テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムのエイネット テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムFRESH VOICE
資料請求・お問合せ

最新ニュース&トピックス
記事一覧/ニュース&トピックス:テレビ会議 WEB会議システム│エイネット

2014年5月の記事一覧

  • 2014年05月26日 スタッフ日誌
  • 私たちはヤマハのエコーキャンセラー付きマイクを推奨します
  • 私たちはFreshVoiceの標準マイクとして、ヤマハのエコーキャンセラー付きマイクを推奨しています。
    ヤマハ製のマイクがUSBポートに接続されていた場合、優先的に選択することで、よくあるカメラの内蔵マイクを選択してしまい、ハウリングが起こる、雑音を拾うといった初歩的なミスに見舞われることなく、会議に専念できます。 

    また、ほかにもヤマハ製のマイクには、下記のような優れた特長があります。

    ・快適な双方向会話

    会議システムでは、スピーカーから再生された音がマイクに廻りこんでしまうことにより、エコーが発生します。ヤマハのエコーキャンセラー付きマイクでは、再生された音を拾っても、エコーキャンセラーによりその音を除去。さらに再生音の廻り込みを極小化する構造設計と相まって、より聞きやすく話しやすい双方向会話を実現します。

    ・部屋を選ばない適応型エコーキャンセラー
     
    使用されている環境を学習して、エコーを処理するフィルター係数を自動的に調整。様々な環境下で簡単に利用できるため、空いている会議室やスペースで気軽に会議を始めることができます。

    ・外部のファンの音はノイズリダクションで除去

    ノイズリダクション機能の搭載により、プロジェクタやエアコンなどの常にノイズを発生している機材が室内にあっても、ノイズリダクションでノイズを除去。マイクで収音した周囲音声からノイズ成分を引くことによりノイズを消し去り、通話先には声だけがクリアに聞こえます。

    YAMAHA_PJP50USB.jpg

  • 2014年05月22日 お知らせ
  • 東南アジア諸国向けのBCPパッケージを開発
  • ― 災害対策向けに映像技術を活用 -

    周囲を海に囲まれたフィリピン、インドネシアでは、ともに近年ハリケーンや、それに伴う洪水などの自然災害が多発し、住民生活や企業活動に大きな影響を与えています。
    これらの国々は国土が多くの島嶼から構成されていることから、これまでも通信手段に寸断により、災害時に指揮命令系統が適切に機能せず、被害を拡大させるなどのケースが度々発生していました。そのため、災害時に、自治体や企業がいち早く被害状況を把握し、迅速な対策を講じることで被害を最小限にとどめるための対策が求められてきました。

    そのような中、東日本大震災を経験した日本の企業であるエイネット株式会社に対しても、テレビ会議システムを紹介した自治体や、銀行、企業等からエイネットの持つネットワーク構築のノウハウと映像技術を活用して危機管理システムを開発してほしいという要望が多く寄せられていました。
    テレビ会議システムは通信帯域に制限があっても安定した運用を行わなければならず、その技術は災害時などネットワーク障害が発生した場合の通信手段確保に生かすことができます。そのテレビ会議システムFreshVoice開発のノウハウを活用し、様々な情報伝達機能と映像コミュニケーションによって災害時の迅速な意思決定と対策の実施に役立つBCPパッケージを商品化しました。

    詳細はニュースリリースをご覧ください

    South_China_Sea.jpg

  • 2014年05月21日 スタッフ日誌
  • 私たちは、WEB会議を選択の際、インストールタイプを推奨します
  • アプリケーションさえ立ち上げておけば、電話と同じ感覚で、呼び出す、呼び出されるといった自然な会議開催か可能です。ブラウザを立ち上げ、特定のWebページを開く必要があるものと違い、テレビ会議専用機のPolycomや、無料ツールで有名なSkypeとも同じ思想だと考えています。 

    ハードウェアレベルの高度な作り込みが可能です。 
    H.264SVCのように高度な動画圧縮には、ハードウェアとの密接な関係が必要です。また、インターネット環境のような刻々と変化する帯域にクリアーな音質を実現するためには、ブラウザのプラグインに頼っていてはいけません。時には音源ボードに適応したエコーキャンセラーも必要になるでしょう。 

    リッチなUIを実現できます。 
    ブラウザ用言語であるJava script やFlashなどである程度の画面制御は可能ですが、限界があります。また、ブラウザの種類、バージョン、プラグインのバージョンによって動作が異なるのも事実です。代表的な例をあげれば、Internet Explore 8では、多くのブラウザ使いが泣かされたことは有名な話です。このような、ブラウザという一つの開発環境では、一度つくればマルチプラットッフォームでの展開が容易で、便利なようですが安定性に欠ける、環境を固定できないといった、恒久的な使い方をするには致命的な問題があると考えています。

    fv_mainui_s.jpg

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル0120-275-319
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2012年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は8年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。

このページの先頭へ


Fresh Voiceコンセプト
製品紹介
導入事例
テレビ会議トピックス
WEB会議入門
  • WEB会議入門TOP
  • WEB会議とは
  • WEB会議システムの比較・違い
  • WEB会議システム選びのポイント
  • WEB会議システムの導入事例
  • お問い合わせ
    よくある質問
    言語
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • その他
    関連サイト
    anet
    〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F TEL. 03-3862-5402

    Copyright (C) Anet, Inc. All Rights Reserved.