エイネット、他社テレビ会議システムとの相互接続が可能となったWeb会議システム「Fresh Voice V6」を発売

テレビ会議・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット FRESH VOICE
資料請求・お問合せ

> > > エイネット、他社テレビ会議システムとの相互接続が可能となったWeb会議システム「Fresh Voice V6」を発売

挿したらオフィス
ニュース&トピックス|エイネット Web会議システム「Fresh Voice V6」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2009年04月09日 お知らせ
  • エイネット、他社テレビ会議システムとの相互接続が可能となったWeb会議システム「Fresh Voice V6」を発売
  • --------------------------------------------------------------------------------------------

    【報道資料】                                                              2009年4月1日

     

    エイネット、他社テレビ会議システムとの相互接続が可能となったWeb会議システム「Fresh Voice V6」を発売


     エイネット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西畑 博功)は、他ベンダー製品のテレビ会議システムとの相互接続が可能となったWeb会議システム「Fresh Voice V6」を発売しました。
     同製品は、1500社の導入実績を持ち、2005年から2008年まで市場シェアNo.1(注)のWeb会議システム「Fresh Voice」の最新バージョンです。今までの使いやすさに加え、国際標準規格SIPに対応、MCU機能を搭載することで、ソニーPCSシリーズやPolycomなどの専用機型のテレビ会議システムとの相互接続が可能となります。専用機型の会議システムで規模拡大するには大きなコストがかかりますが、「Fresh Voice V6」で格段に拠点展開が容易となります。
     映像プロトコルがH.264、音声プロトコルがG.722を採用、解像度1920 x 1080のフルHDに対応する「Fresh Voice V6」は、高精細な映像とクリアな音声を滑らかに送受信し、専用機並みの品質を実現します。また、画面表示は全画面、4分割、9分割を用意し、MCUの画面イメージもそのまま表示が可能となります。

    (注)株式会社富士キメラ総研発行「2008ブロードバンド・ビジネス市場総覧」より
     

    ■「Fresh Voice V6」概要

     

    【特徴】
    ・他テレビ会議ベンダー製品との相互接続が可能
    ・ITU-T標準映像コーデックの搭載(H.264-SVC、H.264-AVC、H.263)
    ・ソフトウェアMCU機能(GIPS: Conference Engine Multimedia V2.0)の搭載
    ・IETF標準SIP準拠クライアント(UA機能)
    ・IETF標準SIP準拠サーバ(Proxy、レジスタ機能)

     

    【仕様】
    ITU-T標準に準拠
    端末方式 SIP
    画像符号化方式 H.263、H.264-AVC、H.264-SVC、GIPS:LSVX
    音声符号化方式 G.722(7.0kHz@64kbps)、G.729a、G.711、
    GIPS:iLBC、Enhanced G.711、iSAC、iPCM-wb
    ジッタバッファ制御 GIPS:NetEQ
    ノイズキャンセラー・エコーキャンセラー GIPS:Voice Quality Enhancement(VQE)
    資料共有機能 独自
    遠隔カメラコントロール 独自
    暗号化 独自

     

    【映像】
    解像度 1920x1080 ~ 160x120
    フレーム数 60p、30p~0p

     

    ■ Web会議システム「Fresh Voice」について
     「Fresh Voice」は既存のインターネット環境を使ったWeb会議システムです。これまでに官公庁、国立大学をはじめ、1500社の導入実績を持ち、Web会議システムのトップシェアを占めている製品です。
     遅延を感じさせないクリアな音声、シンプルなインターフェース、ワンクリックで全拠点を一斉招集、豊富なデータ共有機能など、使い勝手にとことんこだわっております。遠隔地の複数拠点と安定して自然な会話ができ、参加者同士が資料や画像などを共有しながら、遠隔地を結ぶ会議、セミナーなどを効率的に運営できます。

     

    ■ エイネット社について
     1997年設立のビジュアルコミュニケーションに特化したサービスを提供する企業です。Web会議システムのトップシェアブランド「Fresh Voice」をはじめ、「Fresh Voice コミュニティ」などのオリジナルソフト開発、パッケージ販売、およびサイト運営を展開しています。エイネットは、Web会議システムを通しコミュニケーションを提供する企業として社会に貢献したいと考え、今後もより多くの企業様に愛される製品を目指して参ります。

     

    本社 : 〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-23スタウトビル3F
    TEL : 03-3862-5402  FAX : 03-5822-2039
    ホームページ : http://www.freshvoice.net/  http://www.anets.co.jp/
    E-mail : fv@anets.co.jp
    代表取締役 : 西畑 博功
    資本金 : 1 億610万円

     

    【当リリース記事に関するお問い合わせ】
    エイネット株式会社
    営業部 マーケティング担当 陳
    TEL : 03-3862-5402
    E-mail : fv@anets.co.jp

     

    Fresh Voiceはエイネット株式会社の登録商標です。
    その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です

     

    ■ PDFファイルのダウンロード

    エイネット、他社テレビ会議システムとの相互接続が可能となったWeb会議システム「Fresh Voice V6」を発売(PDF/158KB)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル0120-275-319

WEBからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、9年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。

このページの先頭へ


Fresh Voiceコンセプト
製品紹介
導入事例
テレビ会議トピックス
WEB会議入門
  • WEB会議入門TOP
  • WEB会議とは
  • WEB会議システムの比較・違い
  • WEB会議システム選びのポイント
  • WEB会議システムの導入事例
  • お問い合わせ
    よくある質問
    言語
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • その他
    関連サイト
    anet
    〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F TEL. 03-3862-5402

    Copyright (C) Anet, Inc. All Rights Reserved.