テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムのエイネット テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムFRESH VOICE
無料トライアル 資料請求

最新ニュース&トピックス
記事一覧/ニュース&トピックス:テレビ会議 WEB会議システム│エイネット

2011年5月の記事一覧

  • 2011年05月31日 スタッフ日誌
  • 「在宅勤務」に不安を覚える日本の会社員
  •  ウイークデーの昼日中、30~40代くらいの男性が住宅街をウロウロしていれば不審者に間違えられかねない。知っている人にでも会えば、「あれ、リストラされたのか」などとあらぬ疑いをかけられることになる。
     つまり日本では、ウイークデーに働き盛りの男性が住宅街にいてはならぬのが「常識」なのだ。どこにいなければならぬのかと言えば、「会社」である。ウイークデーの昼日中には働き盛りの男性は、すべからく会社で仕事をしていなければならない、これが日本の常識なのだ。
    在宅勤務に消極的な日本企業
     この常識が邪魔してなかなか普及しないのが「在宅勤務」である。「周りの目が気になって、昼飯を買いにも出にくいんですよ」と、週に2日ほど在宅勤務をしている男性は苦笑まじりに言ったものだ。
     かつては、自宅で仕事をするとなると、資料を会社から持ち出したりしなければならないので面倒だった。セキュリティーの面からも問題が多かった。
     
     しかし最近は、製造現場以外なら、かなりの仕事がパソコンでやれてしまう。むしろ、パソコンを使わなければできない仕事の方が多かったりする。インターネットが普及している現在、ネット環境さえ整っていれば、どこでも仕事はできるわけだ。セキュリティー技術も向上していることから、それなりの対策を取れば、会社であろうが自宅であろうが問題はない。
     それでも、在宅勤務はさほど一般的な制度になっていない。
     在宅勤務がパソコンを最大限に利用する勤務形態であるところから「テレワーク」とも呼ばれており、これを普及させる目的で「日本テレワーク協会」なる団体まで設立されている。
     
     その日本テレワーク協会が発行している『テレワーク白書 2009』の調査結果によれば、テレワークを導入していない企業は68.3%に上っている。営業など外出先にパソコンを持ち歩いて業務処理をする「モバイル勤務」だけを実施している企業は18.6%、在宅勤務だけを実施している企業は4.8%、在宅勤務とモバイル勤務の両方を導入している企業は8.3%にすぎない。
     この調査は上場企業3960社、売り上げ規模の大きな非上場企業1040社、計5000社を対象に行われている。いわゆる「大手」が調査対象なのだ。
     テレワーク=在宅勤務にはセキュリティーを含め、それなりの環境整備が必要になるので、やはり大手の方が導入しやすい。にもかかわらず70%近くが導入していないのだ。
     さらに同調査で、導入していない企業の76.8%までが「導入の予定なし」と答えている。在宅勤務について日本の企業がかなり消極的であることは、この調査だけでも分かる。
     
     
     なぜ消極的なのか。

    会社より家の方が仕事のスペースは広いはずだが
     パナソニックは在宅勤務に積極的な企業の1つである。同社では在宅勤務を「e-Work」と呼び、2006年1月にe-Work推進室を置いて導入に努めている。
     しかし、思った以上に普及していない。同社のホワイトカラーは3万5000人いるが、すでに7000人以上が在宅勤務を経験している。7000人という数だけ見ると多そうだが、全体の2割でしかない。
     その2割も、推進室が音頭を取って「強制的」に経験させた結果だ。「今月はこの部署から何人」といった具合に指示し、それで実行させた結果である。それくらいやらないと、個人の意思で積極的にやってみようという従業員は少ない。それでも2割でしかない。
     在宅勤務にメリットがないから、やりたがらないわけではない。経験してみた従業員の8割までが「効率よく仕事ができた」と答えているのだ。にもかかわらず、それ以後、在宅勤務を続けているかと言えば、大半は「1度きりの経験」で終わってしまっている。
     7000人のうち大半が「1度きりの経験」でしかないのが実態なのだ。在宅勤務のメリットは感じながらも、それを引き続き利用しているのは少数派でしかない。
     在宅勤務をしない理由として、「住環境」を挙げる人が多いという。書斎はあこがれの空間だが、それだけのスペースを確保できる恵まれた住環境にある人は多くない。仕事するスペースがないから在宅勤務できない、というわけだ。
     しかし、パソコン1台が置けるスペースさえあれば仕事はできる。食事をするテーブルだって、仕事するには十分なのだ。役員クラスなら個室があるのだろうが、一般の従業員では社内の専用スペースといえば机1個分でしかないのだから、家の食卓の方が広いスペースを確保できるはずなのだ。

