テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムのエイネット テレビ(TV)会議・WEB(ウェブ)会議・ビデオ会議システムFRESH VOICE
無料トライアル 資料請求

最新ニュース&トピックス
記事一覧/ニュース&トピックス:テレビ会議 WEB会議システム│エイネット

2016年3月の記事一覧

  • 2016年03月29日 スタッフ日誌
  • 法人企業がskypeを禁止する理由
  • worry.jpg

    法人企業が無料Web会議やSkypeの利用禁止とする理由

    個人間の利用であればSkype(スカイプ)は非常に便利なツールです。

    無料でビデオ会議ができますし、スマホにインストールをすれば電話代わりにもなります。

    数年前とは異なり音声・映像のの品質も驚くほど向上しました。

    しかし、法人の企業がスカイプを導入するとなると話は違ってくると思います。

    スカイプの認知度は高く、無料とは思えないクオリティの高さです。

    企業がテレビ会議システムを検討するときには、必ずといっていいほど「Skypeは使えるか?」という議論がなされます。

    そして、多くの企業がSkypeの導入を見送り、有料のWeb会議システムを選択されます。

    その理由は何故でしょうか?


    チェックボックスのフリーアイコン.png企業がスカイプ導入を見送る理由

    • ・セキュリティの問題
    • ・障害やトラブル発生時の対応
    • ・複数ユーザーの同時接続時に起こるトラブル
    • ・個人アカウントで利用するユーザーが増える

    企業が導入を見送る主な理由が上記の4点です。

    セキュリティの問題

    企業での利用を禁止したり、見送る最大の原因がこのセキュリティ問題全般でしょうか。

    暗号化されているとはいえ、スカイプはP2Pという通信方式です。

    ファイル交換ソフト「Winny」に使われた通信方式であり、P2P=危険という認識を持つ人も少なくありません。

    また、スカイプの技術情報は公開されていません。

    いくら安全と言われても内容が分からないため導入に踏み切れない情報システム部門は多いと思います。

    厳密に、通話先相手以外のPC上をデータが流れていない、とも言い切れない部分がありますし、一時ファイルなどがどこかに保存されているのも、確認する問い合わせ先がありません。

    無断とも言える仕様変更に対し、詳細の開示がある訳でもないので、メーカの意識、無意識に関わらず、セキュリティの危機にさらされる可能性があります。

    また、圧倒的な個人利用が多いため、ハッカーからの標的となるリスクも非常に高い、と言えます。

    更に、スパム攻撃も見逃せません。

    チャットスパムや音声スパムなどスカイプにはメールと同じようにスパムがあります。見知らぬ外国の方から突然話しかけられたりされた事はないでしょうか? Skypeは、世界中の無料ユーザから利用者の検索ができますので、気軽に電話をかけてこられたりします。今のところ事件にはなってないですが、無料電話で一斉に電話をかける、なんて乗っ取り方法があったら、非常に恐ろしいスパムになりそうですね。


    こういったリスクを考えると、セキュリティ意識の弱い社員が、スカイプ上から送られてくるスパムに騙されるという危険も常に潜んでいるのです。

    広告や勧誘なら個人の責任として片付けることもできます。しかし、そこからスパイウェア等に感染し、情報漏えいが起きたら企業の責任になります。

    「導入を主導した担当者にも責任がある」と言われても反論はできません。


    障害やトラブル発生が起こる

    スカイプは、意図していない障害が発生することがあります。世界の大本にあるルートサーバというスーパーノードが障害を起こしたことがあります。


    例えば、2015年9月21日には2日間にわたってログインできない大規模な障害が発生しました。

    これは日本だけでなくアメリカやヨーロッパでも発生した大規模障害です。

    専用機やサーバー型であれば最低でも障害の原因は分かります。原因が分かれば復旧までの目処もたちますので、社内への説明もできるはずです。

    しかし、スカイプで障害が発生すると情報システム部門としては「無料ですので原因不明です」としか答えられなくなります。

    そう言った時に、「なぜ、無料の安定しないものを利用しているんだ!」と叱責を受けます。それまで、無料サービスの利益を享受していたのは、怒っている人や、企業側の責任者の問題を、その時ばかりは "棚上げ" にして。


    複数ユーザーの同時接続時に起こるトラブル

    スカイプは1対1であれば音声・映像の品質も高いです。

    しかし、多人数のユーザーが同時接続をしたときに音声や映像の品質が低下することがあります。これは、原因は定かではないですが考えられることとしては、PtoP特有の理由に起因するところが多いと考えられます。

