テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムのエイネット テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムFRESH VOICE
無料トライアル 資料請求

> > > ポリコム(Polycom)よりエイネットを選ぶべき4つの理由

挿したらオフィス
ニュース&トピックス|エイネット、ビデオ会議システムの巨人ポリコム(Polycom)に挑む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015年10月05日 スタッフ日誌
  • ポリコム(Polycom)よりエイネットを選ぶべき4つの理由
  • ポリコム(Polycom)といえばビデオ会議システムの最高峰です。
    改装した専用会議室に並ぶ何台ものディスプレイ。映し出される等身大の出席者たち。資料共有のためには専用コンテンツディスプレイ。カメラが発言者を自動的にクローズアップするイーグルアイディレクター......。「没入」を意味するイマーシブという言葉を冠したイマーシブテレプレゼンスソリューションには、文字通りディスプレイや遠隔会議システムの存在自体を忘れさせるほどの圧倒的な臨場感があります。同じ会議システムを販売する私たちですら、その品質の高さには目を見張らずにいられません。弊社ではいまだ実現不可能な技術を実装した製品の数々は、目指すべき目標であり、また超えることの難しい壁でもあります。しかし、こうやって敗北を認めるばかりではいられないのが同業他社というもの。本日は、これほどハイクオリティなパッケージを展開するポリコム(Polycom)よりも、エイネットのFreshVoiceを導入すべき理由をいくつかご紹介いたします。

    1.ポリコム(Polycom)の廉価版は機能制限つき
    ポリコム(Polycom)は専用機タイプの会議システムを主力としています。専用機タイプと言えば品質は高くとも高額なのがネックでした。そこに付け入る隙があったのですが、今ではポリコム(Polycom)もリーズナブルな専用機シリーズを販売しています。ですがそれは、多地点接続機能や入力機能を制限したあくまでもセカンドラインの品。ビデオ会議システムの最高峰ポリコム(Polycom)の製品をお求めの顧客には期待外れかも知れません。弊社のFreshVoiceはサーバー型、クラウド型両方の製品で専用機タイプ並みの品質を実現し、十分な価格競争力を有しています。

    2.FreshVoiceなら必要のないサーバー製品の数々
    ポリコム(Polycom)はMCUの販売で業界トップを走り続けています。MCUとは多地点接続装置のこと。ポリコム(Polycom)の会議システム本体に内蔵されたMCUでは最大8拠点までしか同時接続できないため、多数の拠点を同時接続しようとすると別途このMCUを購入する必要があります。そうすれば数百拠点の接続も可能に。しかし実はこのMCU、かなりの高額製品です。他にも管理サーバー、録画/ストリーミングサーバーなど複数のサーバー製品のラインナップがありますが、この調子では予算は増える一方です。弊社のFreshVoiceはソフトウェアMCUを活用し、50拠点までの同時接続が一台のサーバーで可能。それ以上の拠点増設、またはシステムの冗長化以外に複数のサーバーは必要ありません。

    3.画面分割には弱い?
    最大8拠点までの仕様であれば、一画面に表示されるのも当然8拠点まで。MCUには16分割までのレイアウト機能が備わっていますが、そこには多拠点接続と同じくコスト面の課題が残ります。FreshVoiceならば特別なオプションなしで16拠点の一画面表示が可能。画面を遷移させれば他拠点を映し出すこともできます。各拠点の画像をクリックすれば、拠点ごとの全画面表示にも切り替えられます。ドキュメントももちろん同一画面内での表示が可能。高いユーザビリティにより、スムーズな資料展開とプレゼンテーションを可能にしました。また豊富なアノテーション機能により、資料を展開しながら要点を強調することや意見を書き加えていくことも可能となっています。

    4.サポートは代理店任せ
    ポリコム(Polycom)本社からのサポートを受けるにはサポート契約が必要となります。契約外のサポートに関しては販売代理店に相談しなければいけません。弊社FreshVoiceの代理店でもあるVTVジャパンのように勉強熱心で高いレベルのサービスを提供する業者もありますが、そのサポートレベルは有償・無償の線引きまで代理店次第となっています。本社問い合わせの必要なサポート案件が発生した場合は回答待ちのタイムラグも発生します。またポリコム(Policom)のWebサイトをご覧になった方はお気づきかも知れませんが、サポート関連情報の一部には日本語ページが存在しません。その体制をユーザーフレンドリーと呼ぶのには無理があるようです。
    弊社でしたら特別な契約なしで直接のサポートが可能。同一社屋内に開発者もおりますので、技術的に高度な内容にもお待たせすることなく回答できます。しかもFreshVoiceは、問い合わせを必要としない高い操作性と安定稼動を誇っています。

    いかがでしょうか?ポリコム(Polycom)ではなくエイネットを選ぶべき4つの理由を挙げてみました。すでにポリコム(Polycom)製品を導入済みのお客様には申し訳ありませんが、エイネットはこうしたリーズナブルで高い品質を持つFreshVoiceという製品に誇りを持って事業を展開しています。コストパフォーマンスでは決して負けません。
    会議システムの導入またはリプレースをお考えでしたら、まずは私どもにご相談ください。ご興味がおありの方は、右側の資料請求のボタンからどうぞ。

    会議.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル0120-275-319

WEBからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、9年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2013年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は9年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。

このページの先頭へ


Web会議ホーム
製品一覧
メッセージ
サポート体制
導入実績
ニュース&トピックスTOP
Web会議お役立ち情報
  • WEB会議入門TOP|Web会議とは
  • Web会議とは?
  • WEB会議システムを徹底比較
  • WEB会議システムの選び方
  • 導入事例で学ぶWEB会議活用術
  • 用語集
  • お問い合わせ
    よくある質問
    言語
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • その他
    関連サイト
    anet
    〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F TEL. 03-3862-5402

    Copyright (C) Anet, Inc. All Rights Reserved.