テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムのエイネット テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムFRESH VOICE
資料請求・お問合せ

最新ニュース&トピックス
記事一覧/ニュース&トピックス:テレビ会議 WEB会議システム│エイネット

2011年4月の記事一覧

  • 2011年04月19日 お知らせ
  • 【記事掲載】電波新聞社4月13日
  • news20110413.gif

     

    原文

    エイネット社 変わるビジュアルコミュニケーションの世界
    ~ビデオ/Web会議システム各社の取り組み: 電波新聞社

    エイネット(東京都千代田区、西畑博功社長)は、高画質、高音質でありながら、コンピューターが不得意な中高年層でも簡単に使えることをコンセプトにしたWeb会議システムを販売する。国立大学病院や官公庁などにも導入するなど、各方面から高い評価を得ている。毎年300システム以上の販売を続けており、Web会議システムの国内市場トップシェア(富士キメラ総研調べ)を誇る。

     主力のWeb会議システム「Fresh Voice(フレッシュ・ボイス)は、03年からパッケージ化して発売している。この製品は、音声の遅延や途切れをなくす「GIPSボイスエンジン」を搭載し、細かなチューニングも行った事で、一般的なWeb会議システムで頻繁に発生する音声の遅延や画像の乱れが抑えられ、通常の会議と同等のコミュニケーションができる特徴がある。

     これまで、ネットワークプロバイダとして事業展開してきたノウハウや、インターネット音声通話サービスを、00年に他社に先駆けて無償提供してきたノウハウを生かして製品化されているため、「専用端末を使うテレビ会議システムともそん色なく使える」(西畑社長)という。

     システムは、企業規模や利用者に関係なく、誰でも簡単に使えることを目指し、あらかじめサーバーにソフトをインストールして設定した専用品となっており、クライアント端末や周辺機器、保守サポートも含めてセットで販売する。利用する部屋に合わせたセッティングや機器の設置後のチューニングなども全て行うため、音声品質が悪いこともない。導入後の使い方のコンサルティングまで含めて行うため、「実際に導入したが使わない」(西畑社長)といったこともない。

     中高年層まで、誰でも使えるように設計した製品は、画面表示も漢字を使い、ボタンも大きい。Web会議としての機能も充実し、デスクトップ画面の共有やパワーポイントやワード、エクセルなどの資料共有もできる。専用端末型のテレビ会議システムとの接続もできるため、既にテレビ会議システムを設置している企業でも、資産を無駄にせずにシステム導入ができるようになっている。

     さらに、専用端末のテレビ会議システムがハイビジョン(HD)対応を進めている動きを受け、このほどフレッシュ・ボイスもHD対応とした。ビデオ会議システム専業の接続ベンダーVTVジャパンと協業して販売を進めていく計画だ。

     東日本大震災の影響もあり、企業のBCP(事業継続計画)に対する関心が高まっている背景から、同社製品への問い合わせも増えている。「既に数社が契約につながった」(西畑社長)というほどで、今後は在宅勤務やテレワークなどの需要に応えていく構え。

     同社製品は、企業だけでなく官公庁や国立大学付属病院長会議システムといった品質が求められる領域で採用されている。西畑社長は「中小企業をはじめ、幅広い企業へ提案していきたい」と話している。今後は、インターネット経由で利用できるクラウド対応も検討していく。

     

  • 2011年04月13日 お知らせ
  • WEB会議ASPサービスのカーボンオフセットメニュー登場
  • ニュースリリース


    エイネット株式会社(東京都千代田区、代表 西畑博功 )は、サーバ導入型サービスに特化してWEB会議システムを製造・販売していたが、約5年振りにASPサービスを並行して提供することを決めた。

    さらにはWEB会議システムの業界では世界初となる、カーボンオフセットの料金プランを導入し、システム導入によるコスト削減効果だけでなく、利用者一人一人が移動を控えることによるCO2削減の意識を広く持って頂くことを目的としてサービスを開始した。


    今なら無料で14日間のトライアル版を試すことができ、他社からの乗り換えプラン(1ヶ月無料キャンペーン)も行っている。


     

    WEB会議ASPサービスサイト

  • 2011年04月05日 お知らせ
  • エイネットWEB会議システム復興支援に個人利用を含め完全無料化
  • 被災地は、震災被害を大きく地震と津波による水害に二分できる。この2つには復興支援も大きく異なると考えられる。全ての被災者を救済できる様、エイネットは復興支援全体に協力する体制を構築した。

     

    ○個人向け
      Web会議システムFreshVoiceの利用を完全無料化(5月末迄期間限定)
     
    ○企業向け
      Web会議システムFreshVoiceの利用を完全無料化
      ロジクールカメラ+ヘッドセットの無償提供(申し込み制)

     

    ○官公庁・自治体・医療機関・支援ボランティア団体向け
      Web会議システムFreshVoiceの利用を完全無料化
      ロジクールカメラ+ヘッドセットの無償提供
      YAMAHA製マイクスピーカーの無償提供
      現地操作指導

     

    【本件に関するお申し込み・お問い合わせ先】
    エイネット株式会社
    TEL : 03-3862-5402
    E-mail : お問合せフォーム

     

     

    【利用用途】

     

    緊急時連絡手段
    余震、原発事故の不安も拭えぬ中、緊急連絡手段としてWEB会議は益々見直されている。特に災害対策本部などは現場の様子が分かることでより的確な判断が可能となる。

     

    安否確認
    テレビ電話として利用し動画、写真共有などでより安心する事が可能。特に個人利用が見込まれる。


    YAMAHA製PJP-20UR      Logicool製ウェブカメラ+ヘッドセット

     

     

    musyo.jpg

     

     

     

  • 2011年04月01日 News
  • 【地震】シード・プランニング、ビデオ会議/Web会議などのメーカーに緊急アンケート
  • シード・プランニングは1日、東北関東大震災後、ビデオ会議・Web会議・音声会議システムのメーカー・ベンダーへ緊急アンケートを行った結果を公表した。

     ビデオ会議・Web会議・テレビ会議・音声会議のメーカー及ぶベンダー75社に問い合わせ、うち26社から回答を得た(回答率33%)。 実施期間は3月23日~28日。それによると、震災後、テレビ会議・ビデオ会議・Web会議・音声会議・TV会議などのメーカー・ベンダーのうち50%が、問い合わせが増えたと回答した。一方、震災後約2週間以内に、ビデオ会議・Web会議・音声会議の機器・サービスの無料提供や割引サービスを行っているメーカー・ベンダーは39%。検討している企業を入れると73%となった。

     また今回の震災をうけて、ビデオ会議・Web会議・音声会議・テレビ会議の機器・サービス市場が今後(2~3年後)増加するとみている割合は100%。回答したすべてのメーカー・ベンダーが市場規模が増加すると予測した。さらに緊急時の危機管理やテレワークのツールとして注目されてくると考えるメーカー、ベンダーは、「すごく注目される」が77%、「少し注目される」が19%で、合計96%の企業が、緊急時の危機管理・テレワークにおいて、映像コミュニケーションが注目されるとみていることが明らかとなった。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル0120-275-319
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2012年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は8年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。

このページの先頭へ


Fresh Voiceコンセプト
製品紹介
導入事例
テレビ会議トピックス
WEB会議入門
  • WEB会議入門TOP
  • WEB会議とは
  • WEB会議システムの比較・違い
  • WEB会議システム選びのポイント
  • WEB会議システムの導入事例
  • お問い合わせ
    よくある質問
    言語
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • その他
    関連サイト
    anet
    〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F TEL. 03-3862-5402

    Copyright (C) Anet, Inc. All Rights Reserved.