     在宅勤務ができない理由を住環境とするのは、「言い訳」に過ぎないことになる。現在ではインターネット環境にない家が珍しいくらいだから、インフラも在宅勤務をやらない理由にはならない。
     企業側も積極的に勧めるし、仕事の効率もいい、満員電車でもみくちゃにされることもない。考えれば「いいこと」だらけの在宅勤務なのに、なぜ多くの人が消極的なのか。
    「家族」はいつも姿を見せていなければならない
     パナソニックe-Work推進室の永木浩子室長に、在宅勤務の利用が進まないことについて聞いたことがある。それに彼女は「意識の問題です。『会社で遅くまでやっていれば頑張っていると評価される、上司にもかわいがってもらえる』という先入観が強すぎるからなんです」と答えた。
     日本の企業は「家族主義」と言われるほど「仲間意識」を大事にしてきた。「家族の一員である、仲間である」という意識が企業への帰属意識を高めて、従業員の能力を発揮させることができる、という考えが基本にあった。それが、ある時期に成功したことは事実だ。
     家族・仲間であるためには、「働いている姿を見せる」ことが要求された。家族であり仲間であることを示すには、とりあえず視認し合うことが大事だったのだ。
     そこに大きな意味があることを否定はしない。しかし、良い面ばかりではないのも事実だ。「会社に行くのが仕事」になりかねないことも、その1つである。
     会社に行きさえすれば、たとえボーッとしていても「仕事している」と「錯覚」してもらえる。管理職も、部下が何の仕事をしているのか正確に把握していなくても、目の前で何やらやっている姿を見ていれば、部下を管理するという自分の仕事を果たしていると「誤解」してしまうのだ。
     これでは効率が悪い。悪いが、足りない部分は誰かがカバーすることによって組織は動く。誰かがカバーすることを前提にしているのが日本的経営と言える。

     こういう仕事の仕方に慣れてきたのだから、出社しないことに不安を感じるのも無理はない。「家で仕事していると、サボっているのではと思われないかと不安になる」とパナソニックの在宅勤務経験者は語った。
     そんな不安を感じるくらいなら、満員電車くらいは我慢できるし、効率的でなくても狭っくるしいデスクの方がいい、となるのだ。「一緒にいること」に重きを置いてきた日本的経営が、在宅勤務普及の大きな障害になっているのだ。
    なんとなく分担されてきた一人ひとりの仕事
     さらに在宅勤務普及を阻んでいる大きな理由として、「評価制度」の整っていないことが挙げられる。
     前述したように家族主義的な日本的経営の特徴は、足りない部分を誰かがカバーする「助け合い」にある。その中では、誰が何をするか、それをどう評価するか、それが曖昧なままにされている。
     きっちり役割が決められ、それに対する評価の仕方も決まっていれば、責任が追及されることになる。助ける前に責任を追及するということになるのだ。それでは「和」が保たれず、家族主義的な結束力が生まれない。
     だから、あやふやな役割と評価が日本では定着してしまった。それでも、みんなが集まって、組織として仕事が前に進めばよし、とされてきたのだ。仕事をした気にもなれる。
     在宅勤務になると、これでは困る。やるべきことがはっきりしていないので、何をやっていいか分からない。会社にいれば感じなくても、家にいてボーッとしていれば仕事をしていないことを実感しないわけにはいかない。これでは在宅勤務する意味がない。
     何をやらせるかがはっきりしていないのだから、評価するにも困ってしまう。目の前にいないので、「あいつは本当に仕事しているのか?」という考えが先に立ってしまう。これでは、誰も在宅勤務をしたがらないし、やらせたくもなくなる。だから、日本では在宅勤務がなかなか広まっていかないのだ。

     やるべき仕事が明確になり、それに対する評価がはっきりしていれば、どこで仕事をしていても同じことだ。在宅勤務ももっと普及するはずである。それで、仕事の効率も上がる。ムダに群れる必要もなくなる。それには、家=会社に縛りたがり、縛られたがる意識そのものを変えていくしかない。