    無料サービスであるがゆえに、サーバリソースを無闇に供給できないため、PtoPと言われる技法を駆使して無料サービスを提供されています。

    それがゆえに、複数拠点を同時に接続する場合は、そのグループの中の誰かを親にして接続を行います。誰かとは、そのグループの中のPCスペックが高い方、とされてますが仮にそのPCが不安定になった場合、全ての通信に影響が出ます。

    それと、何よりもスカイプの同時接続数が影響し、社内全体のネットワークに影響を与えることもあります。


    個人アカウントで利用するユーザーが増える

    社員のセキュリティレベルによっては個人アカウントを利用する可能性もあります。しかし、個人アカウントには仕事とは関係のない友人・知人が連絡先にあります。


    勤務中に仕事とは関係のない相手とメッセージのやりとりをする可能性は十分にあるのです。

    意図しないまでも、ビジネスタイムに家族や友人からのメッセージがきて、完全に放ったらかしに出来ない、というのも心情としては理解できます。

    根本は、無料ツールを使っているが故、ということに今一度着眼点を戻し、公私混同の根元から絶たねば、「仕事時間中にメールするな」と単純に言えないことにもなりかねません。


    ※記事中のスカイプに関する記述は、無料サービスに関するものです。



    banner728×200
  • 2016年03月16日 お知らせ
  • タブレットでWEB会議 FreshVoiceタブレット期間限定発売
  • 4月30日まで

    期間限定販売の「FreshVoice タブレット」は、WEB会議システム「FreshVoice ASP」にクライアントソフトがあらかじめインストールされた最新のWindows10タブレットが付属し、導入後すぐにタブレットを使ったWEB会議が行える製品です。

    付属しているタブレットは、OSがPCと同じWindows10であることに加え、最新のモバイル向け高性能CPU「Atom x5-Z8500」を搭載しています。OSやハードウェアによる制約がないため、FreshVoiceの最大の利点である画質や音質といった性能面も、デスクトップ共有などの機能面もPCを利用する場合とまったく同等であり、快適に会議に参加することが可能です。

    また、「FreshVoice タブレット」は初期導入費用が必要なく、月々の利用料だけで利用できる完全定額制です。導入の際の大きな費用負担を考えることなく、最新のタブレットWEB会議をはじめることができるお得なパッケージです。



    fv-tablet.jpg
  • 2016年03月15日 スタッフ日誌
  • テレビ会議システム導入担当者必見!導入後のことを考えていますか?
  • 企業がテレビ会議を導入する時に担当者が忘れがちなポイントを紹介したいと思います。

    テレビ会議を導入する際には、
    ・価格
    ・画質や音質
    ・セキュリティ
    ・汎用性
    などを考慮されるかと思います。

    こういった価格や機能面の他に導入後の運用も考慮する必要があります。
    なぜなら運用面の問題でせっかく導入をしても使われなくなる事もあるからです。
    運用面で注意したいのが導入後に増えるであろう新たな業務です。

    ●テレビ会議の導入後に発生する仕事
    ・予約管理(専用機の利用)
    ・故障時の対応
    ・社員から「接続できない」の問い合わせ

    テレビ会議システムのタイプによっては上記のことが発生する可能性があります。
    ひとつひとつを詳しくみていきましょう。

    ▼予約管理
    専用機(ハードウェア)のテレビ会議を導入すると予約管理をしなければなりません。
    また、専用機1台は数万~数十万円もするため何台も導入できないというデメリットもあります。

    一方でサーバー型やクラウド型であれば、各自のパソコンから接続できるので予約を管理する必要がなくなります。
    また、ハードウェアを必要としないためコスト面も優れています。

    ▼故障時の対応
    専用機の場合はハードウェアが故障をすると部品交換や状況によってはまるっと交換ということもあります。
    保証期間外の場合には別費用となるため保証やサポート内容の確認が必須です。

    ここで一番の問題は数日間はテレビ会議が使えなくなることです。
    仮にオンサイトサポートであっても、復旧までには時間がかかります。

    一方でサーバー型やクラウド型にはハードウェアが故障をする心配がありません。
    部品交換ももちろん必要ありませんから、想定外の費用というのが発生しません。

    ▼社員からの問い合わせ
    最も懸念すべきは「使い方が分からない」という社員からの問い合わせです。
    ・音が聞こえない
    ・画像が止まる
    ・他拠点に接続できない
    ・接続方法が分からない

