし、S課長にとっては得意分野。お客様の情報システム部門の方とも渡り合える
 知識がお客様に安心感を与えるのでしょう。

 S課長の営業スタイルは、見た目のスマートさ同様、ガツガツしないスマートな営業。
 お客様のご要望をじっくり聞いて、出来ないものは出来ないとはっきり言って、ならば
 こうしましょうと的確な提案をし、確実にお客様の信頼を築いています。

 そんなS課長。今年で営業部5年目となりました。
 課長として部下の面倒も見ながら、FreshVoice販売の第一線にいます。
 トップセールスの地位はまだ誰にも譲ったことがありません。今年もその記録を更新し
 そうな勢いです。

 こんな頭が切れて、スマートでオシャレなS課長の唯一の欠点は、声の通りが悪いこと。
 普段はそんなことはないのですが、なぜかマイクを通すとよろしくないのです。
 FreshVoiceの高音質のイメージが悪くなるからS課長にはしゃべらせるな。と言われて
 おります。

 でも「テレビ会議向きじゃない声」って、確かにあるんですよね。

=============================================================================
 ▼テレビ会議「Fresh Voice V5」
  遅延を感じさせなく、ワンクリック、僅か数秒で一斉招集!

  http://www.freshvoice.net/index_2.html
=============================================================================

 ☆。゜・:*編集後記*:・゜。★  

 先月のメルマガに続いて、
 今月も1つの面白いランキングを紹介したいと思います。

 今回は「日本人の好きな飲料ランキング」
(NHK放送文化研究所世論調査部「日本人の好きなもの」2008年)
 というランキングです。

 このランキングによると、日本人の好きな飲料ベスト10はランクの高い順位に、
 緑茶(68%)、コーヒー(66%)、牛乳(49%)、麦茶(46%)、
 ミネラルウオーター(42%)、紅茶(41%)、ジュース(果汁)(38%)、
 玄米茶(36%)、ほうじ茶(36%)、ココア(35%)です。

 1位の緑茶、2位のコーヒーがそれぞれ68%、66%の比率で、
 牛乳、麦茶など3位以下を大きく引き離しています。
 よく考えたら、コンビニや自動販売機など、
 緑茶とコーヒーが他の飲料より大きな陳列スペースを取っています。
 人気があることは分かりますね。

 私も緑茶が好きですが、最近は豆乳にはまっています。
 一日一本飲むぐらいに好きです。
 豆乳もこのようなランキングにランクインすればいいな〜と思っています。
 豆乳好きの人が増えれば、豆乳が買いやすくなるから。
 自動販売機で豆乳が買えることを願います!


 ☆。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 。・:*:・゜★,。


 ご感想・ご意見はこちらまで↓
 https://secure.anets.co.jp/re/form.html 
 お待ちしております♪

 ★エイネットは、ホームページ上でも製品とサービスの情報提供を行っております。
   
  ホームページはこちら↓
  http://www.freshvoice.net/

 最後までお読みいただき誠に有難うございました。 (^O^)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 □発行  エイネット株式会社(http://www.freshvoice.net/index.html)
 □住所  〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F
 □発行責任者  西畑 博功
 □編集、執筆  【テレビ会議 Fresh Voice 通信】編集チーム
 □意見・感想・質問・相談など https://secure.anets.co.jp/re/form.html
   ※大変恐縮ですが、配信停止をご希望の方はメールでお知らせ下さい。
    よろしくお願い致します。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――