    筆者:前屋 毅(転記)
  • 2011年05月25日 スタッフ日誌
  • 在宅勤務=自宅の省エネ対策

  •  夏の電力不足に備えて、各団体、各社、いろいろと知恵をしぼっているいるようです。

    土日に稼動する工場や企業もありますね。

    エイネットでは、在宅勤務のための様々なソリューションを提案しています。

    テレビ会議によるミーティングの実施だけではなく、セキュアな環境でファイルサーバに

    アクセスできるようにするとか、電話の転送システムとかとか・・・。

    良くわからないが興味がある、必要に迫られてはいるがどこから手をつけていいのやら・・・

    という方は、ぜひエイネットまでお問合せください。

    セミナーも計画しておりますので、ご案内いたします!


    さて、ここで、もう1つのソリューションを紹介。

    自宅で仕事をするということは、自宅で電気を消費するということです。

    その消費電力をどうやって少なくするか!

    真夏にクーラーを全くつけないというのは、都会では無理かもしれません。

    でも、その設定温度をちょっとでも上げられるよう。

    あるいは、窓をあけて、クーラーの稼動時間を少しでも減らすためのソリューション。

    ジャーン♪ これです!(もうバレてたかな?^^;)
    goya01.jpg


    今はまだ、クレマチスが勢い良く伸びていますが、たぶんあっと今に手前のゴーヤ君たちが

    追い越して行くでしょう
    goya02.jpg






    東京なら、今からでもまだ間に合うそうですよ。

    盛りの頃には、ゴーヤは一週間で1メートルくらい伸びますから。

    1株 350円くらい。 収穫もできます。 一挙両得のソリューションです。


    テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「テレビ会議Fresh Voice」

  • 2011年05月19日 社長の日記
  • JCSATを使った衛星通信による、テレビ会議の試験を行いました。
  • o0480035911238553885.jpg 

    JCSATを使った衛星通信による、テレビ会議システムの試験を行いました。ご協力頂いたのは、スカパーJSAT株式会社様と、株式会社衛星ネットワーク様

    です。赤道上空36,000kmの静止軌道上に打ち上げられた衛星に向けて送信局か
    ら膨大な情報を送信(アップリンク)した後、地球にある受信局に向けて一斉配
    信(ダウンリンク)する通信システムです。この一部をIPネットワークに割り当
    てて通信を行う為、地上設備としてパラボラアンテナと送受信機(モデム)が
    必要になります。

    但し、固定のアンテナに限らず、可動式アンテナや、自動軌道追尾機能の付い
    た仮設アンテナもあるとのことですので、東日本大震災等の震災復興や、BCP
    対策としての通信手段として今後注目を集めることとなるでしょう。

    気になる実験結果ですが、回線としては品質が非常に良くパケットロスが殆ど
    無いため、快適なテレビ会議が開催可能でした。しかし、衛星回線ですので、
    遅延はあります。感覚的には、1.0ms程度に感じましたので、良くニュース等の
    中継でみる数秒のタイムラグという感じは全くありません。
    恐らくニュース中継等の場合、回線以外に送受信機でエンコード・デコードし
    ている時間が大きいのでしょう。そこは、FreshVoiceの方が優秀という事です
    ね。

    いずれにしましても、快適な往復7万2千kmの宇宙の旅を満喫しまして、今後の
    協業に期待をするところです。是非、ご検討の際はお声がけ下さい。

  • 2011年05月10日 スタッフ日誌
  • 見逃さないで! 在宅勤務ソリューション!
  • 5月11日(水)から東京ビッグサイトで開催される『オフィス総合展2011』に出展いたします!

    今回のキーワードは、ズバリ

      『夏の計画停電に備える”在宅勤務”』

    です!!


    在宅勤務に関する、ソリューションをご紹介します。
    例えば、

    ・ 社内へかかってきた電話を自宅PC上のソフトフォンへ転送した電話応対
    ・ Web会議を使った社内ミーティング
    ・ VPNの構築により社内ファイルサーバへのアクセスを可能に
    ・ カメラを通じた社員の勤務状況確認


    また、近日発売予定の新製品『FreshVoice HYBRID』もご覧いただけます!

    ビッグサイトでは、「オフィス防災EXPO」や「オフィスエコEXPO」も同時開催しています。
    この時期、見ておきたいソリューション満載の展示会だと思います。
    ぜひご来場ください! お待ちいたしております!!