    複雑なテレビ会議システムを導入すると問い合わせ対応に追われることもあります。
    導入者が一生懸命にマニュアルを作っても機械に弱い人は理解しようとしません。

    専用機にしろサーバー型にしろ視覚的で分かりやすいというのは企業がテレビ会議を導入するポイントになります。

    ●社員から使われるテレビ会議であることが重要
    テレビ会議は使われなければ意味がありません。

    そのための価格や機能面以外のポイントを挙げると、
    ・視覚的で操作が誰でも分かる
    ・いつでも誰でも簡単にできる(予約をする必要がない)
    ・故障しないテレビ会議を選ぶ
    という3点になります。

    bussinessman.jpg
  • 2016年03月11日 開発者日記
  • WEB会議・音が途切れる、音声が聞き取りづらい原因
  • pixta_12754064_S.jpg

    WEB会議の最中に音が途切れる 聞こえるが聞き取りづらいなどの原因不明なトラブルに不幸にも見舞われた事がある場合、以下のポイントを改善すると良くなることがある。慣れてくると実際の音を聞けばどこが起因しているトラブルなのか、実は音に情報は隠されているのでまずはよく音を聞くことをオススメする。

    「音を聞き耳立てて聴け」

    大きく分けて2つ原因があります。

    1.ネットワーク起因

    ネットワークの伝送速度が遅い場合、到達までの時間軸に対して音が間に合わないと、あるバッファーサイズを待った後に、音を受信側で飛ばす場合がある。音飛び、音抜けの現象だが、「あいうえお」の例えで言えば、

    「あいうえお」全てが飛んでしまう、といった現象

    稀に「あ  うえお」と、一字抜け程度の場合でネットワーク上の考えられる混雑度は少し違うが、何れにしてもネットワークの伝送に起因するものだ。

    2.PC側リソース不足

    それ以外に、周辺機器との接続で起こる場合がある。

    主にCPU等、リソース不足による音の揺らぎと途切れが発生する。

    「CPUの利用率を確認してみよう」

    リソース不足が確認できた場合は、ハードの買い替えを考えるのが早いが、経済的に許されない場合でも諦めるのはまだ早い。

    OSによってだが高速化を調べてみるのが良い。大概、パソコンを買ったまま使っているとメーカーが良かれとインストールしてくれたプログラムが常駐してリソースを圧迫している可能性がある。これらで必要ないプログラムやサービスを切るだけで、古いパソコンが見違える様に高速で動く場合もあるからだ。

    あと、決まった時間になると調子が悪いと言った場合、ウィルススキャンのスケジュールが動いていたり、大きな企業であれば暗号化ソフトやソフトウェア配信ソフトウェアが動いている場合もある。

    何れにしても「パソコンの声を聞け」である。

    3.マイク・スピーカー周辺機器の問題

    上記の2つに比べれば、比較的稀ではあるが、周辺機器の機種選択ミス、不良、不安定、設定でお途切れが発生する可能性もある。

    まずは、機種選択ミスであるが、これはどうしようもないのだが、

    「安物買いの銭失い」

    に尽きる。ヘッドセットの場合は、ほぼどれを買って頂いても問題ない。極端に言えば1000円くらいで全く問題ないのだ。

    問題は、スピーカーマイクの話し。

    まず、エコーキャンセラーを説明せねばならないが、それよりも先に1万円くらいのマイクスピーカーを利用されてる方は、注意して欲しい。

    「エコーキャンセラーがサプレッサー方式なので相手が喋っている時は、自分の声が遮られている」

    と、思って頂いて良い。

    もう一度言うと、

    「1万円のマイクスピーカーは、早く捨ててオススメするマイクスピーカーを使って下さい。」本当良くなりますから。

    WEB会議・音が遅れる(遅延する)

    余談その他番外編

    音が良く聞こえない原因として、実は元も子もない話がある。折角、色々整備しても人にはそれぞれ生まれつき聞き取りやすい声と、聞き取り難い声がある。

    音と言うのは、肺から出る空気て、声帯を揺らして発っせられるモノであるからして、肺活量が違い、声帯も人それぞれである。しかれば当然マイクに届く空気の圧も変われば声紋と呼ばれる様に特性も異なる訳である。

    最後にきて回りくどく言ってはみたが、

    早い話が、

    「マイクを意識して話せば良い」

    人を動かす為に先ず大事なことは、大きな声で話すことに尽きないのだ。

  • 2016年03月09日 スタッフ日誌
  • テレビ会議システム導入で拠点社員の不満を解消した事例
  • テレビ会議システムは会議だけの利用に留めることは非常にもったいないです。

    今回は会議以外の活用シーンをご紹介します。
    社員数500名のエレクトロニクス製品を扱っている商社様で実際にあった事例になります。

    ●テレビ会議システムの導入で拠点社員の不満が解消
    この会社様は拠点数が国内に8ヶ所、海外に3ヶ所あります。
    社員数は約500名、その内8割が東京の本社勤務でした。

    社内の研修が充実しており「英会話教室」や「中国語教室」の他に「ITスキル」などの希望者参加型の無料研修を実施していました。
    しかし、ここで問題がありました。

    予算・人数・場所の関係上、各拠点での実施ができなかったそうです。
    そのため拠点の社員は本社と比較して「自分たちには何もない」と思っていたそうです。

    また本社の社員は残業が60時間を超えると産業医の面談が実施されます。
    ここでも拠点の社員には一切のサポートができず不満が募っていたそうです。

    ▼内部調査で分かった拠点社員の不満
    年に1回実施される社内アンケートで拠点社員の不満は爆発。

    各拠点からは、
    「本社だけ優遇されている。」
    「拠点の社員は不要ということか?」
    という声が上がったそうです。

    人事部では早急に対策を検討。
    そこでアイデアとしてあがったのが「テレビ会議システム」の活用でした。

    ▼専用機からサーバー型への変更
    テレビ会議システムを利用すれば、どの拠点からでも研修に参加ができます。
    しかし、この会社様の会議システムはポリコムでした。

    ポリコムを各拠点にいれようと思ったら初期費用で最低でも500万円以上。
    それに加えて情報システム部門の社員が各拠点へ導入する出張費や時間も必要とします。
    また、導入後のトラブル発生も懸念事項でした。

    そこでサーバー型の会議システムに変更を検討。
    サーバーで一括管理することでハードウェアの故障などのトラブルを心配する必要がありません。
    またセキュリティ面や回線の問題も社内ネットワークなら解決できます。

    ▼テレビ会議で参加できた研修
    サーバー型の場合、導入までの期間も短期間ですみます。
    専用機を必要とする場合、各拠点間でネットワーク設定から始まるため時間がかかるのです。
    その点でサーバー型は本社のサーバーさえ設定すれば、あとはクライアントソフトをインストールすればいいだけ。

    短期間で導入を実施。
    映像や音声に問題が発生することなく拠点社員からは大変好評だったようです。

    いかがでしたか?

    この会社様は研修での活用を皮切りに社員面談や産業医とのカウンセリング、ランチミーティングにも利用しているそうです。

    会議だけでなく様々な面で活用できるのがテレビ会議システム導入のメリットになります。

    meishi.jpg

電話またはフォームよりお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル0120-275-319
WEBからのお問い合わせ
お問い合わせ・資料請求はこちらから

お客様のニーズ、会議状況を把握したうえで、最適なカメラ、マイク、周辺機器をご提案。「FreshVoice」の音声・映像品質を最大限に引き出し、ストレスのないテレビ会議運用環境を構築いたします。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議のエイネット「FreshVoice(フレッシュボイス)」はその優れた品質で、5年連続市場シェアNO.1。
その製品情報を詳しくご案内いたします。コスト削減・業務の効率化からBCP対策までを実現。

テレビ会議(TV会議)・WEB会議・ビデオ会議システムのエイネット「Fresh Voice(フレッシュボイス)」。
2005年~2012年にて、テレビ会議「Fresh Voice」は8年連続市場シェアNO.1。
官公庁・国立大学など導入実績は安心の4000社以上。
コスト削減・業務の効率化からBCP対策まで。さらには、CO2削減で環境にもやさしいテレビ会議。
無料お見積り・訪問デモを承りますので、お気軽にお問合せください。

このページの先頭へ


Web会議ホーム
製品一覧
メッセージ
サポート体制
導入実績
ニュース&トピックスTOP
Web会議お役立ち情報
  • WEB会議入門TOP|Web会議とは
  • Web会議とは?
  • WEB会議システムを徹底比較
  • WEB会議システムの選び方
  • 導入事例で学ぶWEB会議活用術
  • 用語集
  • お問い合わせ
    よくある質問
    言語
  • English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • その他
    関連サイト
    anet
    〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F TEL. 03-3862-5402

    Copyright (C) Anet, Inc. All Rights Reserved.