    - 会場内案内図 -
    http://www.osec.jp/RXJP/RXJPOSEC/documents/2011/OSE11MAP_0425.pdf
    (小間番号:西17-53)


    【本件に関するお問い合わせ先】
    エイネット株式会社
    東京都千代田区神田佐久間町3-23スタウトビル3F
    担当:営業部 尾上
    TEL:03-3862-5402
    http://www.freshvoice.ne.jp/


  • 2011年05月09日 お知らせ
  • 第6回オフィスセキュリティEXPOに出展
  • エイネット株式会社( 会社:東京都千代田区、代表 西畑博功 )は、5月11日(水)から5月13日(金)まで東京ビッグサイトで執り行われる『第6回オフィスセキュリティEXPO』に出展する。
    例年であればテレビ会議のイメージを華やかに伝えるため、華美な装飾と広いスペースでお客様を迎えていたが、3月に発生した東日本大震災の影響を考慮し、華美な装飾を差し控え実機でのデモンストレーションとパネル展示のみでの出展となる。


    今回は夏の計画停電を想定し、『在宅勤務』というキーワードで訴求する。


    BCP(事業継続計画)対策に密接な関わりをもつこの在宅勤務とは、インフルエンザなどのパンデミックが発生した際やオフィスが計画停電エリアに指定された場合、さらには節電という意味でも大きな効果をもたらすことができる。
    単純に『自宅で出来る範囲の作業を行う』というだけでなく、
    ・ 社内へかかってきた電話を自宅PC上のソフトフォンへ転送した電話応対
    ・ Web会議を使った社内ミーティング 
    ・ VPNの構築により社内ファイルサーバへのアクセスが可能
    ・ カメラを通じた社員の勤務状況確認
    といった業務がオフィス内と変わりなく自宅でも行える。また、在宅勤務の稼動を上げることで、輸送エネルギーや集合ビルでの空調エネルギーを抑えるといった節電効果があるのも見逃せない。
    エイネット社はトータルでこの在宅勤務をバックアップするソリューションを展開する。


    また、近日発売予定の新製品『FreshVoice HYBRID』のリリースも行う。展示会場にて全容を公開予定。

     

    - 会場内案内図 -
    http://www.osec.jp/RXJP/RXJP_OSEC/documents/2011/OSE11_MAP_0425.pdf
    (小間番号:西17-53)

     

    【本件に関するお問い合わせ先】
    エイネット株式会社
    東京都千代田区神田佐久間町3-23スタウトビル3F
    担当:営業部 尾上
    TEL:03-3862-5402
    http://www.freshvoice.ne.jp/

  • 2011年05月06日 社長の日記
  • 最近、Facebookはざわめきを感じるツールと位置づけている
  •  最近、Facebookはざわめきを感じるツールと位置づけている。
    トマトや、オクラが夏野菜として出回る季節になると、カレーに入れた写真をアップしてくれる人が居たり、コメントする人が居たり。セミナーが開催されることを風の便りにしると言った具合に。

    世の中から遮絶される事は途方もなく悲しい。しかし、ダイレクトな売り込みもごめんだ。
    本来は、そういった季節感や、情報を音や映像で表現する事はできないものかと考えていた時期がある。例えばニュースなキーワードに近づくとざわざわする感じだ。コンテンツ量に比例して音量が増えれば問題ないのだから簡単な気がした。

    割とオフィスの中でもヘッドセットをかぶりながら仕事をする人たちが増えてきている(これは弊社だけかな)そんな中、五感を使って仕事をする、例えばネットをクロールする事が必要になるかも知れない。

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル0120-275-319
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2012年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は8年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。

このページの先頭へ


Web会議ホーム
製品一覧
メッセージ
サポート体制
導入実績
ニュース&トピックスTOP
Web会議お役立ち情報
  • WEB会議入門TOP|Web会議とは
  • Web会議とは?
  • WEB会議システムを徹底比較
  • WEB会議システムの選び方
  • 導入事例で学ぶWEB会議活用術
  • 用語集
  • お問い合わせ
    よくある質問
    言語
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • その他
    関連サイト
    anet
    〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F TEL. 03-3862-5402

    Copyright (C) Anet, Inc. All Rights Reserved.